こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

サザンの聖地・茅ヶ崎湘南エリアで過ごす海辺の小旅行に密着!

神奈川県には横浜・箱根といった全国屈指の観光エリアがありますが、忘れてはならないのが茅ヶ崎・湘南地区です。

サザンオールスターズ・桑田佳祐さんの出身地で、歌詞にも登場するスポットがたくさんあることでも有名な海辺の観光地の1日中楽しめるコースを紹介します!


サザンビーチで茅ヶ崎の海を体感!サザンの聖地・茅ヶ崎湘南エリアで過ごす海辺の小旅行に密着!


目次
  1. 1.旅の始まりはJR茅ヶ崎駅からサザン通り商店街へ!
  1. 2.サザンビーチで茅ヶ崎の海を体感!
  1. 3.茅ヶ崎市美術館で落ち着いた空間に浸る
  1. 4.レトロな江ノ電に乗り目指すは江ノ島駅
  1. 5.弁天橋を渡っていざ江の島へ!
  1. 6.仲見世通りで映画やドラマのワンシーンのように食べ歩き
  1. 7.「江の島シーキャンドルで絶景を!
  1. 8.まとめ

1.旅の始まりはJR茅ヶ崎駅からサザン通り商店街へ!

JR茅ヶ崎駅のホームに降りると、どこかで聴いたことのあるメロディが。そう、茅ヶ崎出身の桑田佳祐さん率いるサザンオールスターズの名曲「希望の轍」が、発車メロディとして使われているのです。

旅の始まりから「サザンの聖地に来た!」という気分にさせてくれ、ファンでなくても自然とテンションが上がっちゃいます!

ここから、最初の目的地であるサザンビーチまでは徒歩で約20分程。サザン通り商店街という街並みをブラブラしながら向かいます。

商店街という名前は付いていますが、アーケードはなく、ポツポツと店が建ち並んでいるのどかな通りです。

桑田佳祐さんの生家に近く、サザン神社などユニークな建物もあります。サザングッズを販売しているお店も数軒あり、旅の記念に購入し、1人旅ならばイヤホンでサザンや桑田さんの曲を聴きながら散策すると、より茅ヶ崎色に染まれるのでは!?

まだまだ旅の序盤ですが、せっかくなのでこの商店街で食べ歩きするのもオススメです。

ちなみに駅からはコミュニティバスも運行しているので、徒歩以外でビーチにアクセスすることも可能です。



2.サザンビーチで茅ヶ崎の海を体感!

サザンビーチのメインとなるスポットは、シンボルでもある「茅ヶ崎サザンC」。アルファベットのCの形をしたモニュメントで、2人で円のそばに立つとCの隙間部分がつながり、円が結ばれ完結するという「縁結びの輪」として有名です。

さらに、不完全な円を完成させると、幸せな暮らしを形作る「思いやりの輪」になるという意味も込められており、記念に1枚シャッターを切りたい幸せな撮影スポットです。

Cの中から見える茅ヶ崎の海の風景もぜひ胸に焼き付けたいところ。

また、サザンオールスターズのシングル「I AM YOUR SINGER」のジャケット写真にも使われた場所でもあります。

さて、この地でぜひ訪れたいのが「サザンビーチカフェ」です。お洒落な外観だけでなく、インスタ映え間違い無しの軽食やドリンク類は若者を中心に人気があり、海風を感じながらホッと一息つくのに最適です!


サザンビーチで茅ヶ崎の海を体感!


3.茅ヶ崎市美術館で落ち着いた空間に浸る

サザンビーチからJR茅ヶ崎駅までの帰り道、今度は高砂通りという路地沿いを歩くと、茅ヶ崎市美術館へ到着です。(コミュニティバス利用の場合は図書館前で下車し高砂緑地へ)

高砂緑地という緑豊かな公園内にある、ガラス張りのお洒落な建物。

茅ヶ崎市にゆかりのある人物による作品が主に展示されており、常にあらゆる企画展が開かれています。

入場料が1人200円(子供100円)と安く、小ぶりな美術館なのでちょっと立ち寄るのに丁度良い施設です。


先程は海、今度は緑に囲まれた落ち着いた癒しの空間で、茅ヶ崎を体感できます。



4.レトロな江ノ電に乗り目指すは江ノ島駅

JR茅ヶ崎駅へ戻り、2駅先のJR藤沢駅まで電車に乗り、藤沢駅で「江ノ電」こと江ノ島電鉄に乗り換え、江ノ島駅に向かいます。

言わずと知れた全国的にも有名な江ノ電は、藤沢から鎌倉までを結ぶ、湘南エリアの海沿いをゆっくりと走る観光路線で、レトロな雰囲気が溢れ出ています。

古き良き日本を彷彿とさせる緑色の車体は、なんともローカル感満載なかわいらしい外観です。

江ノ電沿線には江ノ島駅より東にも、極楽寺や長谷寺などの有名スポットが点在しているので、乗り放題のフリーパス「鎌倉江ノ電パス」を購入しておくのも良いかもしれません。湘南エリアのJR、湘南モノレールも乗り放題というのも嬉しい限り!

のんびりと進む昔ながらの車内から、美しい湘南の海が見えたり、民家スレスレの線路を走ったりと、もはや乗るだけで満足とも言えるほどの気分にさせてくれる江ノ電ですが、今回は江ノ島駅で下車して江の島を目指します。


レトロな江ノ電に乗り目指すは江ノ島駅


5.弁天橋を渡っていざ江の島へ!

江ノ島駅を降りてすぐ、本土と江の島とをつなぐ、江の島の出入口となる橋、弁天橋が見えてきます。

1959年に架けられた、この綺麗に舗装されている橋は、ただ渡るだけではなく海を眺めたり富士山も見ることができる絶景スポットでもあるんです!

橋の入り口付近には、江の島の稚児ケ淵に行ける遊覧船の「弁天丸」の乗船場があり、船で江の島をぐるりと周ることもできます。

さあ、弁天橋を渡り終えたら旅の後半戦、江の島に到着です。


弁天橋を渡っていざ江の島へ!


6.仲見世通りで映画やドラマのワンシーンのように食べ歩き

江の島の入口から江島神社までの参道に連なる、旅館や飲食店、土産物屋などが多数ひしめき合う商店街「仲見世通り」はまさにTHE・観光地といった雰囲気に満ち溢れており、湘南エリアの観光にはまず外せないスポットと言えるでしょう。

様々な映画やドラマのデートシーンなどのロケ地としても頻繁に使用されるので、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

全体的にレトロな空気が漂っているにも関わらず、多くの観光客で常に賑わいをみせている、活気のある通りです。

江の島で特に人気のグルメはずばり「しらす丼」!生しらすも釜揚げしらすもどちらも新鮮で絶品のメニューです。

他にも、タコを丸ごと1匹使った豪快な「あさひ本店のたこせんべい」は行列ができるほどの人気っぷり。夫婦饅頭、大アサリの浜焼き、江の島ビールなども名物グルメで、この通りだけでも満腹になってしまう程です!

また、江ノ電もなかや江ノ電サブレは、江ノ電のかわいらしいイラストがデザインされたパッケージが魅力で、きっとお土産に喜ばれるでしょう。



7.「江の島シーキャンドルで絶景を!

江の島内には複数の神社仏閣、新江ノ島水族館などバラエティ豊かなスポットが点在していますが、今回は「江の島シーキャンドル」を訪れたいと思います。

江の島サムエル・コッキング苑内にある湘南のシンボルとも言える、高さ59.8メートル、海抜119.6メートルの展望台で、湘南エリアの他に富士山や伊豆半島も見渡せる絶景スポットとして有名です。

特に夜景の美しさには定評があり、2010年には日本夜景遺産にも認定されたほどです。季節ごとに年間4回ライトアップが変更されたり、特に2月には「湘南の宝石」というイルミネーションイベントが開催されるなど、とにかく夜景好きの方は必見!

なお、江の島サムエル・コッキング苑の園内は南国ムード満載の植物園があり、時間に余裕があれば合わせて楽しみたいですね。


「江の島シーキャンドルで絶景を!

8.まとめ

茅ヶ崎・湘南エリアで過ごす旅を紹介してきました。

サザンの聖地、江ノ電、仲見世通りなど、限られたエリア内でバラエティに富んだ一日を過ごせる旅、「ちょっと日常から離れたみたい」そんな時におすすめです!

pome.pome49

pome.pome49女性 | 30代

現在、旅行会社の添乗員として全国各地の観光地を訪れております。
私生活でも国内、海外問わず時間があれば積極的に旅行で余暇を満喫しているアラサー女子です。

最終更新日:2019.08.12

  • 街歩き
  • ビーチ
  • 特集:紅葉だけじゃない、日本の「赤」を探そう 秋晴れに映える朱塗りの建物や、どこまでも続く鳥居。日本の美しさを象徴するような「#赤を見つけるたび」を集めてみました。
  • ほんとうに知ってる?「京都のたび」特集 にぎわう華やかな場所から、静かに落ち着ける穴場まで、あなただけの「#京都のたび」を探してみませんか。
  • ホーム
  • コラム
  • サザンの聖地・茅ヶ崎湘南エリアで過ごす海辺の小旅行に密着!
pagetop