こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

コラム

新型コロナウイルス (COVID-19)の影響で、施設によっては休館中または営業時間を変更している場合があります。

ご訪問の前には施設の公式サイトをご確認いただき、ご訪問時には十分お気をつけください。

今、富山がアツい!春が見どころの呉西に行ってきました!

富山市街地を含む、呉西エリア。

中心地ということもあり、呉西にはおすすめの観光スポットが多くあります。

特に春は気候が良いほか、海の幸、花など見どころが満載!

今回はまさにその春をめがけて呉西に行ってきました!

心もお腹も満たされた呉西での旅行体験談をご紹介していきます。

是非ご覧ください!



目次
  1. 1.春の呉西といえば砺波チューリップ公園
  2. 1-1.砺波ICより車で5分の近場
  3. 1-2. 300万本のチューリップに感動!
  4. 1-3.変わり種チューリップも
  5. 1-4.チューリップソフトが美味しい
  6. 1-5.施設概要
  1. 2.続いて海王丸パークへ!
  2. 2-1.潮風が気持ちいい海浜公園
  3. 2-2.現役のままの海王丸の内部へ!
  4. 2-3.マストや船員の部屋など見どころ満載
  5. 2-4.解説も親切
  6. 2-5.施設概要
  1. 3.呉西のグルメ
  2. 3-1.真っ黒なラーメン「富山ブラック」
  3. 3-2.富山の魚介が楽しめる「寿司栄 総曲輪店」
  4. 3-3.世界一美しい「スターバックス」
  1. 4.まとめ

1.春の呉西といえば砺波チューリップ公園

春の呉西といえば砺波チューリップ公園


1-1.砺波ICより車で5分の近場
砺波ICより車で5分の近場

砺波チューリップ公園は、砺波ICより車で5分の場所にあります。

ここはその名の通りチューリップが見どころの公園。

開花の時期になると「チューリップフェア」と呼ばれるお祭りを開催します。

私が訪れたのは丁度チューリップフェアの時期。

多くの人で賑わっていました。

砺波駅から無料のバスも出ているようで、バス停にも多くの人が並んでいました。



1-2.300万本のチューリップに感動!
300万本のチューリップに感動!

この公園にはなんと300万本のチューリップが植えられているんだとか!

実際に入ってみるとそのすごさが一目瞭然!

どこもかしこも色とりどりのチューリップで埋め尽くされています!

間違いなく人生で一番多くのチューリップを目にした瞬間でした。

園内には色々なエリアがあり、写真を撮るにも飽きません。

ちなみに上の写真は「花の大谷」と呼ばれるエリアです。

他にも池の上に咲くチューリップやチューリップの地上絵など、趣向を凝らした展示がたくさんありました!


300万本のチューリップに感動!2


1-3.変わり種チューリップも
変わり種チューリップも

本数もさることながら、チューリップの品種も見どころです。

よく見ると、見たことのないようなチューリップがたくさん咲いています!

写真のように茎がぐにゃっと曲がっているタイプのチューリップなど、あまり見かけないようなものも多数。


変わり種チューリップも2

ちなみに展示の仕方も面白く、このようにチューリップが咲き誇る部屋全体を万華鏡で見ることも出来ます!

園内は広いのですが、飽きずに楽しみながらまわることができます。



1-4. チューリップソフトが美味しい
チューリップソフトが美味しい

砺波チューリップ園の中には軽食を食べられる場所もあります。

学食のように、食券を買ってカウンターで並んで注文する形式の簡単な食堂です。

カレーやカツ丼といった定番メニューもある中、見つけたのは「チューリップソフト」というちょっと変わったソフトクリーム。

これはと思って早速注文しました。

薄いピンクでかわいらしい色のソフトクリームです。

お味の方はというと、ローズのような印象でした。

ミルクの甘みの中にほんのり花由来の香りが添えられた上品な味です!

行った際には是非食べてみて下さいね。



1-5.施設概要

住所: 〒939-1382 富山県砺波市花園町1−32

アクセス: 砺波ICより車で5分 砺波駅より無料シャトルバスで約5分

営業時間:24時間

入場料: ※期間中のみ 大人1,000円 子供300円

公式サイト: http://fair.tulipfair.or.jp/



2.続いて海王丸パークへ!


続いて海王丸パークへ!


2-1.潮風が気持ちいい海浜公園
潮風が気持ちいい海浜公園

続いて訪れたのは海王丸パークと呼ばれる海浜公園です。

ここは富山湾に面する公園で、射水市内にあります。

今回は車で訪れたので近くの無料駐車場を使用しました。

また、「海王丸駅」も近いので電車で訪れることも出来そうです!

ここには海王丸という船がありますが見どころはそれだけではありません。

開けた岸辺でフリーマーケットや屋台が並ぶなど、多くの人が憩う公園なのです。



2-2.現役のままの海王丸の内部へ!
現役のままの海王丸の内部へ!

海王丸はなんと内部に入ることができます!

ちなみにこの船は商船学校の練習船として造られた船です。

昭和5年に進水。

その後多くの海兵を育て、ここに現役の姿のまま公開されているのです。

非常に大きな船で、間近で見ると圧巻のスケール!

入り口で入場券を買って、いざ内部へ入ってみます!



2-3.マストや船員の部屋など見どころ満載
マストや船員の部屋など見どころ満載

大きな海王丸はとにかく中も広く、見どころがたくさんあります!

船室から海兵の宿泊する部屋、そして航海士の宿泊する部屋など、内部も当時のまま残されています。

内部はきちんと順路が敷かれており、したがって歩くだけでもれなく見学が出来ます。

中には水兵さんの帽子をかぶって記念写真を撮れるコーナーも!

さらに甲板に出れば本物の舵があり、上にはマストが帆を広げています。

普段は見ることのできない船の中にテンションも上がりました!



2-4.解説も親切
解説も親切

ちなみに、素人が内部に入っても何が何だかよくわかりません。

しかしここではそれぞれの部屋やアイテムなどに解説パネルがつけられています。

これがとても親切!

何がどんな役割を果たすアイテムなのか、よくわかりました。

もちろん船の知識は全くないのでこの親切な解説に助けてもらいながら、中をじっくりと見て回ることが出来ました!



2-5.施設概要
施設概要

住所: 〒934-0023 富山県射水市海王町8

アクセス: 万葉線「海王丸駅」よりすぐ

営業時間:24時間(海王丸の内部見学:大人400円 子供200円)

入場料: 無料

公式サイト: http://www.kaiwomaru.jp



3. 呉西のグルメ

3-1. 真っ黒なラーメン「富山ブラック」
呉西のグルメ

近年、ご当地B級グルメなどが流行しています。

その中でも知名度の高い富山のグルメがこの「富山ブラック」

ラーメンであるにも関わらずスープは真っ黒!

その名の通りブラックです。この色は何なのかというと、「醤油」。

そのため何はともあれしょっぱいと評判の富山ブラック。

今回は富山駅前の有名店「麵屋いろは」さんでごちそうになりました。

相当しょっぱいものを想定していざ実食!

しかし、「普通に美味しい」というのが正直な感想です。

どうやらここのお店の富山ブラックは比較的マイルドに味を調整している様子。

誰でも食べやすい美味しい醤油ラーメンでした。

元々は労働する人にむけて塩分補給のために作られた富山ブラック。

現在は一般ウケする味になっているものの、歴史の長いお店などではご飯を食べずにはいられないくらいしょっぱい富山ブラックが食べられるそうですよ!



3-2. 富山の魚介が楽しめる「寿司栄 総曲輪店」
富山の魚介が楽しめる「寿司栄 総曲輪店」

富山と言えば富山湾でとれる美味しい魚介!

そんな魚介を一番おいしく食べる方法、それが寿司です。

素材の味を楽しむには生で、そして寿司で食べるしかありません!

そこで今回は富山駅からも近い「寿司栄 総曲輪店」さんに行ってきました!

ここは超人気の名店で、5時開店のところを5時半に到着した時点で既に7人待ちの状態。

そして20分程度待機してようやくカウンターへ!

やっぱり富山と言えば白エビやホタルイカ。

富山三昧といった名前の貫盛りを注文。


富山の魚介が楽しめる「寿司栄 総曲輪店」2

結論から言うと、ものすごく美味しかったです。箸が止まらないのなんの。

関東と富山は100円寿司のクオリティーさえ違うといわれる理由が分かりました。

個人的にはナマコのぶつ切り軍艦が珍しくて、美味しかったのでお気に入りです。


富山の魚介が楽しめる「寿司栄 総曲輪店」3

富山に訪れた際にはぜひぜひ行ってみて下さい!



3-3.世界一美しい「スターバックス」
世界一美しい「スターバックス」

富山県には「世界一美しいスタバ」があるのをご存じですか?

実は富山環水公園と呼ばれる公園内にそのスタバはあるんです!

この公園内には大きな運河が流れ、緑も豊かで非常にのどかな雰囲気。

外国的な情緒も感じます。

そんな運河を眺めながら優雅にティータイムを過ごせるのがこのスタバ。

ガラス張りのスタバで、テラス席も完備。

環水公園のお洒落な雰囲気になんとも馴染んでいます。

ちなみに行ったのがゴールデンウィークだったのもあり、朝イチから行列が出来ていました。

外観だけ見て今回は入りませんでしたが、時間の余裕があれば実際にテラス席などでコーヒーを飲みたかったなぁと後悔しています…。



4.まとめ

富山県呉西エリアの体験談をご紹介しました。

どこに行ってものどかで美しい景色があり、関東から移住したくなりました。

美味しい魚介に綺麗な景色。

ここだけのゆったりとした時間が流れているようにも思えます。

是非富山に来た際には、ご紹介したスポットへ足を運んでみてくださいね。

かなだこはる

かなだこはる女性 | 20代

旅好き女子のライターです!自然と触れ合えるところや、フォトジェニックな場所を転々としています。
旅したスポットの良さを皆さんに伝えられるように発信していきます!

最終更新日:2020.05.14

  • 観光名所・史跡
  • グルメ
  • 公園
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
  • ホーム
  • コラム
  • 今、富山がアツい!春が見どころの呉西に行ってきました!
pagetop