こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

沖縄マニアおすすめ!外れなしの沖縄本島グルメ

沖縄
【沖縄県 沖縄本島グルメ】

人気のリゾート沖縄。美しい海、あたたかい気候、沖縄の方のあたたかさ、のんびりした島時間、そして沖縄ならではの美味しいグルメがたくさん!沖縄料理を堪能できるごはん屋や、絶品沖縄そばのお店、おしゃれなカフェ、海がみえるお店など・・・沖縄グルメが堪能できるお店が充実。ここでは、沖縄に年に二回以上訪れている沖縄マニアである私が個人的におすすめする沖縄本島の「外れなしのお店」を、「ごはん屋・カフェ・沖縄そば」の三種類に分けてご紹介していきます。

1.これぞ沖縄!ごはん屋さん

まずは「これぞ沖縄!」と感じるごはん屋さんをご紹介していきます!

1-1.百年古家 大家(ひゃくねんこか うふやー)

築100年以上の古民家を復元したお店、「百年古家 大家(ひゃくねんこか うふやー)」。琉球古民家で食べるお食事は、沖縄に来たことを実感させてくれ、ゆったりとした時間が流れています。
お庭を眺められるお座敷席や、滝の音が聴こえ、沖縄の風が吹くテラス席、琉球らしい造りの個室など、様々なお席があります。夜はライトアップされるので、また違った雰囲気が楽しめますよ。
お食事は、幻の琉球在来豚アグー「やんばる島豚」を贅沢に使った沖縄そば「アグーの肉そばセット」や、「アグーのしょうが焼き丼」が絶品。女性には、美容にも良いゆし豆腐を中心にメニューが作られた「ちゅら御前」がおすすめです!

1-2.あしびうなぁ

「あしびうなぁ」は、琉球王朝時代の高級役人が住んでいた屋敷「美里御殿」の跡地に建てられた、築60年以上の赤瓦屋根の古民家を利用したお店。歴史的にも貴重な建物で沖縄料理が堪能できます。縁側には、庭園を囲むように席が設けられ、趣たっぷり。夜には三線ライブもあるので、沖縄民謡にゆったりと癒されながら食事を楽しむことができますよ。
沖縄料理が一通りそろっているので、沖縄旅行の夜にはぴったり。

2.カフェでまったり島時間

2-1.JoieJoie326(ジョワジョワ326)
JoieJoie326

「JoieJoie326(ジョワジョワ326)」は、おしゃれでかわいい、小さなケーキ屋さん。そのケーキ屋さんにイートインスペースがあるんです。写真は紅芋モンブランタルト。イートインの際は、かわいらしい沖縄の食器「やちむん」に飾られて、なんとおまけスイーツ(右のパウンドケーキ)まで付けてくれました。味・見た目はもちろん最高!
また、材料にとてもこだわりをもっているのがこのお店の魅力。卵は、読谷村で育てられている卵や、お野菜・フルーツは、北中城村で完全無農薬・化学肥料不使用で大切に育てられたフレッシュなものが使われているんです。甘さは沖縄のサトウキビを使用する徹底っぷりに驚かされます。沖縄旅行の際は必ず訪れるお気に入りのお店です。

2-2.カフェ沖縄式
カフェ沖縄式

「カフェ沖縄式」は那覇市に2店舗あります。アジアンテイストでちょっと怪しげな店構えなので、地元の方でも知る人ぞしる穴場カフェ的存在。
おすすめは「ぶくぶくコーヒー」です。カップからはみ出てモクモクになっているのがぶくぶくコーヒーです。見た目がとてもフォトジュニックでかわいいのはもちろん、お味も美味!ハマります!飲み干すまで残っているほど細かい泡で、飲むとなめらかに珈琲が口の中に広がります。ぜひお試しください。

2-3.ピザ花人逢
ピザ花人逢

「ピザ花人逢」海が見えるカフェ。高台にある古民家で、店内・テラス席問わず青い海を見ながら寛ぐことができます。
名物料理はピザ!焼きたてでアツアツ、チーズがたっぷり乗せられたピザは絶品!
海を眺めて、沖縄の心地良い風を感じながらのカフェタイムが最高です!
写真は夕暮れ時の夕日が沈む時間を狙って訪れた時のもの。お昼のキラキラの海も素敵ですが、夕暮れ時の空と海がオレンジに染まり、まったり、のんびりした時間もたまらないひと時でした。

3.沖縄に来たからには必須!沖縄そば

3-1.高江洲そば
高江洲そば

元祖「ゆし豆腐そば」とえば「高江州そば」さんです。地元の方に教えてもらった沖縄そばの人気のお店。
そばの種類は普通のそば・ソーキ・中味・ゆし豆腐があり、それぞれ中・大・大盛と3サイズから選べます。
ほろほろに煮込まれたお肉と、ゆし豆腐、平打ち麺、スープの組み合わせが最高。すっきりしているのにコクがあるスープとお肉、豆腐、平打ち麺に、一口で虜になりました。
不定休のため、事前に電話で確認していくことをおすすめします。

3-2.田そば(でんそば)

個性派でインパクト大の沖縄そばであれば「田そば」がおすすめ。那覇市内、沖縄のモノレール「ゆいレール」の、古島駅から徒歩約7分の場所にあります。
店内は沖縄の食堂屋さんという感じ。地元の方も多く利用しているので、ちらっと聞こえる沖縄の方言はとっても沖縄を感じます。
おすすめは、オーソドックスが好きならお店の名前がついた「田そば」。秘伝の出汁と、じっくり煮込んで柔らかく味の染みた三枚肉との相性が抜群。コスパもとってもいいんです。
また、インパクトやボリュームがほしい方には「三枚肉そば」が断然おすすめ。どんぶりからはみ出るほどの長さがある分厚い三枚肉が三枚!女性顔の1.5倍はあります。毎日10食のみの限定メニューなのでお目当ての方は早めの時間に訪れましょう。

4.沖縄グルメを堪能しよう!

沖縄旅行の際は、ぜひ沖縄ならではのグルメを堪能してくださいね!
綺麗な海を見ながら・・・沖縄の古民家でまったりしながら・・・・三線を聴きながら・・・食事をしながら、全身で沖縄を堪能しましょう!自分の行きつけのお店をみつければ、より一層、次の沖縄旅行が楽しくなりますよ!

kushio

kushio女性 | 20代

アラサー女性です。旅行好きで旅行会社に就職。在職中は日本、世界の各地へ訪れ、現在も「鳥肌」を求めて、旅行を繰り返しています。旅行はインスタ映えよりも五感で感じる派。

最終更新日:2019.09.02

  • グルメ
  • 特集:紅葉だけじゃない、日本の「赤」を探そう 秋晴れに映える朱塗りの建物や、どこまでも続く鳥居。日本の美しさを象徴するような「#赤を見つけるたび」を集めてみました。
  • ほんとうに知ってる?「京都のたび」特集 にぎわう華やかな場所から、静かに落ち着ける穴場まで、あなただけの「#京都のたび」を探してみませんか。
pagetop