こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

ログインしてください

コラム

温泉だけじゃない! 家族で楽しめる動物&自然のテーマパークが盛り沢山!

温泉だけじゃない! 家族で楽しめる動物&自然のテーマパークが盛り沢山!

イトウに行くならXXヤ♪で知られる伊豆伊東市は熱海と並んで温泉のイメージが強いですが、山・高原・海という自然の恵みを活かした娯楽施設が満載なのです。特に動物に纏わる観光名所が今子供連れの家族に人気で注目を集めています。自然のアトラクションとも言える城ケ崎海岸も含め、魅力満載の伊東をご紹介してまいります。



目次
  1. 1.伊東温泉
  2. 1-1.歴史と変遷
  3. 1-2.七福神の湯
  4. 1-3.東海館
  5. 1-4.レトロな温泉街
  1. 2.ペットと楽しめる町
  2. 2-1.伊東マリンタウン
  3. 2-2.愛犬の駅
  4. 2-3.ペットと一緒に参拝できる神祇大社
  1. 3.動物と出会える施設
  2. 3-1.カピバラに出会える伊豆シャボテン動物公園
  3. 3-2.猫の博物館
  4. 3-3.伊東マリンタウンの猿回し
  1. 4.城ケ崎海岸
  2. 4-1.城ケ崎海岸とは
  3. 4-2.門脇吊橋
  4. 4-3.門脇埼灯台
  1. 5.まとめ
  1. 6.基本情報

1.伊東温泉

伊東温泉

1-1.歴史と変遷

開湯は平安時代に遡り、江戸時代に徳川家光将軍の湯治場に選ばれると、将軍の病を治した湯としてその効能が全国に広まりました。明治になると北原白秋、室生犀星、幸田露伴、川端康成、与謝野晶子などの文人が頻繁に滞在し、風情ある温泉街として発展してきました。


伊東温泉は別府・由布院に次ぐ温泉湧出量を誇り、毎分3万4千リットルの湯量、源泉数は780本、宿泊施設は500軒以上あり、熱海と並んで伊豆を代表する温泉地です。



1-2.七福神の湯

伊東市内には低料金で温泉を楽しめる共同浴場が10軒あり、2軒は布袋尊が置かれ、8軒には七福神の像が各浴場に祀られています。恵比寿神「恵比寿新井湯」、大黒天神「松原温泉会館・大黒天の湯」、毘沙門天王「毘沙門天芝の湯」、弁財天「湯川弁天の湯」、寿老神「和田寿老神の湯」、布袋尊「岡布袋の湯」「小川布袋の湯」、福禄寿「鎌田福禄寿の湯」による八つの温泉になります。


また伊東最古の共同浴場「和田湯」もお薦めで、温泉巡り以外にも、市内には「寺社の七福神巡り」、アーケード通りには「お湯掛け七福神」があり、3種類の七福神巡りを楽しめます。



1-3.東海館
東海館

材木商の稲葉安太郎が1928年に創業した温泉旅館で、1997年に営業を停止し70年の歴史に幕を下ろしました。市に寄贈された後、3億円をかけて改築され、現在は「東海館」として一般公開されています。当時では珍しい3階建ての建物で、望楼からは伊東の町並みや天城山も見渡せ、各階で異なる職人たちが意匠を凝らした館内は見所満載です。



1-4.レトロな温泉街
レトロな温泉街

多くの文化人が愛した伊東には、昭和の名曲「湯の町エレジー」の舞台ともなった、レトロムード漂う昭和の温泉街があり、湯冷ましの街歩きも郷愁を誘います。



2.ペットと楽しめる町

「伊豆高原はイヌ高原」と言われるほど愛犬家の聖地として知られ、ペット施設が充実した観光地です。愛犬と一緒に泊まれる宿泊施設は勿論、愛犬も入れるレストランやカフェも多く、ドッグランなども各所に設けられています。



2-1.伊東マリンタウン
伊東マリンタウン

海沿いの国道135号線にあるドライブインで、2002年に道の駅に登録されて以来人気のスポットとなっています。海側にはヨットマリーナも併設し、カラフルな外観とともにレジャー感を満喫できるテーマパークのような休憩所です。


ここでは地元の海鮮料理や館内の温泉スパが楽しめるだけでなく、愛犬と一緒に楽しめる施設も充実し、愛犬専用の足湯や、愛犬と入れるレストラン「伊豆太郎」「伊豆高原ビール」などもあります。



2-2.愛犬の駅

2016年に伊豆高原にオープンした愛犬家御用達の休憩所で、屋外と屋内にドッグランを備え、愛犬と楽しめる飲食店、ショップなどもあり、まさに「犬様の道の駅」とも言えるドライブインです。



2-3.ペットと一緒に参拝できる神祇大社
ペットと一緒に参拝できる神祇大社

城ケ崎海岸からすぐ近くに、ペットと一緒に参拝できる神社「神祇大社」があります。本殿から海や伊豆高原が一望できる眺めのいい神社です。神社に入る前に身を清める「お清めの水」が、犬専用にも用意されており、ペット専用の犬型の絵馬やお守りを買って愛犬の健康と幸福を願うことができるのです。



3.動物と出会える施設

伊東には犬だけでなく、その他の動物も訪れる人を歓迎してくれる施設が沢山あります。



3-1.カピバラに出会える伊豆シャボテン動物公園
カピバラに出会える伊豆シャボテン動物公園

1959年に開園したサボテンや多肉植物を集めた植物園で、中ではカンガルーやカピバラなども飼育されており、中でもカピバラが温泉につかる入浴シーンはメディアにも取り上げられ人気のコーナーです。他にも、チンパンジーやリスザルなど多様な動物に出会え、子供達に人気の観光スポットになっています。



3-2.猫の博物館

近年犬よりペット飼育が上回っている猫人気ですが、愛猫家に是非足を運んでほしい博物館が伊豆高原にあります。猫の博物館では絶滅種の貴重な標本、トラ・ライオンなど世界の野生ネコ38種類がジオラマで展示された「野生ネコの世界」、猫に纏わる美術品・工芸品・おもちゃなどが展示された「ねこの美術館」などが楽しめます。中でも世界の20種類の猫40匹と触れ合えるコーナーは大人気で、猫好きたちで賑わっています。



3-3.伊東マリンタウンの猿回し
伊東マリンタウンの猿回し

上記でご紹介した道の駅「伊東マリンタウン」では、猿の見事な演技を無料で楽しめます。おちゃめでコケティッシュな猿と人とのやり取りが会場を笑いの渦に誘います。



4.城ケ崎海岸

城ケ崎海岸

4-1.城ケ崎海岸とは

伊東市の南西に位置する火山噴火の溶岩でできた2kmの海岸線で、岬と入り江が織りなす大自然の絶景は伊豆を代表する観光名所になっています。海岸沿いには9kmの遊歩道が整備され、この地ならではの季節折々の植物が楽しめるハイキングコースにもなっています。



4-2.門脇吊橋
門脇吊橋

「半四郎落し」と呼ばれる海蝕洞と門脇岬の間は4000年前の大室火山の溶岩流によってできた窪地で、その間に架けられた門脇吊橋は長さ48m、高さ23mのスリル満点の絶景スポットとなっています。1968年に市によって設置された後、1982年に大改築が施工され、1997年に全面の架け替えが行われています。



4-3.門脇埼灯台
門脇埼灯台

1960年に城ケ崎公園に建設された高さ約25mの白塔形の灯台で、1995年の改築工事で展望台が設置されました。展望台は30名を収容できる第1展望台と、60名を収容できる第2展望台がありますが、17mの高さにある第1展望台からは、伊豆七島や天城連山を臨むことができます。



5.まとめ

日本でも有数の国際観光温泉文化都市として日本の温泉文化を牽引する観光地伊東市は、上質な温泉資源だけに甘んじることなく、豊富な観光収入と自然資源を有効に活用し、国内外から訪れる観光客を楽しませる努力が随所に感じられる優良観光都市です。動物好きな人ならきっとリピーターになる伊東温泉に、愛する家族やペットと一緒に出かけてみませんか?



6.基本情報

【伊東温泉】

住所: 〒414-0002 静岡県伊東市湯川572-12

アクセス: JR「伊東駅」下車 徒歩約24分

駐車場: あり 有料

公式サイト: http://itospa.com/spa/


【城ケ崎海岸・門脇吊橋】

住所: 伊東市富戸837 

アクセス: 伊豆急行「城ヶ崎海岸駅」下車 徒歩約25分

駐車場: あり/伊豆高原駅周辺(有料)、橋立観光駐車場(無料)

公式サイト: https://itospa.com/nature_park/np_zyogasaki/

エリカ・ド・ラ・シャルモント

エリカ・ド・ラ・シャルモント女性 | 30代

英国在住後、フランスのパリに在住。
旅行、ドライブは趣味で世界中を駆け回っています。
仏人夫と頻繁に日本にも帰国し、日本各地の魅力を再発見しています。

最終更新日:2020.01.08

  • 観光名所・史跡
  • 美術館・博物館
  • 温泉
  • 動植物園・水族館
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
  • ホーム
  • コラム
  • 温泉だけじゃない! 家族で楽しめる動物&自然のテーマパークが盛り沢山!
pagetop