こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

首都圏の古都鎌倉は日帰り旅行におすすめ!

古都鎌倉
【神奈川県 鎌倉大仏】

神奈川県に位置する鎌倉は東京からのアクセスが良好にも関わらず、情緒が大変よく感じられる風情ある街となっています。実際、武家の古都とも呼ばれる鎌倉には信仰の象徴が多々あり、老若男女広い世代から支持を集めています。 週末に家でゴロゴロするぐらいなら、少しお出かけして鎌倉まで行ってみてはいかがでしょうか。

1.なぜ「鎌倉」がおすすめなのか?

鎌倉は東京から1時間以内で訪れることができる古都です。先述の通り、風情ある町並みは本当に多くの観光客を魅了しています。最近では外国人旅行者も多く訪れており、食べ歩きをしながらその街を楽しんでいます。また、代表的な建築である大仏や、源氏との関わりが深い鶴岡八幡宮など、様々な歴史的名所を訪れることができるので、社会科見学で訪れる中高生も多くいるそうです。さらに、近隣には海が綺麗に見える江ノ島もあり、一日中楽しむことができるのです。

2.「鎌倉」へのアクセス方法は?

2-1.おすすめのアクセス方法
①鉄道

鎌倉は鉄道でのアクセスが非常に良好です。JR横須賀線を利用すれば乗り換えなしで鎌倉を訪れることが可能で、湘南新宿ラインの一部列車も直通運転している為、新宿、北関東からのアクセスも非常にいいです。江ノ島電鉄、通称「江ノ電」を利用すれば大仏と江ノ島も同時に観光できる上、スラムダンクにも登場した鎌倉高校前駅も見ることができるのでおすすめです。

②車

保土ヶ谷ICから横浜新道、 横浜横須賀道路を経由することによってアクセスすることができます。ただし、大型連休中には道路、駐車場共に 大変な混雑になるので、ストレスフリーな観光を楽しみたいのであればぜひ鉄道をご利用ください。

2-2.「鎌倉大仏」の 基本情報

鎌倉は歴史的建造物が多数あり、中でも鎌倉大仏という愛称で親しまれている高徳院は鎌倉のランドマーク的存在なのではないでしょうか。1252年に鋳造が始められた121トンの大仏は鎌倉唯一の国宝の仏像です。奈良の東大寺大仏と違い大仏殿が崩れてしまいましたが、それが逆に観光客を惹きつけているのかもしれません。

また、鶴岡八幡宮は鎌倉駅から徒歩圏内にあり、非常に立派な本殿があることから大仏を超える人気を誇っています。源氏にルーツがあり、鎌倉幕府ゆかりの神社ということで、ご利益もありそうですね。

鎌倉からは少し離れてしまいますが、江ノ島もおすすめです。これまでの文化的な建造物とは打って変わって、リゾート感溢れる江ノ島は旅の思い出作りにおすすめです。

そして、この3つの観光地を全て結ぶ江ノ電は本当に面白く、これに乗るためだけに日本に来る外国人観光客もいるとかいないとか。

3.「鎌倉」の見どころ3選

3-1.鶴岡八幡宮
古都鎌倉
古都鎌倉

約800年前にルーツを持つ鶴岡八幡宮は、源氏のみならず、鎌倉武士の信仰の対象として親しまれてきました。初代将軍源頼朝との関係が深いこの神社は、宝物殿含め、様々な文化財が集結しています。

風情溢れるこの神社には、浴衣姿の若者も多く、老若男女問わず人気の神社です。特にお花見の季節は源平池から見られる桜が最高なので、ぜひ足を運んでいただきたいと思いますが、その分人も多いので始発の利用が絶対条件だと思います。特に宝物殿は200円の拝観料がかかりますが、多数の国宝、重要文化財など、歴史的に見ても非常に面白く興味深い宝物が保管、展示されています。

あくまでも僕の感想ですが、奈良・興福寺の国宝館とここの宝物館を見学すると全国の文化財を股にかけた様な気がして気持ちがいいです。
鎌倉駅から徒歩圏内にあり、食べ歩きで有名な小町通りも楽しめるので、非常におすすめです。

3-2. 鎌倉大仏(高徳院)
古都鎌倉
古都鎌倉

鶴岡八幡宮など鎌倉駅周辺を散策したら、鎌倉大仏まで行くのをおすすめします。

鎌倉駅からバスと徒歩で約15分、もしくは江ノ電長谷駅から徒歩7分で到着します。おすすめは江ノ電でのアクセス。電車自体に趣がありますが、それ以上に住宅スレスレを通るのが本当にスリリングです。大仏自体は120トン、10メートル超えという安定感のある佇まいと美しさに圧倒されてしまいそうで、見に行って損はありません。

4月から9月の間の8:00から17:30まで公開されており、拝観料は中学生以上200円です。ただし、2019年9月以降は300円に値上げされることが発表されており、できればそれまでの間に訪れた方が良いかと思います。小学生以下は従来通り無料で観覧できます。何れにせよ、致し方ない値上げですし、これでも十分安いと思いますので、拝観料を払ってでもぜひ見物をしてください。
詳細URL:https://www.kotoku-in.jp

3-3. 江ノ島
古都鎌倉
古都鎌倉

鎌倉からは少し離れてしまいますが、せっかく鎌倉まで来たのであれば 江ノ島にも寄って行きませんか?江ノ電長谷駅から江ノ島駅までの間は江ノ電の中で非常に面白い部分で、スラムダンクにも登場した鎌倉高校前や、今までちゃんとした線路を走っていた江ノ電が急に路面電車になったりと、乗っていても飽きません。景色も抜群なので気持ちが高揚します。

江ノ電江ノ島駅から歩いて訪れることのできる江ノ島は、いつでも観光客で溢れています。江ノ島から見える海は最高に綺麗で、いつまでもいたくなってしまいます。タコを丸ごと焼くタコせんべいや、海鮮丼など、江ノ島ならではの名物を楽しみながら散策してみると非常に面白いと思います。江ノ島を散策し終えたらまた江ノ電に乗って帰りましょう。せっかくなら鎌倉には戻らず、江ノ電で藤沢駅まで行き、そこから東海道線もしくは小田急線で帰ってください。

4.まとめ

いかがでしたか?首都圏から気軽に日帰り旅行が楽しめる鎌倉は非常におすすめです。鶴岡八幡宮、高徳院といった歴史的建造物はもちろんのこと、江ノ島というリゾートを一挙に楽しめます。見るものが多すぎて1日では周り切れないかもしれませんが、少しぐらい心残りがあった方がまた次回来る理由になっていいかもしれませんね。ただ、食べ歩きの際には周囲に十分注意し、ゴミは所定の位置に捨てる様にお願いします。

  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡

ライター:なかおのその他のコラム

なかお

ライター:なかお

1日で美ら海水族館を堪能するおすすめプラン

1日で美ら海水族館を堪能するおすすめプラン

  • 動植物園・水族館
  • 観光名所・史跡

ライター紹介

ライター:なかお

ライター:なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

ライター:島津

ライター:島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

ライター:つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:Ayaka.K

ライター:Ayaka.K女性 | 20代

失恋をきっかけに、旅に行きまくる24歳。
大好きな彼を忘れるために、新しい土地で新しい自分を探しています。
退屈な日常を忘れさせる旅を皆さんとシェアしたいです。

もっと見る

pagetop