こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

小京都・倉吉:白壁土蔵群の歴史的町並みと面白博物館 相撲・名探偵コナン・フィギュアに関するミュージアム

 

鳥取県中部の打吹山の麓にあって温泉や豊かな自然に恵まれ、「暮らしよし」という言葉が地名の語源とも言われる倉吉には、室町時代に礎が築かれ江戸時代から続く白壁土蔵群の美しい町並みが広がっています。メジャーな知名度はないものの、美しい歴史的景観を残す山陰の小京都として注目されている倉吉白壁土蔵群の魅力と、漫画文化を牽引する鳥取ならではの面白博物館を共にご紹介してまいります。

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

1.白壁土蔵群

 

 

1-1.歴史と変遷

室町時代に倉吉市の玉川沿いに築かれた打吹城周辺は城下町として栄え、江戸から大正にかけては商業地区として発展し、昭和初期までに100棟以上の土蔵が建築されました。美味しい水に恵まれ酒造や醤油醸造を営んできた町屋風の商家、玉川沿いに続く白壁と赤い石州瓦の美しいコントラストは、1998年に4.7haが重要伝統的建造物群保存地区に指定され、2010年にはさらに4.5haが追加認定されています。

 

趣ある町並みは1991年には「男はつらいよ」のロケ地や、NHKドラマや漫画などの舞台にもなっています。2001年には環境省が選定する「かおり風景100選」、2007年には「美しい日本の歴史的風土100選」に選ばれ、2015年には国土交通省から「美しいまちなみ大賞」を受賞しています。

 

 

1-2.観光・見所

(1)玉川沿いの白壁土蔵群

 

玉川沿いには赤瓦と白壁の土蔵群が立ち並び、町のインスタ映えスポットNo.1の美しい町並みを誇っています。川には一枚石でできた橋が弧を描いて幾つも連なり、澄んだ川では沢山の鯉や魚が泳いで涼を誘います。

 

かつて造り酒屋や醤油醸造所として使われた町屋が、カフェやギャラリーなどモダンに生まれ変わり、風情ある散策スポットとなっています。

 

【ワイン蔵】

 

日本のワインのみを扱い、店内ではワインテイスティングが可能です。

 

【中野竹芸竹蔵】

 

 

赤瓦3号館にある大正元年創業の、天皇陛下にも作品を献上している老舗竹細工店です。丸竹加工と呼ばれる独自の技法で作られる竹製品は、竹の美しさを最大限に引き出しています。

 

【久楽】

 

 

赤瓦5号館にある古民家カフェで、畳敷きの喫茶スペースなどレトロな雰囲気の中、石臼で挽いた極上の珈琲などがいただけます。

 

(2)桑田醤油醸造場

 

 

白壁土蔵群の赤瓦6号館にある京風の町屋は、明治10年創業の老舗醤油醸造場で、今でも木樽を使った昔ながらの製法で醤油を製造しています。店内では代々使われてきた道具や樽などが並び、店頭で樽から直接生醤油を買うこともできます。また、醤油を使った羊羹、飴、アイスクリームなども販売されており、町の一押しグルメとなっています。

 

(3)元帥酒造本店

赤瓦7号館にある嘉永年間創業の老舗酒店で、全国でも有名な名酒の本店です。明治時代にこの店を訪れた大塩平八郎にちなんで、店名を「元帥」と名付けたそうです。水質に優れた倉吉には、他にも高田酒造、小川酒造など、国の登録有形文化財に指定されている、旧建築の名店が軒を連ねます。

 

(4)倉吉ふるさと物産館

赤瓦八号館は倉吉ふるさと物産館として、地元の和菓子や特産品の他、鳥取県生まれの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」や「名探偵コナン」のキャラクター製品なども売られています。2階には手打ちそばがいただけるレストランも内設しており、こだわりの手打ち蕎麦が楽しめます。

 

 

隣接する「倉吉ふるさと工芸館」では、絵画のような精巧な倉吉絣の暖簾やアクセサリーなどが売られており、店頭で機織りの実演も見学できます。

 

(5)琴櫻記念館

 

 

市役所前の町の入り口で、第53代元横綱で佐渡ヶ嶽親方を襲名した琴櫻の大きな銅像を見かけました。倉吉市は彼の生まれ故郷なのです。

 

 

赤瓦白壁群の町並みの一角に、彼の軌跡をたどる記念館がひっそりと佇んでいました。琴櫻関の歴史に纏わる写真や資料、化粧まわし、天皇賜杯など貴重な所縁のコレクションが40点ほど展示されています。無料なので気軽に見学でき、相撲ファンならずとも楽しめるプチ博物館です。

 

(6)白壁倶楽部

 

 

明治41年築の旧国立第三銀行を改装した、ノスタルジックな雰囲気が漂うフランス料理店で、社会福祉法人によって運営されています。地元音楽家による生演奏を聴きながら、地元の素材を使った地元出身のシェフが作る、まさに地元尽くしで地域の発展に貢献しています。

 

 

2.円形劇場くらよしフィギュアミュージアム

 

白壁土蔵群から少し離れた郊外に、2018年新しいフィギュアの聖地が誕生しました。日本最古の円形校舎を利用した「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」には、映画・アニメ・漫画のヒーローたちが、フィギュアとなって約2000点が展示されています。恐竜や動物の精巧なフィギュアも盛り沢山なので、子供連れのファミリー層にも人気のトレンディースポットです。

 

日本一古い円形校舎という設計上の見所も多々あり、螺旋階段や扇形の教室など、独特な建築技術を体感することができます。ミュージアムショップでは、ここでしか買えないレアでマニアックなお土産もあり、アニメファンには必見です。

 

 

3.青山剛昌ふるさと館

 

 

倉吉の白壁土蔵群から約10km離れた北栄町にある道の駅に隣接し、2007年に開館した漫画家青山剛昌に纏わる博物館です。彼の世界的な人気漫画「名探偵コナン」の他、ヒット作「YAIBA」「まじっく快斗」などの原画ギャラリーやセル画、ポスターなど貴重な資料を目にすることができます。

 

青山氏のルーツを辿るパネル展示、仕事部屋の再現、コレクションなど、創作や発想の秘密を垣間見ることができ、コナンファンには垂涎の博物館でしょう。

 

また同館のある北栄町は、町全体がコナンワールドになっていて、コナン駅、コナン通り、コナンの家、コナンの住む米花商店街などが再現され、町を散策しながらコナンや仲間たちのオブジェに出会い、アニメの世界にどっぷり浸ることができます。2018年「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の一つに選ばれるのも納得の、充実したコナンの町です。

 

 

4.まとめ

天女伝説のある打吹山に抱かれた倉吉市には、澄んだ清流が流れ、美味しいお酒や醤油など、土地の恵みを活かした産業が発達してきました。自然が育んだ歴史の町をノスタルジックに散策した後は、コナンワールドやフィギュアのヴァーチャル世界を満喫し、新旧のギャップを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

 

5.基本情報

【倉吉白壁土蔵群観光案内所】

住所: 〒682-0821鳥取県倉吉市魚町2568-1 赤瓦十号館内

アクセス: JR倉吉駅から路線バスで約12分、「赤瓦・白壁土蔵」下車

駐車場: あり 無料

公式サイト: http://www.apionet.or.jp/kankou/

 

【円形劇場くらよしフィギュアミュージアム】

住所: 〒682-0864鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2

アクセス: JR倉吉駅2番乗り場からバスで約15分、「広瀬町」または「鍛冶町1丁目」下車

駐車場: あり

公式サイト: https://enkei-museum.com/

 

【青山剛昌ふるさと館】

住所: 〒689-2221 鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414

アクセス: JR由良駅から徒歩約16分

駐車場: あり 無料

公式サイト: http://www.gamf.jp/

 

エリカ・ド・ラ・シャルモント

エリカ・ド・ラ・シャルモント女性 | 30代

英国在住後、フランスのパリに在住。
旅行、ドライブは趣味で世界中を駆け回っています。
仏人夫と頻繁に日本にも帰国し、日本各地の魅力を再発見しています。

最終更新日:2019.11.01

  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 美術館・博物館
  • ホーム
  • コラム
  • 小京都・倉吉:白壁土蔵群の歴史的町並みと面白博物館 相撲・名探偵コナン・フィギュアに関するミュージアム
pagetop