HOME>アーカイブ>幹細胞培養液を使った施術について知りましょう

幹細胞培養液が注射に使用されている理由

注射であれば幹細胞培養の施術にかける時間が短く体への負担が少ない、細い針を使うため針跡が目立たないなどのメリットがあるから。

幹細胞培養上清液の副作用について

  • 注射時に痛み、麻酔クリーム等と併用する場合も。
  • 投与後に患部の腫れ、痛みなどが出る場合がある。
  • 点滴部に内出血を伴うことがあり得ます。
  • 患部に熱感を伴うケースがあります。
  • 第三者の幹細胞の使用に不安を持ってしまうケースも。
  • アレルギーや感染症がある場合に悪化のリスク。
  • 豊胸時に期待した結果にならない、しこりの例も。
  • アナフィラキシー症状を引き起こす可能性も否定できない。
  • 妊娠中・授乳中の方へ副作用の懸念がある。
  • 治療中の疾患がある方への副作用の心配など。

培養に適した培地を使う

男性

幹細胞培養をする時には、培養を担当する人が気をつけなければいけないこともあります。細胞を維持して増殖させる段階で気をつけなければいけないのは、培養する細胞にとって最適な培地を使用することです。培地によって培養する細胞との相性にも違いがあるので、培養する細胞の特徴などを考慮しながら最適な培地を選ぶ必要があります。細胞を増やすための培地を選ぶ際には、細胞を利用する目的や使用方法なども考慮して選ぶことも重要です。幹細胞培養をする時には培養に関する各種のデータをしっかりと収集しておく必要もあります。得られたデータを詳細に分析することにより、幹細胞培養が培地の中で順調におこなわれているかどうかを確認できます。

増えた細胞数を調べる

細胞

幹細胞培養をする時に特に気をつけなければいけないのは、細胞が増殖した数です。増殖が安定した状態でおこなわれていることも細胞数が増えるためには重要ですが、それ以外の要素によっても細胞数が増えることがあります。

広告募集中