こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

千体のきつねが並ぶ強力なパワースポット!日本三大稲荷「豊川稲荷」

 

愛知県豊川市にある豊川稲荷(とよかわいなり)は初詣には100万以上の参拝客が訪れる日本三大稲荷として人気のパワースポット。中でも“きつね塚”と呼ばれる1000体のきつねが建ち並ぶ霊狐塚の壮観な光景は世界的に有名で、実際に1000体の霊弧の前にして参拝すると、身が引き締まるほどのパワーを感じます。そんな豊川稲荷ですが、実は正式名は「妙厳寺(みょうごんじ)」という名の曹洞宗の寺院。稲荷なのに寺院?1000体の霊狐が集まる理由は?などの豊川稲荷の由緒や不思議な魅力についてご紹介します。

 

 

 

 

1.豊川稲荷へのアクセス・利用情報

 

豊川稲荷へのアクセスは、JR飯田線の「豊川駅」もしくは、名鉄豊川線「豊川稲荷駅」を降りて、駅の向かいすぐに見える「豊川いなり表参道」沿いに歩いて5分程。駅前ロータリーから豊川稲荷まで様々なきつねのモニュメントやきつねのシンボルがありますので、探しながらぶらつくのも楽しみの1つ。

 

住所:愛知県豊川市豊川町1

アクセス:名鉄豊川線「豊川稲荷」駅より徒歩5分 / JR「豊川」駅より徒歩5分

営業時間:お参りは5:00~19:00/境内自由・授与所は8:00~17:00

定休日:境内自由

電話:0533-85-2030

HP:https://www.toyokawainari.jp/

 

 

2.日本三大稲荷の豊川稲荷とは

 

日本三大稲荷と呼ばれるのは京都市の「伏見稲荷大社」・茨城県笠間市の「笠間稲荷神社」、そして愛知県豊川市の「豊川神社」とされていますが、そもそもお稲荷さんとは商売繁盛・芸能上達の神様を祀る“神社”とされるのが一般的です。豊川稲荷は神社ではなく、寺院であり“豊川稲荷”という名前も正式名称ではありません

 

 

2-1.稲荷なのに神社ではなくお寺?
 

正式名「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)が“豊川稲荷”と呼ばれるようになったのは、 境内に祀られる「豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)」の鎮守である稲荷が有名な事と、商売繁盛の神として大変ご利益のあるとの評判から。寺院ですが境内に鳥居が立っていることも特徴的です。日本三大稲荷と呼ばれるほど有名な豊川稲荷ですが、神社ではない為、赤い鳥居が無数に並ぶというような光景は無く、代わりに“千本のぼり”と呼ばれるのぼりが境内に無数に立ち並びます。

 

 

2-2.1000体のきつね像が並ぶ圧巻の霊狐塚
 

豊川稲荷には境内からあちこちに無数の霊弧像が見られますが、大小1000体以上の霊弧像があつまる通称“きつね塚”こと霊弧塚の光景は圧巻です。元々は納めの狐像を祀る場所でしたが、信者達が祈願成就のお礼として奉納し現在の様になったとの事。ずらりと霊弧像が並ぶ前に立つと怖いくらいのパワーを感じますが、これだけの奉納があるほどお願い事をかなえられた方がいるというのはすごい事!千本のぼりの間にも大小様々な霊狐像が点在していますので探してみてくださいね。

 

 

2-3.さすって金運アップ!おさすり大黒天
 

ご真言「オン マカ キャラヤ ソワカ」と唱えながら大黒天様を撫でさすると福徳をいただくことができると言われる「おさすり大黒天」が立つ「大黒堂」。大黒天様を撫でさする順番は、まずは食べる物に困らないよう俵をなでなで、次に金運上昇を願って打出の小槌をなでなで、最後に幸福を願って袋をなでなでするとの事。ご真言はおさすり大黒天のすぐ近くに表記されてますので、覚えてなくても見て唱えられますよ。

 

 

3.豊川稲荷周辺もおきつね様でいっぱい

 

JR「豊川駅」、名鉄「豊川稲荷駅」のロータリーから豊川稲荷まで続く「豊川いなり表参道」を始め、豊川町にはきつねモチーフの看板やモニュメント、フォトスポット、おきつね様にちなんだグルメやお土産、雑貨などがいっぱいあります。きつね好きな方にはたまりません。また、 豊川稲荷境内で毎月第1・第3日曜日に開催される体験型クラフトマーケット「豊川きつね祭」でもきつねモチーフのハンドメイド作品などが並びます。

 

 

3-1.豊川稲荷ならではのおすすめグルメ
 

おきつね様が大好きないなり寿司専門店の「まつや」と、店内でいなり寿司や和食がいただける「松屋」。「まつや」では食べ歩きや持ち帰り用の様々な種類のいなり寿司が1個から購入することができます。いなり寿司以外にもお揚げにタレを塗って焼いてのりで巻いた話題のB級食べ歩きグルメ「おきつねあげ」は大人気で、お正月には1日1500枚も売れたとの事。

 

住所:愛知県豊川市門前町5

アクセス:豊川いなり表参道内

営業時間:「松屋」11:00~14:30(LO)/17:00~22:00

     「まつや」10:00~16:00

定休日:無休

電話:0533-86-2825

HP:http://www.ccnet-ai.ne.jp/matuya/
 
 
 

張り子のキツネ達が可愛い「いっぷく亭」。店内には古美術品や豊川稲荷にちなんだきつねの雑貨などが並び、見ているだけでも楽しめる甘味処です。甘味処ですが、三河の赤みそを使った「豊川カレー」や、押しいなり寿司など豊川にちなんだグルメもあり、表参道らしい風情のあるお店は寺町散歩の休憩にもぴったり。

 

住所:愛知県豊川市西本町32

アクセス:豊川いなり表参道内

営業時間:10:00~17:00

定休日:無休

電話:0533-84-0275
 
 

4.まとめ

 
日本三大稲荷と呼ばれながらも寺院であるという事や、境内に無数に立ち並ぶ霊弧像など、豊川稲荷は不思議な魅力に溢れるパワースポットです。樹齢を重ねているであろう高く伸びた杉や楓の森に覆われ夏でも涼しく、そして初詣や祭事以外はとても静かで神聖な雰囲気が漂います。千体の霊狐像が並ぶ霊狐塚から感じるパワーは他では味わえませんので、ぜひ一度体験してみてくださいね。
sami

sami女性 | 30代

歴史ある場所や自然散策などゆったり旅行が大好きな名古屋在住の30代です。旅の魅力と共に“観光できる所が無い”と言われがちな愛知や名古屋の魅力もご紹介したいです。

最終更新日:2019.10.10

  • グルメ
  • 街歩き
  • 神社仏閣
  • ホーム
  • コラム
  • 千体のきつねが並ぶ強力なパワースポット!日本三大稲荷「豊川稲荷」
pagetop