こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

たびブログ

建物そのものも鑑賞のひとつ「芸術の館」

bookmark

1/

旅行の詳細

旅の目的
  • 美術館・博物館
立ち寄った都市 兵庫県
ハッシュタグ
みやち さん

みやち さん

兵庫の美術館と言えばこの「 #兵庫県立美術館 」。
建築家の安藤忠雄氏による設計で誕生したのですが、建物そのものがもはや芸術作品なんです。
なんでも手前にある海に接するなぎさ公園と一体化するように設計されているのだとか。
 

取り扱う展覧会のテーマや作品もファンの心を掴むような面白いものばかり。
私が行った時はプラド美術を展示した展覧会でした。
かなりの混み具合で、チケット購入するにも一苦労。
更に中に入るまでも長蛇の列で、人数制限が設けられていました。
でも人数制限をしてもらうと、自分が観る時もぎゅうぎゅうの中で観ることはなくなるので、ありがたかったです。

館内はいたるところに休憩スペースが設けられているので、途中で疲れても自分のペースで観ることが可能です。
椅子にはその時の展覧会の図録が置かれているので、さっき観た作品の詳細や説明もじっくり確認することができます。
※多分これはどの展覧会でも設けていくれていると思います。

電車で行く場合は、JRだと結構歩きます。
一番近いのは阪神電車です。
大阪(梅田)で阪神電車に乗り換えて、美術館に行くことをおすすめします。

兵庫県立美術館の空間や展示品に包まれて、少し非日常的な感覚を味わってみるのも楽しいですよ。

※投稿内容は、投稿者の主観・評価であり、事実と異なる場合があります。

旅行の詳細

旅行時期 不明
旅の目的
  • 美術館・博物館
立ち寄った
都市
兵庫県
ハッシュタグ
pagetop