こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン
【大分県 別府温泉】

最近では温泉遊園地で話題になった別府温泉ですが、その代名詞といえば地獄めぐりなのではないでしょうか。
1000年以上も前から湧いていたと言われるこの温泉地帯は、地獄の様に温泉が噴出していたことから「地獄」と名付けられ、今では超有名な観光地として全国に名を馳せています。7つの密集した地獄を全て訪れることを「地獄めぐり」と呼び親しまれていますが、今回はその地獄めぐりについて徹底的にご紹介します。

1.なぜ「地獄めぐり」がおすすめなのか?

別府温泉は古くからの温泉地帯で、その中でも地獄めぐりは7つの異なる温泉を一気に楽しむ事が出来る唯一無二の温泉地帯なのです。
また、それらの温泉は肌を通して感じるだけでなく、目や耳を通しても楽しむ事が出来るので、一般的な温泉とは全く違う楽しみ方が出来るのです。

2.「地獄」へのアクセス方法は?

2-1. おすすめアクセス方法

別府の地獄は大きく別府駅側と亀川駅側の2つに分かれています。別府駅側に5つ、亀川駅側に2つありますが、今回の記事ではどちらかといえば効率的な別府駅側の5つから回るパターンを利用すると想定して書いてあります。なお、亀川駅側から回ることも可能ですので、お好みでご選択ください。

①レンタカー・自家用車

レンタカーもしくは自家用車を利用される場合は、大分自動車道 別府ICから案内表示に従っておよそ5分で到着します。

②鉄道→バス

別府駅までは博多、小倉駅から特急が出ていますので新幹線・飛行機からアクセスすることが可能です。別府駅からは路線バスでおよそ20分で到着します。ただ、別府駅からの路線バスを利用すると効率はあまり良くありません。バスを検討されている場合は亀の井バスが毎日定期運行している観光バスを利用されることをおすすめします。
別府駅東口から出発し、地獄をそれぞれ巡って戻ってくるプランが組まれているので、こちらに従えば地獄めぐり初体験でも迷うことなく楽しむことが出来ると思います。なお、完全予約制で毎日運行していますので以下のリンクから日程をご確認の上、ご予約ください。
http://www.kamenoibus.com/teikikanko_01.php

③タクシー

別府駅からタクシーを利用する場合、費用は先述の2つよりもかかりますがタクシーの運転手による超自由なガイドを聞くことができます。もちろん運転手の当たり外れはあるでしょうし、費用もかかりますが、迷わず楽しく巡ることが出来るので、4人以下のグループ旅行の場合は非常におすすめです。

2-2. 基本情報

別府地獄は別府温泉郷内にある温泉地帯で、温泉都市として知られる別府の中でもかなり有名な温泉地帯です。もちろん、源泉数は日本一で、一度でかなりの種類の温泉に入浴することが出来るとても効率的な温泉郷です。首都圏からのアクセスは関東圏の温泉には劣りますが、福岡からのアクセスは抜群に良く、九州観光にぜひ組み込みたい観光地です。
料金は大人の全地獄共通観覧券が2000円で、それぞれ朝8時から17時まで年中無休で運営されています。それ以外にも高校生料金や団体料金などの割引料金がありますので、以下のリンクから詳細をご確認ください。
http://www.beppu-jigoku.com/fee/index.html

3.地獄紹介

① 海地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

「海地獄」はその名の通り海の様に広大な地獄で、7つの地獄の中で最大の広さを誇っています。国指定名勝にもなっており、その美しさは温泉というよりも池という感じです。しかしながら、こう見えて本当に温泉で、無料で利用できる足湯はもちろん、絶品の温泉まんじゅうも味わえます。また、温泉たまごも販売しており、五感で楽しめる地獄となっています。
詳細URL: http://www.umijigoku.co.jp

② 鬼石坊主地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

元々「坊主地獄」と呼ばれていた「鬼石坊主地獄」。2000年代にその名を変えて現在も愛好家が集まる地獄としてその名を轟かせています。ここの特徴は何と言っても無料の足湯だけでなく有料の入浴施設があることではないでしょうか。地獄めぐりをすると案外足が疲れるので、こういった施設でぜひ全身癒して地獄めぐりを全身で楽しみたいですね。
詳細URL: http://www.beppu-jigoku.com/bouzu/

③ かまど地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

「かまど地獄」は湯の池が6つもあり、それぞれ全く異なった趣を持っています。つまり一度で6度楽しめる地獄なのです!まあ、温泉は100度ぐらいあるそうですが… 足湯も数種類の湯が楽しめるということで、足の疲れを癒すのにはもってこいな地獄です。
詳細URL: http://kamadojigoku.com

④ 鬼山地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

ここは噴出する温泉よりもワニの方が有名なぐらい大迫力のワニが楽しめる地獄です。「ワニ地獄」とも呼ばれており、間近で多数のワニを見ることができます。ちなみに、もし宿泊を検討しているのであればこの「鬼山地獄」周辺の宿泊施設ですとどの地獄にも行きやすいのでおすすめです。
詳細URL: http://www.beppu-jigoku.com/oniyama/index.html

⑤ 白池地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

地獄の中でも上位に入るぐらい風情を感じる「白池地獄」。本当に地獄なのか疑ってしまうほど美しいです。他の地獄と比較して観光客も少ない上、庭園風景は見ていて気持ちの良いものです。地獄めぐりの中に静けさを求めるのであればここは格好の地獄だと思います。
詳細URL: http://www.beppu-jigoku.com/shiraike/

⑥ 血の池地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

最古の地獄「血の池地獄」はその名の通り赤く染まった温泉池を眺めることができます。色という視点で地獄を見るのであればここが最も衝撃的かもしれませんが、これでもちゃんとした温泉なのです!もちろん無料で足湯も利用できるので、その泉質を体感してみてはいかがでしょうか。
詳細URL: http://www.chinoike.com

⑦ 龍巻地獄
1日で地獄めぐりする別府温泉おすすめプラン

最後の「龍巻地獄」はまさかの間欠泉。約30分に一回のペースで間欠泉から温泉が噴き上がります。タイミングが悪ければかなり待つことになりますが、自然のものなのでそこは我慢が大切です。見ての通り高く吹き上がり過ぎるのを防ぐために天井が設置されており、その勢いを表しています。
詳細URL: http://www.beppu-jigoku.com/tatsumaki/

4.まとめ

いかがでしたか?今回は地獄めぐりのおすすめルートをご紹介しましたが、地獄はどれも魅力的で訪れてみたいはずです。温泉好きな日本人を惹きつけ続ける日本一の温泉都市別府に訪れて、ぜひ地獄めぐりを体験してみてください。そして、その中で自分が一番好きな地獄を見つけてみてはいかがですか。

  • 観光名所・史跡
  • 温泉

ライター:なかおのその他のコラム

なかお

ライター:なかお

首都圏の古都鎌倉は日帰り旅行におすすめ!

首都圏の古都鎌倉は日帰り旅行におすすめ!

  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡

1日で美ら海水族館を堪能するおすすめプラン

1日で美ら海水族館を堪能するおすすめプラン

  • 動植物園・水族館
  • 観光名所・史跡

ライター紹介

ライター:なかお

ライター:なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

ライター:島津

ライター:島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

ライター:つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:Ayaka.K

ライター:Ayaka.K女性 | 20代

失恋をきっかけに、旅に行きまくる24歳。
大好きな彼を忘れるために、新しい土地で新しい自分を探しています。
退屈な日常を忘れさせる旅を皆さんとシェアしたいです。

もっと見る

pagetop