こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

奈良の美術史を学ぶなら!奈良国立博物館でアカデミックな一日を

古き良き歴史を感じることのできる場所、奈良。「東大寺や興福寺はもう訪れてしまったし…」そんな方におすすめしたいスポットが、奈良公園内にある博物館・奈良国立博物館です!奈良国立博物館では、およそ1300年前の天平文化の時代から、長い歴史をかけて受け継がれて来た奈良の文化財を鑑賞することができます。

今回は奈良国立博物館の見どころをご紹介!奈良駅周辺の観光スポットとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。



目次
  1. 1.奈良国立博物館とは?
  1. 2.奈良国立博物館の楽しみ方
  2. 2-1. 特別展を見るなら「東新館」
  3. 2-2.国宝が見られる常設展「西新館」
  4. 2-3.仏像好きな方におすすめ「なら仏像館」
  5. 2-4.毎年秋の「正倉院展」も要チェック!
  6. 2-5.鑑賞後は奈良公園をお散歩
  1. 3.奈良国立博物館へのアクセス方法は?
  1. 4.まとめ。仏教美術が好きな方におすすめしたい「奈良国立博物館」

1.奈良国立博物館とは?

奈良国立博物館とは?

奈良国立博物館とは、1895年に開館した博物館です。ゴージャスな外観が目を惹く本館は、東京の迎賓館や京都の国立博物館などを手掛けた宮廷建築家・片山東熊(かたやまとうくま)によって設計されました。

奈良国立博物館に収蔵・展示されている文化財は主に仏教に関する美術品。遥か昔から都として栄えた奈良だからこそ見られる仏像や絵画などの仏教美術を鑑賞することができます。



2.奈良国立博物館の楽しみ方

奈良国立博物館は東新館と西新館、なら仏像館と青銅器館の四つの展示室に分かれています。今回は初めて奈良国立博物館へ訪れる方向けに、主な展示室の見どころをご紹介します!



2-1.特別展を見るなら「東新館」
特別展を見るなら「東新館」

東新館では定期的に特別展を開催しています。特別展は奈良県内の寺院に収蔵されている仏教美術の展示が多いですが、県外の美術館や寺院とタイアップで開催されることも。最近では大阪にある藤田美術館とのコラボレーション企画「藤田美術館展」が開催され、世界で三つしか現存していない美しい茶碗「曜変天目茶碗」が展示されたことで大きな話題を呼びました。

博物館を訪れる際はぜひ現在開催されている特別展の内容をチェックしてみてくださいね。特別展のチケットによっては後述する常設展も鑑賞できる場合がありますので大変お得です。



2-2.国宝が見られる常設展「西新館」
国宝が見られる常設展「西新館」

とりあえず初めてだから常設展が見たい!」という方は西新館に行ってみましょう。西新館では奈良国立博物館に収蔵されている絵画や工芸品などの名品展を常設で開催しています。展示品の中には国宝や重要文化財も多く、奈良県内の寺院から寄託を受けて保管しているレアなものも。

また、西新館の展示替えは一ヵ月ごとに行われているため、いつ訪れても異なる展示品を鑑賞できる点が魅力でもあります。



2-3.仏像好きな方におすすめ「なら仏像館」
仏像好きな方におすすめ「なら仏像館」

旧本館である片山東熊設計の建物は、現在なら仏像館の展示室として使用されています。奈良国立博物館には非常に沢山の仏像が収蔵されているため、仏像の展示はこちらの仏像館にまとめて行われています。その数はなんと100体以上!仏像だけを展示室に集めて常設公開している博物館は日本でも珍しく、なら仏像館は「仏像ファンの聖地」とも言われています。

常設展(西新館)のチケットでこちらの展示室の見学も可能です。「とにかく仏像が見たい!」という仏像好きさんは、ぜひ訪れてみてくださいね。



2-4.毎年秋の「正倉院展」も要チェック!
毎年秋の「正倉院展」も要チェック!

奈良国立博物館の目玉とも言えるイベントが、毎年秋(10月~11月)に実施される「正倉院展」です。こちらの特別展では東大寺にある正倉院に納められていた宝物が展示されます。

正倉院について、歴史の授業で学んだ記憶がある方もいらっしゃるかもしれません!もう少し詳しく解説すると、正倉院は元々東大寺の倉庫として利用されていた建物で、現在は国宝及び世界遺産にも登録されています。正倉院の中には天平時代(700年代)から伝わった日本や海外からの美術品が多数収蔵されており、現在これらの宝物は宮内庁の管轄で管理されています。

普段はお目に掛かることのできない正倉院の宝物たち。開催期間は短いですが、機会があればぜひ足を運んでみていただきたい特別展です。



2-5.鑑賞後は奈良公園をお散歩
鑑賞後は奈良公園をお散歩

奈良国立博物館を回った後、天気が良ければぜひ奈良公園もお散歩してみましょう。奈良国立博物館は奈良公園に入ってほどなくした場所にあり、博物館の向かいには氷の神様を祀る氷室神社、そしてさらに奥へ進んでいくと全国にある春日神社の総本山・春日大社などもあります。

鹿が暮らす場所として有名な奈良公園。公園内にはなんと1200頭以上の鹿が生息していると言われています。

公園内には奈良国立博物館とセットで訪れたい観光スポットも沢山ありますが、たまにはベンチや芝生に腰かけて鹿と一緒にのんびりした時間を過ごすのも、奈良公園ならではの過ごし方と言えますね。



3.奈良国立博物館へのアクセス方法は?

奈良国立博物館の最寄り駅はJR奈良駅、もしくは近鉄奈良駅となります。近鉄奈良駅からは徒歩15分ほど。双方の駅からは市内循環バスも出ていますので、こちらを利用される場合は「氷室神社・国立博物館」の停留所で下車しましょう。

駅から徒歩で博物館へ向かわれる場合、また博物館と一緒に公園内を回る予定の方はそれなりの距離を歩くことが予想されますので、履き慣れた靴で行かれることをおすすめします!



4.まとめ。仏教美術が好きな方におすすめしたい「奈良国立博物館」

奈良国立博物館のまとめ

今回は奈良の美術史を学べるスポットとして奈良国立博物館をご紹介しました。

「博物館に行くのはちょっとハードルが高い・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、奈良の博物館だからこそ観られる貴重な宝物を数多く鑑賞することができます。仏教美術、とりわけ仏像が非常に沢山展示されていますので、仏像を見るのが好き!という方はきっと楽しいひと時を過ごすことができるでしょう。

館内にはおしゃれなミュージアムカフェなどもありますので、雨の日の観光スポットとしてもぜひおすすめしたい場所でもあります。

皆さんもぜひ奈良国立博物館でアカデミックな一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。



※博物館概要

奈良国立博物館

奈良県奈良市登大路町50番地

開館時間:午前9時30分から午後5時まで(毎週金・土曜日は20時まで)

休館日:月曜日、元日

つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

最終更新日:2019.12.05

  • 観光名所・史跡
  • 美術館・博物館
  • 公園
  • 特集:紅葉だけじゃない、日本の「赤」を探そう 秋晴れに映える朱塗りの建物や、どこまでも続く鳥居。日本の美しさを象徴するような「#赤を見つけるたび」を集めてみました。
  • ほんとうに知ってる?「京都のたび」特集 にぎわう華やかな場所から、静かに落ち着ける穴場まで、あなただけの「#京都のたび」を探してみませんか。
  • ホーム
  • コラム
  • 奈良の美術史を学ぶなら!奈良国立博物館でアカデミックな一日を
pagetop