こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

たびブログ

自転車楽旅システムの提案

bookmark

  • 淡路島 国営明石海峡公園
    淡路島 国営明石海峡公園

1/

旅行の詳細

旅行時期 2018年0月
旅の目的
  • 観光
  • グルメ
  • 周遊
  • 温泉
立ち寄った都市 三重県
ハッシュタグ
でか さん

でか さん

たびのテーマ:自転車旅

自転車で出かけてみたいけど、

   しんどそう、帰ってこれるかな?

という不安が付きまといます。

スマホが有るので、迷子という不安はかなり払拭されたとおもいますが、

「疲れ」というのは経験しないとわらないところもあるので、

簡単には、もあもあとまとわりつく不安な気持ちをぬぐいきれません。

名張市のように、周りを山に囲まれていると、この不安はなおさらです。

最近は、スポーツタイプの電動アシストバイクもあるので、それを利用すれば疲れはかなり低減できそうですが、

あのTYPE、バッテリーがなくなると凄く重い。

重いだけのダメダメバイクになってしまうんですよね。(昔はそうでした。今もですよね?)

そこで、あのバッテリ-を自転車メーカーとコンビニで提携して、

会員登録すれば、全国のコンビニで充電済みのバッテリーとの交換ができるという

サービス提供を受けられるようにならないかな?

空になりそうなバッテリーと交換する形にすることで、ロスも少ないとおもいますし、

台数に制限が出るのであれば、スマホで交換可能な店舗の検索ができたり、

バッテリーの予約ができたりできれば、ほんとうに便利と思うんですがよね。

この制度を利用して旅をつなげていけたら、結構遠くまでプランを組めるんじゃないかなと思いますし、

私みたいな中年おじさんも1歩を漕ぎ出しやすいと。。。

あと、田舎限定でいいので空いているときは、自転車をバスに持ち込めるとありがたい。

山間部を走るバスって、あまり混んでいるイメージないし、

バス会社は、乗客増、さらにバイクの料金も取れる。

ツーリストは、バスに乗り込むことで坂道をパス出来たり、

距離を稼げたりとWIN-WINと違うかなと思ったりします。

ちなみに、伊賀を走る伊賀鉄道は混雑していなければ、

平日9:00-16:00、休日は終日で自転車の乗り入れができます。

レンタル自転車の観光客や中学生が結構利用しているんですよ。

今、年配の自転車愛好家が多いので、この案は結構いけるんじゃないかと思うんですけどね。

 

以上、自転車旅に踏み出せないおじさんの願望でした。

 

 

 

 

※投稿内容は、投稿者の主観・評価であり、事実と異なる場合があります。

pagetop