こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

旅人よ!被災支援キャンプへGO! 千葉県南房総で人気のキャンプ場 白浜フラワーパーク管理人さんの想い

 

千葉県では、先日発生した台風15号により大きなダメージを受け、未だ復旧の目処が立たない状況が続いている場所もあります。さて旅行を予定してた場所で自然災害があった時、あなたならどうするでしょう?キャンセルも選択1つのではありますが、被災した地へ行くことで受け手側の損失を減らし、私たちは出向くことで応援、そして支援する側になれるのではないでしょうか。

 

今回被害を受けた千葉県の南房総にあるキャンプ場白浜フラワーパークの管理人さんへのインタビューで旅行者を受け入れる側の意見を参考に、旅行者の私たちも今だからこそ「災害後の旅行」について考えて行きましょう!

 

 

目次

 

さて、台風の被害状況をお伝えする前に、南房総のキャンプ場 白浜フラワーパークの魅力をお伝えします。

白浜フラワーパークは千葉県南房総で今もっとも予約がとりにくい大人気のキャンプ場です。小規模なキャンプ場ではありますが、他のキャンプ場にはない魅力がたくさん詰まっています。

 

 

1-1.【魅力1】オーシャンビューなプール付き
 

房総半島の先端にあるこのキャンプ場は目の前に広がるオーシャンビューで最高のロケーション。その風景の中で白浜フラワーパークには滑り台つきのプールが夏季限定で入り放題。お子様にはもちろん、大人も絶景を目の前にプールで優雅に過ごせると大人気です。

 

 

ちなみに、目の前の海へも散策することが可能です。岩場なので遊泳することはできませんが、貝拾いや岩場にはカニなどの海の生物もたくさんいて磯遊びができます。

 

海が目の前のロケーションにより唯一無二の自然の遊び場を無制限に堪能できる場所としての魅力を持ったキャンプ場です。

 

 

夜も雰囲気が抜群です!

 

 

1-2.【魅力2】白浜フラワーパーク名物管理人 米原さん
 

初めて会った人もファンになる?!白浜フラワーパークの名物の一つだと私は思っている、管理人の米原さん。彼の手がけるキャンプ場への愛情を進化し続けるフラワーパークで体感できるでしょう。 さらにすごいところはキャンプ場内にあるコテージや、建築構造の一つであるアースバックという方法を使い、キャンプ場から海へ出る部分の階段を管理人さんの手作り。

 

何度訪れても前回と同じ状態はないのでは?と思うほど変化のある面白いキャンプ場です。

 

さらに、キャンプ場の管理人ながら音楽フェスを企画し開催してしまうパワフルな方。
 
 

フジロック出演経験のあるアーティストも来ちゃう知る人ぞ知る、キャンプイン音楽フェス「あわのネ」を手がけたのは白浜フラワーパークの管理人米原さんです。

 

今年7月に開催された10回目のあわのネを一旦区切りとするそうで毎年楽しみにしてたイベントがなくなるのは残念でなりません。

 

 

子連れに優しいキャンプイン音楽フェスの1つでした。子供向けの手作りワークショップなどもあり、大人だけでなく子どもも楽しませてくれる会場作りはありがたかったですね。

 

白浜フラワーパークでキャンプしている時も、色々な気配りや対応もすごく良いので管理人の米原さんに会いにキャンプ場にしに行く人もいるとか!

 

「キャンプ場全体がすごく元気が良い!」という大げさな表現が似合うくらい、自然と人間の力が混ざり合って雰囲気の良いキャンプ場なんです。

 

 

2.台風15号による白浜フラワーパークの被害

 

白浜フラワーパークの自然と元気のある非常に魅力的なキャンプ場であることをお伝えしました。

目の前が海という絶景と引き換えに台風などの自然の影響はダイレクトに受けてしまう弱点も残念ながら抱えています。今回の台風15号による被害状況など管理人の米原さんにお話を伺うことができました。

 

 

白浜フラワーパークの被害状況は、
 
 

白浜フラワーパーク管理人「主に入り口のシンボルとなる食堂が半壊レベルで被害を受けてしまいました。同時に食堂の屋根が飛んで電線が断線してしまい、いまだに停電という現状です。園内のCAMP区画はほぼ片付けを完了しており、電線さえ復活すれば通常通り営業予定です。」(2019.9.23現在)

想像以上の被害を受けて凹んでると思いきや、そこはパワフルな管理人の米原さん

この状態でも「ほったらかしCAMP 」と名を打ち台風直後もキャンプ場を解放。

 

 

「電気も水道も不自由な状態でもよければ、キャンプをしに来てください」とお気持ちの料金だけをもらう急遽ながらも前向きなイベントを開催するという切り替えは素晴らしい。

 

しかし私たちは災害が起きると「被災地に行くのはやめておこう」という行動を取りがちです。

 

そこで「被害後にキャンプ場予約をお客さんがキャンセルすることをどう思うか 

さらに、被害を受けた後に、キャンプ場側としてお客さんにとって欲しい行動とは?」と聞いてみると、

 

 

白浜フラワーパーク管理人「自粛はサービス業にとっては一番の痛手です。こと、アウトドア業界においてはこんな時だからこそCAMPスキルが役に立つこともあります。普段通りにCAMPを楽しんでもらえるのがこちら側にとっても一番の勇気になります。また、テレビなどの報道とは違う館山の姿を実際に見てもらうという意味でも来て欲しいなと思います。」

 

キャンプ場と言えど今や水洗トイレは当たり前で色々な施設が充実しており、サバイバルな状況とはかけ離れているのも確か。「電気も水も出ないからこそキャンプをする。」それが自分のスキルにも繋がり、被害を受けている側にも勇気を与えることになる相互がWINWINの関係とは、、、白浜フラワーパーク管理人 米原さんの言葉を聞かなければたどり着けない感情かもしれません。

 

白浜フラワーパーク管理人「今回は停電と断水だったので いつも以上にサバイバルスキルが試される数週間でした。改めて災害への免疫としてCAMPというのはすごく役にたつなと痛感しました。便利なキャンプ場へ行くのもいいですが家族で普段から何もない外に泊まるという経験がすごく必要なことに気づきましたね。」

 

災害から学んだ言葉のバトンを受け取った感覚です。災害を見越してキャンプのスキルをあげよう!なんて普段は思うはずもありませんが、こんな時こそ普段気づかないことを感じる大切な機会かもしれませんね。
 
 
2-1.白浜フラワーパークは元気に営業中
 

※ 写真は今年の7月時点のもの。この藤棚は今回の台風で被害を受け撤去するとのこと。

 

最後に白浜フラワーパーク管理人米原さんから

「千葉は箇所によって被害がすごい部分もありますが、もう3日目から高速道路もガストもコンビニもあいてます。そんなに気張らず 気軽にいつも通り遊びにきてください。」

という元気なコメントをいただきました!

 

 

3 災害後の旅行者の心得

 

※ 写真は今年の7月時点のもの

 

被害を受けてない地の私は、ただただ「千葉県なんだか大変みたい、、」そんな風にニュースの報道を見て漠然と謎の悲しげな感情を持ってぼけっとしていることを反省しました。

 

「自粛ムード」が漂うと私たちの行動は大きく流されてしまうのは事実だと思います。

 

しかし今回わかったのは、キャンプ場に限っては災害後にその地へ訪れることが被災地の支援に少なからず繋がることもあること。

 

もちろん状況によってはご迷惑になったり余計に混乱を招いたりする場合もあるかもしれません。

 

旅行を愛する人々が集まるサイトだからこそ、共有したい想いでした。

 

災害後に旅行に対してどんな行動をとることを心がけていますか?

旅好きのみなさんのコメントお待ちしています!

MOMI

MOMI女性 | 30代

旦那はお留守番で、生後6ヶ月の息子とタイへバックパッカー2人旅など
まわりはびっくりするような旅行もしばしば。
旅行には「体験」を重視しています♡

最終更新日:2019.10.07

  • 自然・散策
  • ホーム
  • コラム
  • 旅人よ!被災支援キャンプへGO! 千葉県南房総で人気のキャンプ場 白浜フラワーパーク管理人さんの想い
pagetop