こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

コラム

新型コロナウイルス (COVID-19)の影響で、施設によっては休館中または営業時間を変更している場合があります。

ご訪問の前には施設の公式サイトをご確認いただき、ご訪問時には十分お気をつけください。

世界遺産 白川郷と五箇山観光を満喫しよう!2つの違いと季節で異なる絶景

世界遺産 白川郷と五箇山観光を満喫しよう!2つの違いと季節で異なる絶景

まるで日本昔ばなしのような世界に浸ることができる2つの合掌造り集落、「白川郷」と「五箇山」

テレビや雑誌で多数取り上げられ、多くの観光客が訪れる白川郷。そして、その近くにひっそりと在る五箇山。どちらも世界遺産ですが、2つの違いは何かご存知でしょうか。また、これらの村が魅せる、季節によってガラリと異なる合掌造り集落の絶景をご紹介いたします!

1. 世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」とは

「合掌造り」とは

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、1995年に世界文化遺産に登録されました。

これらは3つの集落(荻町集落、菅沼集落、相倉集落)で構成されており、

①雪深い土地の風土の中で生み出された、理にかなった独自の建築様式である。
②急激に発展した日本の環境の変化の中、今も続いている山間部の暮らしや文化を代表する伝統的集落である。

このような点が評価され、世界文化遺産となりました。
「合掌造り」と称されるのは、屋根の形が掌を合わせたときの腕の形に似ていることから呼ばれているそうですよ。

1-1. 白川郷と五箇山の違い

メディアで取り上げられるのは圧倒的に白川郷が多いので、五箇山のことを知らなかったという方も多いのではないでしょうか。私もその一人でしたが、両方を訪れ、違いをしっかり感じました。五箇山と白川郷の違いは大きく分けて3つです。

・白川郷は岐阜県、五箇山は富山県
白川郷と五箇山は車で30分ほどで行ける同じ庄川流域にありますが、五箇山は越中富山圏内白川郷は飛騨高山の文化圏に入ります。

・集落の規模:五箇山の集落は、白川郷に比べて少し規模が小さめ。
先程紹介した集落を規模順に並べると、こんな感じ。
五箇山菅沼集落(小)< 五箇山相倉集落(中)< 白川郷荻町集落(大)

・知名度や観光客の数の多さ
ご承知のとおり、白川郷はメディアでの露出が多く、漫画やアニメの舞台になるほど知名度が高いです。年中、日本だけでなく外国人観光客で賑わっています。五箇山も世界遺産ですが、白川郷ほどの知名度はありません。


一言で表すと、五箇山はこぢんまりとして、静かで、ゆったりとした時間が流れる素朴な集落。白川郷はスケールが大きくて、存在感があり、観光地らしい賑やかな集落です。どちらも異なる魅力があるので、両方訪れて堪能するもよし、どちらかお好みで訪れるもよしです!(後述しますが、個人的には、むしろ季節によってガラリと世界が変わるので、季節を変えて足を運んで頂きたいです!)

白川郷の魅力
1-2. 白川郷の魅力

四方を山々に囲まれ、まさにトンネルをくぐって、くぐって、山をぬけてたどり着く白川郷。いきなり「日本の昔の原風景」が現れます。

どっしりと構える多数の木造の茅葺屋根の家や、家々を囲むようにきれいに並んだ大きな田んぼ、小道の脇には小川が流れています。昔を知らない若者たちでも感じることができる、古き良き時代の日本の美しく懐かしい景色が、大きなスケールで私たちを包み込んでくれますよ。

観光客向けに、合掌造りの中を見学して体感することができる家も多数あるので、ぜひお邪魔しましょう。レトロでおしゃれなお食事処お土産店もポツポツあるので、休憩しながら集落をめぐることができますよ。

また、歩いてでも車でも行ける展望台からは集落の全景を見渡すことができ、“ここにしかない”絶景をみることができます。

1-3. 五箇山の魅力
五箇山の魅力

のどかで心が落ち着く、小さな合掌造り集落の五箇山。今も人々が生活しています。

白川郷と比べ、観光地化されずに残っているので、とても居心地のいい静かな空間です。車の走る音や人工的な音はほとんどありません。そこは、小川の流れる音や鳥の鳴き声、風の音など、忘れてしまった自然の音で満たされています。

もちろん五箇山でも合掌造りの家にお邪魔したり、飲食店、お土産店も少しですがありますよ。五箇山の郷土食、五箇山豆腐は味わってほしい一品です。五箇山豆腐は、「ぎっしり詰まった豆腐」という表現が分かりやすいでしょうか。食べ応えがあり、お豆腐の味が濃くて心もお腹も満たされました。

2. 季節でこんなにも違う合掌造りの世界!

白川郷と五箇山、ともに日本の原風景の世界を味わえる合掌造り集落ですが、四季によって大きく世界が変化するのが魅力です。

2-1. 春から夏 五箇山
春から夏 五箇山
春から夏 五箇山

写真は5月の五箇山です。
は家の庭の桜や、あぜ道に沿ってたくさんの花が咲きます。自然豊かな場所にしかいないきれいな蝶々も飛んでいます。は深い青空と、もくもくの雲。青々としたグリーンの山を背景に、田んぼの稲も育ちはじめます。川の水の冷たさや、風が気持ちのいい季節です。

2-2. 秋から冬 白川郷
秋から冬 白川郷
秋から冬 白川郷

写真は冬の白川郷です。秋の赤やオレンジのカラフルな集落は、冬になると一気にモノクロの世界に様変わりします。

には周囲の山が一面、赤やオレンジに代わります。稲穂が垂れて、赤トンボが舞います。そしてその後、冬がやってきます。静かに雪が積もり、澄んだ冷たい空気に包まれます。夜は家の中の焚火の音がパチパチと聞こえるほど、静かな場になります。

3. まとめ

日本昔ばなしのような世界に浸ることができる、合掌造り集落の「白川郷」と「五箇山」の魅力、伝わったでしょうか。どちらも異なる良さがあるので、ぜひ季節を変えて訪れてみてはいかがでしょうか。老若男女、だれが訪れてもきっと「古き良き日本のなつかしさ」を感じるでしょう。

kushio

kushio女性 | 20代

アラサー女性です。旅行好きで旅行会社に就職。在職中は日本、世界の各地へ訪れ、現在も「鳥肌」を求めて、旅行を繰り返しています。旅行はインスタ映えよりも五感で感じる派。

最終更新日:2019.09.02

  • 観光名所・史跡
  • 世界遺産
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
  • ホーム
  • コラム
  • 世界遺産 白川郷と五箇山観光を満喫しよう!2つの違いと季節で異なる絶景
pagetop