HOME>記事一覧>再生医療にも広く利用されている最新の技術

再生医療の分野で活用されている技術

顕微鏡

幹細胞培養の活用方法の中でも最も一般的なのが、医療行為のために使用する方法です。その中でも幹細胞培養によって作られた細胞が作られることが多いのが、再生医療の分野です。再生医療とは、病気や怪我などで損なわれた体の機能や形を、細胞を使用することで復元する医療行為のことです。そのために使用されているのが幹細胞で、移植する場所によってさまざまな組織を作ることができます。損傷した皮膚の治療などにも活用されています。

多くの病院で活用されている組織幹細胞

細胞

幹細胞培養の活用事例の一つとして紹介できるのが組織幹細胞です。このタイプの幹細胞は再生医療の治療をおこなっている病院で、特に多く利用されているものです。外部で培養したものを患者の体内に注入します。

さまざまな目的で活用できるiPS細胞

幹細胞培養の最新の活用事例として紹介できるのが人工多能性幹細胞です。一般的にはiPS細胞と呼ばれています。この方法の画期的なところは、生きている人間から取り出した細胞を使用して幹細胞を増やせるところです。自分の細胞から作り出されたものなので、免疫の問題が発生しないことも多くの治療に活用されている理由です。iPS細胞を活用することにより、心筋細胞や神経細胞なども作れるようになり、応用できる範囲が広がっています。

広告募集中