こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

豊臣秀吉も絶賛した桜の名所。世界遺産の京都・醍醐寺をめぐる

豊臣秀吉も絶賛した桜の名所。世界遺産の京都・醍醐寺をめぐる
【京都府 醍醐寺】

桜の名所として名高い伏見区のお寺、醍醐寺
豊臣秀吉とも深い関わりのあったこちらのお寺は、世界遺産にも登録されています。

今回は醍醐寺を訪れるに当たって知っておきたい見どころや、醍醐寺とあわせて観光したいおすすめのスポットを紹介します!
醍醐寺を訪れる予定のある方も、「醍醐寺ってどんなところ?」と気になっている方も。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.醍醐寺とは?

醍醐寺 桜

醍醐寺は京都市伏見区にある真言宗の寺院です。

平安時代初期(874年)に創建されたと伝わるこちらのお寺。名前からピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、醍醐天皇が手厚く保護したとの記録が残されています。
その後醍醐寺は応仁の乱で焼けてしまいますが、豊臣秀吉によって再建。
1994年には世界遺産にも登録されました。

醍醐寺と言えば「桜」を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。
「醍醐寺=桜」のイメージを世間に広めたのは、豊臣秀吉と言われています。
秀吉は晩年1598年に「醍醐の花見」と呼ばれる大規模な花見を開催し、千人以上の客を招待しました。当時から醍醐寺や醍醐山の桜がいかに美しかったかが分かりますね。

桜の季節である4月の第2日曜には、この醍醐の花見の様子を再現した「豊太閤花見行列」が醍醐寺で開催されています。

2.醍醐寺の回り方

醍醐寺の特徴は何と言っても広大な境内
なんと、境内は金堂のある麓から背後に広がる醍醐山へかけて、およそ200万坪以上の敷地面積を持ちます。

メートルに換算すると、およそ6.6平方キロメートル。考えただけでも広大な境内であることが分かりますね!

そんな醍醐寺ですが、主な参拝エリアは「三宝院」「伽藍」「霊宝館」の3つに分けられています。お寺の入口でチケットを購入すると、いずれも参拝することが可能。

以下ではそれぞれの見どころをチェックしてみましょう。

2-1.三宝院

三宝院は醍醐寺総門(入り口)から入って左側にある建物で、歴代の座主(お寺に務めるお坊さんのリーダー)が暮らしてきました。

三宝院 庭園

三宝院の見どころは建物から眺めることのできる庭園
こちらの庭は前述した「醍醐の花見」を催すに当たって豊臣秀吉自らが設計したものと言われています。

庭の中心には縦型の長方形のような形が3つ連なる「藤戸石」と呼ばれる石が置かれています。
足利義満から義政、そして織田信長から秀吉へと伝わったエピソードを持つことから「天下の名石」とも称されるもの。秋には紅葉で彩られます。

2-2.伽藍

醍醐寺の奥に当たる区域は伽藍と呼ばれるエリア。

伽藍 金堂

お参りをするなら門から入って左手にある国宝金堂がおすすめです。桜の季節に訪れましたが、平日だったからか金堂は空いていました。

伽藍 五重塔

金堂からさらに奥に行った場所にある五重塔は醍醐寺のシンボル的な存在です。
951年(平安時代)に建てられたもので、京都府下では最古の木造建築物であるとも言われています。

2-3.霊宝館
霊宝館

醍醐寺には非常に多くの文化財が納められており、10数万点ある文化財のうち、国宝重要文化財に指定されているものは7万5千点以上にものぼります。
境内右手にある霊宝館ではこれらの文化財を展示。館内では写真撮影ができませんが、仏像や書簡をはじめ非常に見ごたえがあり、ゆっくり回ると1時間以上掛かりそうなボリュームです。

なんと、霊宝館の近くにはスウェーデンの家具ブランド「IKEA」とコラボした、和洋折衷がオシャレなカフェなどもありますので、一休みする際にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

3.醍醐寺へのアクセス方法は?

醍醐寺の最寄り駅は「醍醐駅」となります。
醍醐寺は京都駅から行く場合、JR東海道本線(琵琶湖線)または湖西線の山科駅から地下鉄東西線に乗り換えて約10分。もしくはJR奈良線・六地蔵駅から乗り換える方法もあります。駅からは徒歩10分ほどです。

京都駅前のバスターミナルからは京都駅と醍醐寺とを結ぶ「京都醍醐寺ライン」もあります!こちらは所要時間30分ほどとなっています。

4.醍醐寺周辺のおすすめ観光スポット

醍醐寺とセットで観光するなら、醍醐寺から徒歩圏の場所にある
  ・随心院と勧修寺

または電車でのアクセスが楽な
  ・東山エリア
  ・宇治エリア

がおすすめです!

4-1.随心院と勧修寺
随心院
京都フリー写真素材

随心院は醍醐寺から徒歩15分ほどの場所にある寺院。
平安時代の絶世の美女と伝えられる小野小町にゆかりのあるお寺です。
境内には小野小町がお化粧をする際に水を汲み上げて使ったとされる井戸があり、庭園では静かなひとときを過ごすことができます。

美容祈願のお守りなども販売されているので、女性に特におすすめしたい寺院です。

勧修寺
京都フリー写真素材

勧修寺は随心院から山科川を渡った場所にあるお寺。京都の観光スポットとしてはあまり知られていませんが、睡蓮の名所としてJR東海のCM「そうだ 京都、行こう」にも取り上げられたことのある寺院です。

醍醐寺と同じく、醍醐天皇から厚い保護を受けた勧修寺。睡蓮の見ごろは5月中旬~6月下旬と言われています。カメラを片手にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

4-2.東山エリア

東山エリアは蹴上や三条、祇園などのエリア。
醍醐寺の最寄り駅である醍醐駅から、東山エリアに当たる東山駅や蹴上駅とは地下鉄東西線1本で繋がっています。

蹴上インクライン(琵琶湖水路)

蹴上では京都の散歩道としてテレビで取り上げられることの多い蹴上インクライン(琵琶湖水路)

知恩院

法然が開いた浄土宗の総本山である知恩院などが近いです。

4-3.宇治エリア

醍醐駅から宇治駅へは電車で20分ほど。東西線六地蔵駅でJR奈良駅に乗り換えて1本で到着します。

宇治平等院
京都フリー写真素材

宇治と言えば宇治平等院ですね。宇治はお茶どころとしても全国的に有名であり、周辺では抹茶や抹茶を使用したスイーツやパフェなどをいただける店舗もたくさんあります。

5.まとめ

醍醐寺
京都フリー写真素材

今回は醍醐寺の歴史や見どころ、周辺の観光スポットなどをご紹介しました。
醍醐寺は桜の名所として特に有名ですが、山のふもとにある寺院のため1年を通して木々や植物の季節の移ろいを楽しむことができます。

数ある京都の観光スポットの中でも個人的にかなり推したい寺院となっておりますので、まだ訪れたことのない方もぜひ足を運んでみてくださいね!

醍醐寺
京都市伏見区醍醐東大路町22
開門時間
・3月~12月第1日曜:午前9時~午後5時
・12月第1日曜の翌日~2月末:午前9時~午後4時30分
定休日:なし
https://www.daigoji.or.jp/

  • グルメ
  • 神社仏閣
  • 世界遺産

つな芳のその他のコラム

つな芳

ライター:つな芳

京都府最大級の神社!平安神宮と周辺のインスタ映えスポットを巡る

京都府最大級の神社!平安神宮と周辺のインスタ映...

  • 公園
  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡

大人だって楽しめる!上野動物園の見どころと周辺のおすすめスポットをご紹介

大人だって楽しめる!上野動物園の見どころと周辺...

  • グルメ
  • 美術館・博物館
  • 動植物園・水族館
  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 自然・散策

もっと見る

ライター紹介

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

ライター:Ayaka.K

Ayaka.K女性 | 20代

失恋をきっかけに、旅に行きまくる24歳。
大好きな彼を忘れるために、新しい土地で新しい自分を探しています。
退屈な日常を忘れさせる旅を皆さんとシェアしたいです。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 豊臣秀吉も絶賛した桜の名所。世界遺産の京都・醍醐寺をめぐる
pagetop