こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

ログインしてください

たびブログ

日本三大厄神のひとつ門戸厄神

bookmark

1/

旅行の詳細

旅の目的
  • 神社仏閣
  • 体験
立ち寄った都市 大阪府
ハッシュタグ
こてち さん

こてち さん

たびのテーマ:神社,お参り,体験

近畿圏に住んでいたら、なんとなく「厄払い」をするのはここ、門戸厄神というイメージが強いです。

なぜなのかまで調べようと思うことすらないくらい当たり前のことだったのですが、私も今年本厄で改めて調べてみたら、凄い!

 

門戸厄神東光寺(もんどやくじんとうこうじ)は、兵庫県西宮市門戸西町にある寺。高野山真言宗別格本山。正式名は松泰山東光寺。「西国薬師霊場第20番」「西国愛染17霊場第2番」「摂津国八十八箇所第76番」。日本三大厄神のうちの一つ。

あらゆる災厄を打ち払うという厄神明王(門戸厄神)が有名で、厄年にあたる年齢の人が厄払いをするほか、十三詣(じゅうさんまいり)といい、数えで13歳の子どもが厄除けと学業成就を願って虚空蔵菩薩に詣でる。初宮参り、交通安全祈願、護摩祈祷、人形供養も受け付ける。

毎年1月1819日に厄除大祭が、2月3日に星祭が行なわれる。特に厄除大祭では数多くの屋台が出店され、何万人もの参拝者で賑わいを見せる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

なんだかとっても凄い。

つまりどんなジャンルの災厄をめったうちにしてくれる神様が祀られているんですよね。

こころ強いというか、気の持ちようですが良い1年を過ごさせていただけそうな気がしてきます。

 

厄払いはいつまでにいけばいいのか?

一般的には年始〜節分の間にいくのが良いらしいです。

ただ、一般的な話しなので、1年の間に行きたいときに行っても大丈夫なようなので、年始から気持ちよく1年をすごしたい!という方は早めにあやかりに行き、私は節分辺りに行ったのですが、それでも人がとても多かったです。

 

ちなみに厄神明王像は空海が嵯峨天皇に命じられ三体作りますが、現存するのは門戸厄神のみなのだそう。

そのため空海のパワーがみなぎっている場所とされ、パワースポットにもなっています。

 

無料駐車場もありますが、停めれなかった時のことも考えて電車をおすすめします。

※お正月は厄除け大祭期間があるので、特にその期間は注意です。

 

ただ行くだけで心が洗われるので、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

※投稿内容は、投稿者の主観・評価であり、事実と異なる場合があります。

旅行の詳細

旅行時期 不明
旅の目的
  • 神社仏閣
  • 体験
立ち寄った
都市
大阪府
ハッシュタグ
pagetop