こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん

ログインしてください

コラム

名古屋の定番観光スポット名古屋城って?

 

 

誰もが知っている名古屋城

名古屋城が徳川家にまつわる城であることを知っている人は多いかと思います。

ただ、その歴史や見どころなどをご存知の方はあまり多くはないのではないでしょうか?

そこで、今回は名古屋城を観光するにあたり、知っておきたいことをご紹介します。

 

目次

 

1.行く前に知っておきたい、名古屋城

観光を思いっきり楽しむためにはやはり、自分が行く観光地の情報を事前に調べておくことです。

そうすることで、見るべきポイントがわかったり、より中身の濃い観光をすることができます。

 

1-1.歴史

 

 

名古屋城は1607年の徳川家康の命により築城されました。

1610年に築城が始まり、わずか3ヶ月ほどで天守台の石垣が完成し、2年後の1612年には2つの天守閣が完成しました。

そして1615年に本丸御殿が完成し、現在の名古屋城の姿となったのです。

 

築城開始の1607年から徳川家康の九男、義直が名古屋城の藩主となりました。

ただ、このとき義直はまだ幼かったため、義直が17歳になるまで家老の平岩親吉が政務を行っていました。

義直の後も家康の子孫が主に家督を相続。

1870年に徳川慶勝が新幕府に名古屋城破却を申し出るまで250年以上名古屋城は使われていました。

 

また、この長い江戸時代の間に名古屋城は何度か修繕されています。

1669年~1740年までの間には天守の修繕や瓦の手入れなど様々な修理が度々行われました。

築城から100年以上が経過した1752年には、「宝暦の大改修」と呼ばれる大規模な修繕が行われました。

これは、天守閣の土台である石垣が重みで沈んでしまい、天守が傾いてしまったためです。

宝暦の大改修では、土台の工事だけではなく、天守そのものも一部修繕を行いました。

 

1-2.建築

名古屋城は戦国時代の他の城と比べるとシンプルな設計になっています。

しかし、シンプルでありながらも敵が攻撃を仕掛けにくいようになっており、城の防御力は強固なものでした。

これは、

・馬出が本丸の東と南にあったこと

・馬出と本丸を囲むようになっている二之丸、御深井丸、西之丸がそれぞれ独立していたこと

・二之丸、御深井丸、西之丸の間が幅の狭い土橋で連結させたこと

など工夫の凝らされた城内になっていたからです。

 

2.名古屋城を歩く

ここでは名古屋城の主な名所をご紹介します。

 

2-1.本丸御殿(復元)

 

 

1615年に完成した本丸御殿は障壁画や金具など豪華なつくりとなっており、当時の最先端の技術を駆使してできたと言われています。

1930年には国宝に指定されましたが、1945年の第二次世界大戦の空襲により焼失

しかし、築城当時の本丸御殿の図面や記録などが残っていたため、2018年に忠実に再現された本丸御殿が完成しました。

 

特に表書院は当時最も格式高い間として使われていた部屋です。

この部屋は藩主と正式に会うときに主に使われいました。

全部で5部屋からなる表書院は黄金のふすまや壁に松などの画が描かれています。

 

2-2.二之丸庭園

二之丸庭園は二の丸御殿の北側にある庭園です。

その面積はなんと約3万平方メートルと広大で、藩主が居住した御殿の庭園の中では日本一の大きさです。

儒教の影響を大きく受けたこの庭園には茶屋なども設置されています。

明治時代に、庭園の一部が取り壊されてしまいましたが、北御庭は取り払われることなく残されました。

1953年には県の名勝にも指定されています。

 

 

2-3.隅櫓

名古屋城の「隅櫓(すみやぐら)」は現在3つが現存しています。

そのうち、一般公開しているのは西南隅櫓のみです。

西南隅櫓は1612年頃に建てられました。

西南隅櫓は外からみると二重の櫓に見えますが、内部は三重になっています。

屋根は入母屋造り、本瓦葺きです。

また、敵からの攻撃から守るため、西面と南面には石落としが設置されています。

 

西南隅櫓の他には東南隅櫓、西北隅櫓がありますがどちらも通常は非公開となっています。

公開時期などに関しては、事前に公式サイトで確認しましょう。

 

3.ついでにまわりたい名古屋城周辺

ここでは、名古屋城観光のついでに行きたいスポットを2か所ご紹介します。

 

3-1.金シャチ横丁

 

 

金シャチ横丁は三重県のおかげ横丁を参考につくられた城下町風の観光施設です。

金シャチ横丁には義直ゾーンと宗春ゾーンのふたつのエリアがあります。

義直ゾーンには名古屋の定番&老舗のごはん屋さんが集まっています。

夜も22:30まで営業しているので、なごやめしを食べながら、夜景も楽しめるゾーンです。

 

もうひとつの宗春ゾーンではモダンなお店が集結しています。

地元の食材を利用した料理を提供したお店や健康に気を使った料理を食べたい方には宗春ゾーンがおすすめです。

 

3-2.名古屋能楽堂

「名古屋能楽堂」は世界最大の能楽堂です。

狂言会や落語、能楽など様々な日本の伝統芸能を楽しむことができます。

名古屋能楽堂では外国人の方でも芸能が楽しめるように、英語の解説を聞くことができるイヤホンガイドも用意されています。

また、このガイドはもちろん日本語もあるので、どなたでも解説を聞くことができますよ。

 

4.アクセス

名古屋城へのアクセスは以下の通りです。

公共交通機関をご利用の場合は3つの方法があります。

地下鉄をご利用の場合は名城線「市役所」駅7番出口より徒歩約5分です。

バスでお越しの方は、栄13号系統「名古屋城正門前」バス停より徒歩すぐです。

名鉄をご利用の場合は瀬戸線「東大手」駅より徒歩約15分です。

 

お車でお越しの方は名古屋高速都心環状線「丸の内」出口から約5分です。

駐車場は正門前駐車場をご利用ください。

駐車料金は普通車が180円/30分、自動二輪車・原付が100円/30分です。

 

5.名古屋城詳細情報

・開園時間:9:00-16:30

※ただし、本丸御殿、西南隅櫓の最終入場は16時

 

・休園日:12月29~31日、1月1日

利用料金:大人500円、中学生以下100円、名古屋市内高齢者(65歳以上)無料

※団体割引(30人以上、100人以上)割引あり

 

・住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1

 

・公式サイト:https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

 

 

6.まとめ

 

 

今回は名古屋城をご紹介しました。

名古屋を代表する観光スポットである名古屋城はその歴史が長いだけではなく、歴史的にとても有名である徳川家康に関わる城です。

内部が豪華絢爛な名古屋城は日本史にあまり興味の無い方でも十分に楽しめること間違いなしです!

名古屋観光を計画中の方はぜひ名古屋城へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

Lily

Lily女性 | 20代

フリーライター。1年間のイギリス留学を経験。帰国後、フリーランスとしての活動を始める。これまで、国内だけではなく、20カ国以上の国や都市を観光。

最終更新日:2019.12.06

  • 観光名所・史跡
  • グルメ
  • 特集:紅葉だけじゃない、日本の「赤」を探そう 秋晴れに映える朱塗りの建物や、どこまでも続く鳥居。日本の美しさを象徴するような「#赤を見つけるたび」を集めてみました。
  • ほんとうに知ってる?「京都のたび」特集 にぎわう華やかな場所から、静かに落ち着ける穴場まで、あなただけの「#京都のたび」を探してみませんか。
pagetop