こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

コラム

新型コロナウイルス (COVID-19)の影響で、施設によっては休館中または営業時間を変更している場合があります。

ご訪問の前には施設の公式サイトをご確認いただき、ご訪問時には十分お気をつけください。

1泊2日の佐渡の旅

こんにちは!

ライターののりじゅんです。


車で佐渡島を旅してきました。

「史跡佐渡金山」や「トキの森公園」など1泊2日でゆっくり巡ってきました。


佐渡島の金採掘の歴史は今から約420年前、1601年に始まります。

それから1989年に採掘を中止するまで389年間創業した日本最大の金山です。

6000万円もするホンモノの金塊にも触りました。


2日目はトキに会いました。

日本生まれのトキは一度日本から姿を消しましたが、1999年中国からつがいが贈られ、人工飼育が始まりました。

その後島民を含めたトキ復活の活動が実を結び、今では400羽ものトキが佐渡の空を飛んでいます

トキは本当に優雅な鳥ですね。



目次
  1. 1.「史跡佐渡金山」の坑道見学は2コース。金塊にも触れるぞ
  2. 1-1.「史跡佐渡金山」は旧坑道の見学がメイン
  3. 1-2.江戸時代明治以降の旧坑道を見学。作業員の人形がリアル
  4. 1-3.「天空の城跡」に似ている工場跡に感激
  5. 1-4.6000万円の金塊は、美しい!
  1. 2.2日目は特別天然記念物トキに会いに「トキの森公園」へ
  2. 2-1.海岸での金鉱石探しは悪天候で断念
  3. 2-2.間近でトキに会えた
  1. 3.まとめ

1.「史跡佐渡金山」の坑道見学は2コース。金塊にも触れるぞ

「史跡佐渡金山」の坑道見学は2コース。金塊にも触れるぞ

佐渡島へは新潟港から渡ります。身軽に行くならジェットフォイルが便利ですが、今回は車なのでフェリーを利用します。約2時間30分の船旅です。ちなみにジェットフォイルだと1時間5分で佐渡に到着します。

新潟港9時20分発のフェリーに乗り込みます。大きな船なので揺れもほとんどなく快適で。11時50分に佐渡島の両津港に到着です。

両津港から「佐渡金山」までは国道350線、「大佐渡スカイライン」経由で約27km、40分の距離です。


まずは腹ごしらえです。ここはやはり新鮮な海の幸でしょう。


佐渡汽船:https://www.sadokisen.co.jp/


「史跡佐渡金山」の坑道見学は2コース。金塊にも触れるぞ2


1-1.「史跡佐渡金山」は旧坑道の見学がメイン
「史跡佐渡金山」は旧坑道の見学がメイン

ランチのあと「史跡佐渡金山」へ向かいます。道路は整備されていてスムーズです。

「佐渡金山」に向かう途中前方に真ん中がV字型に割れた大きな山が見えてきます。不自然な割れ方でほとんど垂直な崖になっています。

「道遊の割戸(どうゆうのわれど)」と呼ばれている江戸時代の露天堀跡です。

ほどなく「佐渡金山」に到着です。入口で入場券を買って中に入ります。

見学コースは2つ。「宗太夫抗(そうたゆうこう)江戸金山絵巻コース」「道遊抗(どうゆうこう)明治官営鉱山コース」があります。



1-2.江戸時代明治以降の旧坑道を見学。作業員の人形がリアル
江戸時代明治以降の旧坑道を見学。作業員の人形がリアル

「宗太夫坑江戸金山絵巻コース」は江戸時代の手掘り坑道、採掘跡で、採掘作業を人形で忠実に再現しています。

大変な重労働だったことがよく分かります。罪人も連れて来られました。

見学所要時間は30分ほどです。

「道遊坑明治官営鉱山コース」は明治期から操業休止になるまで使われていた坑道です。実際に使われていたトロッコや線路がそのまま残されています。

坑道を出ると「道遊の割戸」が間近に見えます。「道遊の割戸」周辺には露天掘りできるほどの鉱脈があり、露天掘りが終わった跡もこの山の下で採掘していました。

まだ鉱脈はあるのですが、採算ベースに乗らないというということで採掘を中止したようです。

ここにはトロッコ車庫や粗砕場跡(そさいじょう)が残されています。

見学所要時間は約40分です。



1-3.「天空の城跡」に似ている工場跡に感激
「天空の城跡」に似ている工場跡に感激

「佐渡金山」では採掘のほか精錬作業も行われていました。その工場跡も遺跡として残っています。それらは坑道とは別の場所に点在していて自由に見学することができます。坑道や工場跡はほとんどが国の史跡や重要文化財になっています。

「北沢浮遊選鉱場跡」は階段状になった巨大な選鉱場で、上から下に鉱石を流して不純物を取り除いていきます。最終的に金と銀を選び出し、ほかの部分は水と一緒に捨てます。その大きさは東洋一といわれました。

この選鉱場はアニメ「天空の城ラピュタ」に登場する天空の城跡に雰囲気が似ていることから、話題になりました。



1-4.6000万円の金塊は、美しい!
6000万円の金塊は、美しい!

資料館にある6000万円の金の延べ棒に触れます。純度99.9%という金の延べ棒には触りたい人で長い列が。5分くらい待っていよいよ順番が回ってきました。

ワクワクドキドキ、金属としては柔らかくでも重い!。アッという間の体験でした。

そのあと、金箔貼りの体験をして佐渡金山とお別れです。

その後、当時から続く町並み(京町通り)や渡奉行所なども見て回ることができました。

そして、もう一つの楽しい体験が「佐渡西三川(さどにしみかわ)ゴールドパーク」での砂金とり体験です。佐渡最古の金山といわれている「西三川砂金山」の跡地に建っている資料館ですが、砂金とりの体験ができます。一番簡単なのが館内での砂金とり体験(初級、中級コース)で、裏手にある西三川川でも砂金とりができます(上級コース)。

もちろん上級コース狙い!結果はそう簡単に金は手に入りません。夢は夢で終わりました。


史跡佐渡金山

新潟県佐渡市下相川1305

TEL:0259-74-2389

開館時間:

4月~10月 8:00~17:30

11月~3月 8:30~17:00

*遅くとも終業30分前にはご入場下さい

休館日:年中無休

入館料:

「宗太夫坑江戸金山絵巻コース」大人900円、小中学生450円

「道遊坑明治官営鉱山コース」大人900円、小中学生450円

「2坑道周遊コース」大人1400円、小中学生700円

URL:http://www.sado-kinzan.co.jp


佐渡西三川ゴールドパーク

新潟県佐渡市西三川835-1

TEL:0259-58-2021

開館時間:

3~4月・9~11月8:30~17:00

5~8月 8:30~17:30

12~2月 9:00~16:30

休館日:年中無休

入館料:中学生以上800円、小学生700円、幼児無料

※砂金とり体験料金を含みます

※幼児の砂金とり体験:500円別途

URL:http://www.e-sadonet.tv/goldpark/



2.2日目は特別天然記念物トキに会いに「トキの森公園」へ

2日目は特別天然記念物トキに会いに「トキの森公園」へ

今日の宿は「史跡佐渡金山」から少し北の海岸にある「ホテルファミリーオ佐渡相川」です。JR東日本が運営するファミリー向けの小規模な観光ホテルです。宿泊料金は1泊2食付きで1人9000円くらいからとリーズナブルです。天然温泉のお風呂があり、ゆっくりと疲れた体を癒やすことができます。

宿からは男性的な海岸線と雄大な日本海が望めます。近くには江戸時代に日本海側に出現した異国船の襲来に対する砲台を設置した「御台場」跡があります。


ファミリーオ佐渡相川:https://familio-folkloro.com/sadoaikawa/



2-1.海岸での金鉱石探しは悪天候で断念
海岸での金鉱石探しは悪天候で断念

2日目は御台場跡周辺を散策したあと「トキの森公園」に向かいます。途中相川の海岸には「北沢浮遊選鉱場」で出た破棄物や質の悪い鉱石を捨てていたとの地元新聞の記事を見たので海岸で金鉱探し。これまた一攫千金と思ったのですが、天気が最悪で断念しました。

「トキの森公園」は宿から車で約26km、40分の距離です。ファミレスっぽいレストランで昼食休憩をはさみ、午後1時過ぎに到着です。



2-2.間近でトキに会えた
間近でトキに会えた

「トキの森公園」は特別天然記念物のトキを繁殖、飼育し一般公開している施設です。トキは現在400羽ほどが佐渡島(一部本州)に生息するほど個体数が回復していますが、自然の状態で観察できるまでにはなっていません。

ここでは大きな飼育設備の中でトキを放し飼いにして観察できるようになっています。運が良ければ、目の前数十センチのところでエサを探すトキを見ることができます。この日は2、3mのところにいました。

野生のトキを見られる日が近いことを祈って、「トキの森公園」をあとにしました

「トキの森公園」から両津港のフェリー乗り場まではすぐ。午後4時過ぎのフェリーで新潟へ戻ります。


トキの森公園

新潟県佐渡市新穂長畝383-2

TEL:0259-22-4123

開館時間:

8:30~17:00(入館締切16:30)

休館日:毎週月曜日(3月~11月は無休)、年末年始

協力費:大人(高校生以上)400円、 小人(小中学生)100円(平成25年4月1日改正)

※協力費は全額「佐渡市トキ環境整備基金」に入り、トキの野生復帰の取り組みに使われます

URL:http://tokinotayori.com/tokipark/



3.まとめ

1泊2日の佐渡の旅でしたが、フェリーの時間が往復5時間ほどかかるので、「史跡佐渡金山」と「トキの森公園」しか回われませんでした。「史跡佐渡金山」は観光化されている旧坑道を見学するだけで終わってしまう人が多いのですが、周りに史跡や遺産が多く残っています。ゆっくり時間をとり、いろいろ見て体験できたので、思った以上に楽しく勉強になりました。

「トキの森公園」では初めて見るトキの姿に感動しました。よく田んぼでエサをついばむトキの姿がテレビで映されていますが、田んぼをトキの餌場として開放するために、有機肥料で米を育てている地元農家の努力にも頭が下がります。

佐渡にはほかにもいいところがいっぱいありそうなので、またいつか来たいと思っています。




のりじゅん

のりじゅん男性 | 60代

フリーライター。旅行好きがこうじて、40歳を過ぎてから旅行雑誌の編集者になり、全国を走り回っていました。

最終更新日:2020.03.23

  • 観光名所・史跡
  • 自然・散策
  • 周遊
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集

おすすめのコラム

pagetop