こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

コラム

新型コロナウイルス (COVID-19)の影響で、施設によっては休館中または営業時間を変更している場合があります。

ご訪問の前には施設の公式サイトをご確認いただき、ご訪問時には十分お気をつけください。

近江八幡市のおすすめスポット8選!八幡堀を散策し近江商人のルーツを訪ねる

近江八幡市のおすすめスポット8選!八幡堀を散策し近江商人のルーツを訪ねる

近江商人はどのようにして近江八幡に繁栄をもたらしたのか?

八幡堀の水郷を歩きながら考えました。

なぜなら、そこはテーマパークのようにきれいだったから。

八幡堀の水郷

歩いているだけでワクワクする。
水面の木の葉でさえ、楽しく泳いでいるように見えます。

近江商人が日本全国に繁栄をもたらした要因はなにか?

それを辿っていくと、豊臣秀次(とよとみひでつぐ)の政策と特異な人生が基盤にあることがわかります。貿易インフラが整っていたからこそ、近江商人の優れた思想と実践が実ったのです。

今回は近江商人の歴史を追いながら、近江八幡市の重層的な魅力を伝えます。

1. たった5年の間に作られた八幡堀

たった5年の間に作られた八幡堀

初秋の午前8時。草木に水滴がしたたる時刻。すれ違う人はほとんどなく、カメラを持った単身旅行者がちらほら。橋の上を地元の軽自動車が移動します。水面に映る紅葉。鳥の鳴き声。

八幡堀は18才の豊臣秀次(とよとみひでつぐ)が築きました。

たった5年の間に作られた八幡堀2

天正13年(1585年)、長宗我部元親が降伏します。すると豊臣秀吉から与えられた領地に、秀次は八幡城と八幡堀、城下町を造り始めます。安土から職人と町人を呼び、碁盤の目の街並みを整備し、琵琶湖畔を埋め、八幡堀を作ったのです。

目的は、八幡山城の軍事的防御と水運物流のコントロール。

5年後、秀次は清洲城(愛知県清須市)に転居します。つまり、このたった5年の間に実行された政策がのちの近江商人を生む基礎になるのです。

たった5年の間に作られた八幡堀3

秀次は歴史の渦中を進みます。清洲城に移り住んでから5年後の文禄4年(1595年)。秀次は切腹します。28歳でした。

八幡郷の静謐な水郷を歩くと、景観の美しさに目を奪われます。ですがそこは、ほんの数百年前まで、日本の政治と経済の一大拠点だったのです。

2. 歴史の深さを感じる日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)

歴史の深さを感じる日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)

近江八幡に行ったら、日牟禮八幡宮に足を運ぶことをおすすめします。なぜなら、決して大きいとは言えないこの神社。境内に入ると、荘厳さ・親しみやすさ・歴史の深さを同時に感じることができるのです。

第13代成務天皇(せいむてんのう)が大嶋大神を祀ったことが創始(西暦131年)と伝わる日牟禮八幡宮。そして、275年に起源をもつ八幡まつり。織田信長の亡き後、安土から移住した人々によって始まった左義長まつり

歴史の深さを感じる日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)2

この土地は長い間、権力者から愛されてきたことが分かります。

おもしろいのは敷地内部が階段状になっていて、奥に行くと、より古い神社が控えていること。そして中央部が舞台のようになっているのです。

歴史の深さを感じる日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)3

訪れたとき境内では、きれいな盆栽と菊が飾られていました。

地元の幼稚園児や小学生から団体のビジネスパーソンまで参拝しにくる神社。周囲のご神木も見事です。

3. 瑞龍寺の移築に合わせて開業。八幡山ロープウェー

瑞龍寺の移築に合わせて開業。八幡山ロープウェー

往復チケット890円を販売機で購入し、八幡山ロープウェーに乗ります。午後3時の乗客は2組の日本人夫婦だけでした。1961年、瑞龍寺が山頂に移築。その翌年、八幡山ロープウェーが営業をはじめます。

瑞龍寺の移築に合わせて開業。八幡山ロープウェー2

穏やかな時間が流れています。

公式ホームページ:八幡山ロープウェー
営業時間:年中無休(9:00-17:00)
※上り最終16:30。毎時15分間隔で運行

4. 秀次を弔うお寺。村雲御所瑞龍寺

秀次を弔うお寺。村雲御所瑞龍寺

天正13年(1585年)に豊臣秀次は八幡山城を築城。その10年後、秀次は豊臣秀吉に反逆の罪を着せられます。そして高野山へ監禁ののち、切腹することになるのです。

秀吉の姉であり秀次の母、日秀尼(にっしゅうに)は、秀次を弔うためにお寺を建立します。

秀次を弔うお寺。村雲御所瑞龍寺2

そのお寺は昭和36年(1961年)に、ここへ移築されるまで、京都の村雲にありました。
「村雲御所瑞龍寺」という名称がついているのはそのためです。

秀次を弔うお寺。村雲御所瑞龍寺3

境内には、人に大切にされている猫たちがのんびり歩いていました。

5. 琵琶湖の向こう側まで見える八幡山城跡

琵琶湖の向こう側まで見える八幡山城跡

平野にそびえる八幡山からの景色。

琵琶湖の向こう側まで見える八幡山城跡2
琵琶湖の向こう側まで見える八幡山城跡3

見晴らしのよい平野に築城された和歌山城とは印象が全く違います。八幡山城は秀次の切腹とともに取り壊され、現存する石垣は草木に覆われていました。

6. 文明開化の音がする白雲館

文明開化の音がする白雲館

日牟禮八幡宮の鳥居の向かい側に建っています。もともとは、1877年(明治10年)に近江商人の寄付によって建てられた小学校。

文明開化の音がする白雲館2

現在は旅行者のインフォメーションセンター。パンフレットがたくさん並んでいて、市バスの停留所もあります。情報収集や待ち合わせにも便利です。

文明開化の音がする白雲館3

擬洋風建築(ぎようふうけんちく)という明治の文明開化の時代に流行した様式。特徴は、日本の大工棟梁が外国建築の要素を取り入れて施工したという点。

どこか親しみやすさが漂います。

7. 八幡伝統的建造物群保存地区

八幡伝統的建造物群保存地区

中心的な近江商人の町並みは2つ。

新町通り
永原町通り

八幡伝統的建造物群保存地区2

とてもきれいに掃除され、解説の看板も数多く設置されています。

近江商人は日本三大商人にも名を連ねました。

大阪商人
伊勢商人
近江商人

そこからさらに、近江商人は4つに分かれます。

高島商人
湖東商人
日野商人
八幡商人

近江商人の特徴は販路を全国展開した流通革命。そして、思想にまで発展した商売への考え方でした。三方よし・質素倹約・陰徳善事など、現在の日本人にも浸透している言葉を実践します。

高島屋、西武鉄道、伊藤忠商事・丸紅、ワコール、東レ、武田薬品工業など、ルーツをたどると近江商人に行き着きます。

近江商人の卓越した思想と実践。
それはこの街から生まれ、今も私達の経済と繋がっています。

近江八幡市立資料館(郷土資料館)

近江八幡市立資料館(郷土資料館)

新町通りにある資料館。元八幡警察署(ヴォーリズ建築)を保全した建物です。もともとは近江商人、西村太郎右衛門の屋敷が建っていました。入館料300円。

旧西川家住宅

旧西川家住宅

約300年続いた西川利右衛門の屋敷です。蚊帳・畳表を商材として、日本各地に販路を持ちました。新町通りに面していて、きれいに保全されています。300円で入館可能。

旧伴家住宅(八幡教育会館)

旧伴家住宅(八幡教育会館)

麻布・畳表・蚊帳を扱った八幡商人の屋敷。旧西川家住宅のすぐ近く。当時のこの地区の繁栄を想像すると、静かな歩道に喧騒が蘇るようです。400円で入館できます。

8. 街並みが一望できる八幡公園

街並みが一望できる八幡公園

日牟禮八幡宮から少し歩くと八幡公園に辿り着きます。石垣が残っていて、上まで登ると、近江八幡の街並みが一望できます。きれいな街並みです。

街並みが一望できる八幡公園2

ここから山道を登ると、八幡山ロープウェーの真下に辿り着きました。反対方向に歩けば、八幡山山頂に辿り着くかもしれません。

9. 歴史の想像力を広げたくなる街。近江八幡市

歴史の想像力を広げたくなる街。近江八幡市

近江八幡市を歩いていると、歴史の想像力を広げたくなります。

もし豊臣秀次が生きていたら。
さらに織田信長が生きていたら。

安土城から近江八幡に至るこのエリアが、日本の中心地となっていたかもしれません。

京都、大阪、神戸。それら関西を統一する近江八幡。

みたいに。

古代から親しまれる日牟禮八幡宮。
安土桃山時代の転換点に立った豊臣秀次と八幡山城。
江戸時代に近江商人が繁栄させた八幡堀と思想。
そして近代に登場するヴォーリズ建築

それら全てが今も共存しているところに、近江八幡市の重層的な魅力があります。

10. おすすめルート要約

おすすめルート要約

資料館や見学可能な家が多い近江八幡。すべてを見学すると時間が足りません。あらかじめ見学するスポットを2~4ヶ所挙げておくことをおすすめします。

そのうえで、おすすめのスポットは下記の3つ。

・八幡堀
・日牟禮八幡宮
・近江商人の町並み

ここだけなら2時間前後で歩いて回れるでしょう。そして、これらを歩くと、ほかのスポットも通り過ぎます。

日牟禮八幡宮の正面「白雲館」で気になるパンフレットをいただいてから歩くのがおすすめ。散策が楽で楽しくなります。

気の赴くままの散策を楽しめる街並み。予定を立てずに歩くのもいいかも。

近江八幡市は、旅行者にそう思わせる魅力的な街でした。

島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

最終更新日:2020.04.01

  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 神社仏閣
  • 公園
  • 自然・散策
近江八幡は、あまり遠くないのにまだ行ったことが無い場所のひとつです。
以前、盛岡に行った時に、タクシーの運転手さんが「盛岡の方は近江商人に本当に感謝している」とおっしゃっていたのを思い出しました。
八幡堀も本当に素敵そうですね!近いうちに行ってみたいと思います。
近江商人の町並みも素敵ですが、近江牛、たねや、クラブハリエなど食の楽しみもあって本当にいい所です!
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
  • ホーム
  • コラム
  • 近江八幡市のおすすめスポット8選!八幡堀を散策し近江商人のルーツを訪ねる
pagetop