こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

神使(しんし)の鹿に癒されて。奈良公園と春日大社を巡る

皆さんは奈良県を訪れたことはありますか?奈良県は悠久の歴史と豊かな自然に育まれた、とっても素敵な場所です。奈良県と言われて思いつくのは、やっぱり「鹿」!今回は「奈良に行って鹿に会いたい!」という方にぜひ訪れていただきたいスポット、奈良公園と春日大社をご紹介します。


目次
  1. 1.奈良と言えば鹿!そのワケは・・・?
  1. 2.鹿と触れ合える広大な公園。奈良公園をお散歩
  2. 2-1.奈良公園とは?
  3. 2-2.鹿だけじゃない!奈良公園の見どころ
  4. 2-3.奈良公園へのアクセス方法は?
  1. 3.鹿と縁のある世界遺産。春日大社へお参り
  2. 3-1.春日大社とは?
  3. 3-2.春日大社の見どころ
  4. 3-3.春日大社へのアクセス方法は?
  1. 4.まとめ。奈良市で鹿に癒される一日を♪

1.奈良と言えば鹿!そのワケは・・・?

奈良と言えば鹿!そのワケは・・・?

奈良県が鹿で有名な理由を皆さんはご存知ですか?答えは勿論「野生の鹿が沢山いるから」。ですが奈良県全域に鹿が沢山生息している・・・という訳ではなく、一般的に言われる「奈良の鹿」は奈良県北部の県庁所在地・奈良市に生息する鹿を指しています。

奈良(市)の人々と鹿との関わりは非常に古く、奈良時代に作られた歌集「万葉集」では既に奈良の鹿についての歌が詠まれており、同じ時代の767年には鹿を神使として祀った「春日大社」が創建されています。

これらを考えると、奈良と鹿はおよそ1200年以上もの間を共に生きて来たことが分かりますね!

今回はそんな鹿に縁のある場所として、奈良公園と春日大社をご紹介します。


2.鹿と触れ合える広大な公園。奈良公園をお散歩

2-1.奈良公園とは?
奈良公園とは?

奈良公園は奈良市内東部に広がる県立公園です。JR奈良駅もしくは近鉄奈良駅を降りて東の方向へてくてく歩いて行くと辿り着きます。

奈良公園が開園したのは明治13年(1880年)。広さは約511ヘクタールで、イメージとしては東京ディズニーランドのおよそ10倍の大きさになります。

園内は木々に覆われ、奥まで歩いて行くと森の中を歩いているような感覚に癒されます。園内へ辿り着く前からちらほらと道を歩く様子が見られる鹿ですが、奈良公園に生息する鹿は約1200頭!鹿は国の天然記念物に指定されており、野生の鹿が人間と共生する日本でも稀少なスポットとなっています。


奈良公園とは?2

公園内では鹿の餌である鹿せんべいを販売している屋台があちこちにありますので、初めて訪れた方はぜひ購入してみてはいかが?鹿がお煎餅をのんびり食べる姿は非常にかわいらしくて癒されます。一方あまり焦らしたり、お煎餅をビニール袋や鞄に入れてふらふら歩いたりすると鹿に突進されることもありますのでご注意を・・・!


2-2.鹿だけじゃない!奈良公園の見どころ

広大な敷地面積を誇る奈良公園。園内の見どころは鹿のみならず、ぜひ立ち寄っていただきたい数々のスポットが存在します。


鹿だけじゃない!奈良公園の見どころ

何より有名なのは「東大寺」ですね。世界遺産の仏教寺院で、「奈良の大仏」として親しまれる大仏像が安置されています。修学旅行生や外国人観光客で昼間は非常に混み合いますので、可能であれば朝の参拝がおすすめ!


鹿だけじゃない!奈良公園の見どころ2

2010年に創建1300年の節目を迎えた興福寺も園内に建てられています。

興福寺で有名なのは仏像の中では異例の知名度を誇る「阿修羅像」。6本の手と3つの顔を持つ神様で、境内の国宝館にて展示されています。

創建1300年記念事業として、2018年に中金堂の改築が完成した興福寺。今だからこそ訪れておきたいタイムリーなスポットでもあります。


鹿だけじゃない!奈良公園の見どころ3

奈良県ゆかりの文化財を鑑賞したい!という方は奈良国立博物館も園内にあります。博物館では不定期に特別展が開催されているほか、常設展では奈良県にゆかりのある仏像や絵画などを数多く展示。

特別展に比べて常設展はそこまで混雑していませんので、落ち着いた雰囲気の中で鑑賞できるためおすすめです!


2-3.奈良公園へのアクセス方法は?

奈良公園の最寄り駅は上述した通り、JR奈良駅、もしくは近鉄奈良駅となります。奈良公園に近いのは近鉄奈良駅でして、こちらからですと歩いて10分ほど。

奈良公園内は平坦な道が続いていますが敷地面積が非常に広いため、訪れる際は歩きやすい靴で行くことをおすすめします!


3.鹿と縁のある世界遺産。春日大社へお参り

3-1.春日大社とは?
春日大社とは?

せっかく奈良公園を訪れたのなら、ぜひ春日大社にも足を運んでみましょう。

春日大社は興福寺や奈良国立博物館のさらに奥の場所に佇む神社です。

冒頭でも少し述べましたが、春日大社の始まりは767年に遡ると言われています。春日大社の主神である建御雷命(たけみかづちのみこと)は元々茨城県にある鹿島神宮の神様でしたが、春日大社創建に際して奈良の地に勧請(神様の分霊を祀ること)される際に白い鹿に乗ってやって来た、というエピソードが残されていることから春日大社の神使は鹿となっています。


3-2.春日大社の見どころ

神社の神使が鹿ということで春日大社の境内では所々で鹿のモチーフを見つけることができます。参拝がてらに探してみるだけでも楽しいですね。


春日大社の見どころ

社務所で引くことのできる「鹿みくじ」も春日大社で人気のおみくじです。鹿がおみくじをくわえているという何ともかわいらしいデザインである点が特徴。

この鹿さんは奈良の伝統工芸、一刀彫りで作られたものなので、おみやげにもピッタリなおみくじです。


春日大社の見どころ

春日大社のおすすめの参拝シーズンはずばり「春」。中でも4月下旬~5月中旬の時期に訪れると境内に咲く美しい藤の花を楽しむことができますよ。


春日大社の見どころ3

春日大社に収蔵されている宝物を展示している「国宝殿」も落ち着いた空間の中で楽しめるのでおすすめ。季節ごとに異なる文化財の展示を行っており、ぐるりと回った後は1階のカフェで公園内ののどかな景色を楽しみながらお茶をすることもできます。


3-3.春日大社へのアクセス方法は?

春日大社の最寄り駅は奈良公園と同じく、JR奈良駅または近鉄奈良駅となります。こちらから春日大社へは歩いて25分ほど。奈良駅からは路線バス(奈良交通バス)も運行しており、こちらを利用する場合は「春日大社本殿」の停留所で下車してください。


4.まとめ。奈良市で鹿に癒される一日を♪

奈良公園と春日大社のまとめ。奈良市で鹿に癒される一日を♪

今回は奈良県の鹿にゆかりのあるスポットとして、奈良公園と春日大社をご紹介しました。

のんびりと時間を過ごす鹿の様子を眺めれば、そのかわいらしさに思わず笑顔になってしまうこと間違いなし。人々と鹿が共生する日本でも唯一の場所として、これから先の未来も大切に受け継いで行きたいエリアでもあります。

皆さんも日々の忙しい生活に疲れたら、ぜひ鹿に癒されに奈良を訪れてみてはいかがでしょうか。


※神社概要

春日大社

奈良県奈良市春日野町160

開門時間:(3月~10月)6:30~17:30、(11月~2月)7:00~17:00

国宝殿は、10:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日:なし

つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

最終更新日:2019.12.05

  • 観光名所・史跡
  • 世界遺産
  • 神社仏閣
  • 公園
  • 特集:紅葉だけじゃない、日本の「赤」を探そう 秋晴れに映える朱塗りの建物や、どこまでも続く鳥居。日本の美しさを象徴するような「#赤を見つけるたび」を集めてみました。
  • ほんとうに知ってる?「京都のたび」特集 にぎわう華やかな場所から、静かに落ち着ける穴場まで、あなただけの「#京都のたび」を探してみませんか。
  • ホーム
  • コラム
  • 神使(しんし)の鹿に癒されて。奈良公園と春日大社を巡る
pagetop