こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

ログインしてください

コラム

札幌市円山動物園の見どころ4選!ゾウやシロクマに癒される至福の時間!

札幌市円山動物園の見どころ4選!ゾウやシロクマに癒される至福の時間!

北海道の動物園と言えば「旭山動物園」が有名ですが、「札幌市円山動物園」もたくさんの動物が可愛らしい姿を見せるおすすめの動物園。近年も新たなゾーンを開拓中で、施設内には子どもたちが遊べる遊具スペースもあり、親子連れの憩いの場になっています。入園料は大人1人600円(2019年10月現在)、中学生以下は無料!札幌市円山動物園の見どころを、筆者・飯島が主観で楽しかった順にまとめました!



目次
  1. 1.北海道初の動物園「札幌市円山動物園」
  2. 1-1.札幌市円山動物園のアクセス
  3. 1-2.札幌市円山動物園の駐車場
  1. 2.札幌市円山動物園の動物たちと見どころ
  2. 2-1.ゆっくりゾウを知るゾウ舎
  3. 2-2.ホッキョクグマ館でアザラシにメロメロ
  4. 2-3.ライオンやカバがかっこいいアフリカゾーン
  5. 2-4.モンキーハウスでは猿が声のケンカ?!
  1. 3.札幌市円山動物園の見どころは動物たち以外にもあり
  2. 3-1.ランチができるお店が園内にたくさんある
  3. 3-2.フォトスポットだけじゃなくオリジナルプリクラも!
  1. まとめ:札幌市円山動物園で動物に癒されよう

1.北海道初の動物園「札幌市円山動物園」

北海道初の動物園「札幌市円山動物園」

「札幌市円山動物園」ができたきっかけは、戦後の移動動物園でした。移動動物園で札幌市に来たのは上野動物園。多くの人が感激し、動物園の建設を希望し、なんと移動動物園が来た翌年、1951年に札幌市円山動物園が開園しました。それから60年以上の歴史を有し、今も進化を続けています。

北海道初の動物園「札幌市円山動物園」2

今回飯島は、ある初夏の平日15時過ぎに訪れました。声を大にして言いたいのは、「もっと早く行くべし」。なぜなら、夕方近くだと動物たちも炎天下のファンサービスに疲れているから!獣舎に帰りたい空気を盛大に醸し出す動物たちでした。お昼前後は親子連れで混み合うかなと思い敢えて避けたのですが、皆様には14時前頃までの訪問をおすすめします


1-1.札幌市円山動物園のアクセス
札幌市円山動物園のアクセス

札幌市円山動物園へのおすすめアクセスは、地下鉄大通駅から東西線で地下鉄円山公園へ移動し、バスへ乗り継ぐ方法です。駅から徒歩で約15分ですが、なだらかな坂道が続くのでバスがおすすめ。地下鉄が約7分、バスが約7分です。

車で訪問する場合は、札幌市中心部から西へ、南1条通りを目指して進みます。札幌駅前から続く北5条・手稲通りか、さらに南の県道124号線が、ひたすら真っ直ぐ進めておすすめ。県道124号線上では、ビル街に建つ北海道神宮第一鳥居を見ることができますよ。車でのアクセスの所要時間は、15~20分です。


1-2.札幌市円山動物園の駐車場
札幌市円山動物園の駐車場

駐車場は、円山公園駐車場を利用します。と言っても、円山動物園のすぐ隣に円山公園第一駐車場があり、約683台駐車可能です。近いし広いしとっても便利。駐車料金は普通車700円です(2019年現在)。坂道を下ったところにある「円山球場」の横に円山公園第二駐車場があり、こちらは276台駐車できます。動物園の専用駐車場ではありませんが、公園の駐車場が大規模なので駐車場できないということはまずないです。



2.札幌市円山動物園の動物たちと見どころ

縦長に広がる札幌市円山動物園は、ゆるい坂道を上りながら順路を進みます。中央付近にあるサル山は、お猿さんを見ながら小休憩できるカフェスペースを併設。ほかにも緑に囲まれたベンチや写真スポットがあり、休憩を取りながら穏やかにまわることができます。動物たちの見どころを厳選して紹介します。



2-1.ゆっくりゾウを知るゾウ舎
ゆっくりゾウを知るゾウ舎

園内の左手奥にあるのがゾウ舎。園内でも特に広い敷地を使っています。建物の中が螺旋式の通路になっていて、広い飼育スペースで思い思いに過ごすゾウをいろいろな場所から見られます。通路にあるパネル展示も見どころ。ゾウの生体を学ぶことができますよ。途中には、ゾウの鼻に捕まっているかのような写真が撮れるオブジェもあって、子どもたちに大人気でした。大きくゆったりと動くゾウを、間近でベンチに座って眺められるのがいい!ゾウは危険な動物だけど可愛く見えてくるから不思議です。


2-2.ホッキョクグマ館でアザラシにメロメロ
ホッキョクグマ館でアザラシにメロメロ

園内の一番奥にあるのが、泳ぐホッキョクグマを水中トンネルから見られるホッキョクグマ館です。残念ながらホッキョクグマは泳いでいなかったのですが、その分愛想を振りまいていたのがアザラシです!同じ岩穴を何度もくぐったりして気持ちよさそうに泳ぐ姿にメロメロに。屋外に出て上から水槽を覗くと、先ほどのアザラシがひょっこりと顔を出しました。絶対追いかけて来てる!「見てみてー」と言いながらくるくる泳いでいるかのようなアザラシの姿は、飯島一押しの見どころです。


2-3.ライオンやカバがかっこいいアフリカゾーン
ライオンやカバがかっこいいアフリカゾーン

ライオンやカバ、キリンなど、日本で生活していると到底出会うことのないアフリカの動物たちを見るのがアフリカゾーン。閉園が近づいているため動物たちは獣舎で既に一休み中でした。野生ならサバンナを走り回っているであろう動物たちの、穏やかな表情が見どころです。のんびり毛づくろい中のライオンには、獰猛なことを忘れてもふもふしたくなり。舌をはみ出したまま寝ている虎に、やはりもふもふしたくなり。草をはむエランド(牛と馬が合体したようなベージュのきれいな動物!)やシマウマには、「美しい毛並みだね」と話しかけ。外でマイペースにお散歩中のキリンは、カメラ目線の写真が撮れるまで格闘しました(結局撮れず)。普段は絶対に見られない動物を、近くで話しかけながら鑑賞できる、心が躍るゾーンでした。



2-4.モンキーハウスでは猿が声のケンカ?!
モンキーハウスでは猿が声のケンカ?!

動きや鳴き声、表情まで興味深く見たのが、モンキーハウス。ライオンキングに長老の猿として登場するマンドリルや、白黒の毛並みがパンダで体のフォルムはタヌキのようなエリマキキツネザル、お尻丸出しで四つ足歩行している犬のようなドグェラヒヒなどの猿たちがいます。オラウータンは類人猿館に、チンパンジーはチンパンジー館に、ニホンザルはサル山にいるので、また違う種類の小型の猿たちが一挙に見られるエリアです。

見どころはゲージを超えたサルたちの交流(?)です。一番元気なエリマキキツネザルが大きな声で終始鳴いていました。すると、ほかの猿たちが対抗!姿は見えないのに「負けない!」「私の方が元気!」と鳴きます。それをさらりと流すマンドリルと、我関せずのドグェラヒヒ。写真はドグェラヒヒのゲージですが、3匹が木の上をずーっとぐるぐると回り続けていました。何を考えているのか、思考がわかるなら覗いてみたい!

元気いっぱいで人々を惹きつけるモンキーハウス、必見です。



3.札幌市円山動物園の見どころは動物たち以外にもあり

広い敷地内を、順路に沿ってゆっくり動物を見てまわれる円山動物園。ちょっと一休みしたいなというところにちょうど良くベンチが登場しますが、そこには先客が。それはアンパンマンの仲間たちでした。子どもたちの大人気のベンチでちょっと休憩。日向ぼっこが格別な緑あふれる環境です。円山動物園の園内施設を紹介します。



3-1.ランチができるお店が園内にたくさんある
ランチができるお店が園内にたくさんある

動物園に行く時に心配なのがランチですよね。お昼をまたいで観光する場合には、お店はあるのか、混雑して利用できなくならないか、お弁当を持参した方がいいかなど迷います。円山動物園の中には、食事をできるスポットが5つ以上あるから安心です。名物は揚げパンで、西門そばにある「オフィシャルステーション」やモンキーハウスの手前にある「ネイチャーカフェ・アース」などで食べられます。ネイチャーカフェ・アースでは食事メニューのほかにパンケーキやパフェなどのスイーツも♪第一レストハウスの中にある「ダニーズレストラン」では、フランス人シェフが作るガレットがいただけます。26席とほかのランチスポットより少し小さめだけどおすすめですよ。



3-2.お土産だけじゃなくオリジナル写真も!
お土産だけじゃなくオリジナル写真も!

可愛い動物が目白押しの円山動物園、カメラを構える回数も自然と多くなります。動物たちだけでなく、自分たちの記念写真を撮る場所もたくさんあるので、チェックしてみてくださいね。また、西門すぐには来園記念の日付が入った円山動物園オリジナルの写真を撮れる機械が!証明写真用の撮影スペースに大人二人が無理やり入って撮影し、愛くるしいシロクマの姿と一緒にプリントされてきました。すぐに思い出の写真がゲットできるのが嬉しい!所狭しと並ぶお土産も見逃せないけど、記念の一枚をぜひ撮影してくださいね。


まとめ:札幌市円山動物園で動物に癒されよう

まとめ:札幌市円山動物園で動物に癒されよう

札幌市民に愛される癒しのスポット、札幌市円山動物園。年間パスポートを購入して足しげく通うファンもいるようです。動物たちの姿や清々しい環境が、ファンをたくさん生み出すのも納得できます。これだけの充実した施設で入園料600円は、コスパ抜群!札幌の絶景スポット「大倉山ジャンプ競技場」も近いので、ぜひ合わせて観光してください。

飯島かさほ

飯島かさほ女性 | 30代

旅とグルメをこよなく愛する旅ライター飯島です!ときには愛車を飛ばし、ときには飛行機や電車を乗り継ぎ、各地を旅しています。旅の終わりに温泉に浸かるのが最高の癒し♪

最終更新日:2020.01.16

  • 動植物園・水族館
  • 遊園地・テーマパーク
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
  • ホーム
  • コラム
  • 札幌市円山動物園の見どころ4選!ゾウやシロクマに癒される至福の時間!
pagetop