こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

コラム

新型コロナウイルス (COVID-19)の影響で、施設によっては休館中または営業時間を変更している場合があります。

ご訪問の前には施設の公式サイトをご確認いただき、ご訪問時には十分お気をつけください。

日本一長寿の桜“神代桜”と水の里巡り

日本最古の桜と“南アルプスの天然水”の里「白州」を巡ります。

山梨県北杜市武川町にある「神代桜」は2000年もの間咲き続けている日本一長寿の桜です。花の美しさとともにその姿に圧倒されます。すごいです。

あまり混まない早い時間に桜見物をして、午後からは近くにある尾白川渓谷や甲州街道の「台ヶ原宿」に立ち寄ってきました。

 

 

目次

 

 

 

 

 

1.2000年生き続ける「神代桜」

 

「神代桜(じんだいざくら)」は山梨県北杜市武川(むかわ)町にある実相寺(じっそうじ)の境内にあります。

テレビや雑誌などでその姿は知っていましたが、実際に見てそのゴツゴツとしたものすごい姿と無数に咲く淡いピンクの花に感動というより、しばらく身動きができませんでした。

 

 

1-1. 想像を絶する厳しさと美しさ
 

推定樹齢は1800年~2000年のエドヒガンザクラだそうです。幹の根元周りは11.8mで樹高は10.3m。10.3mは枝の部分で、本来の幹は見たとおり5~6m、岩みたいに黒くゴツゴツしています。上は枯れてしまっています。本来はものすごく高くそびえていたのでしょう。残っている部分から数本の枝が伸び、それが元気に花を咲かせています。不老長寿を願って手を合わせている人も多く見かけます。それほどの“神様”です。

 

 

1-2.生命力のすごさに感動
 

「神代桜」は1922年(大正11年)に国の天然記念物第1号として指定されました。しかし、その後樹勢が衰え枯れる寸前までになってしまいました。天然記念物に指定されてから人の手によってさまざまに施されてきた保護策が、寿命を縮めていたのです。そこで、昔のままの自然な状態に戻すと、ぐんぐん樹勢が回復したのです。

 

 

1-3.宇宙から帰還した「神代桜」の種が花を咲かす

実相寺には「神代桜」の種を、2008年から2009年にかけて国際宇宙ステーション「きぼう」に8ヶ月あまり滞在させ、帰還した後植えた“宇宙桜”があります。この種は芽を吹き、今では見事に花を咲かせるほどに育っています。

このほか境内には数十本の桜と数万本のスイセンやチューリップが咲き、まだ雪の残る南アルプスとのコントラストはもう絵画の世界に入り込んだようです。

 

 

「神代桜」に行くのには公共交通機関を使用すると徒歩で30分以上かかります。そのため必然的にマイカーで訪れる人が多くなっていますが、周辺の道路も整備されていません。ものすごい渋滞になります。また、シーズンには臨時駐車場もありますが、数は少ないのでかなり待たされることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

「神代桜」(実相寺)

山梨県北杜市武川町山高2763

問い合わせ先:北杜市観光協会

電話番号:0551-30-7866

見学:無料

見ごろ:3月下旬~4月上旬(毎年変動)

駐車場:あり(有料)

アクセス:

鉄道:JR中央本線日野春駅から下教来石ゆき路線バスで約25分、牧之原バス停下車徒歩約30分、または日野春駅からタクシーで約10分

車:中央自動車道州須玉ICから約15分

URL:https://www.hokuto-kanko.jp/sp/sakura_jindai

 

 

2.七福神がユニーク。桜も美しい「萬休院」

 

「神代桜」から北へ1kmほどのところに曹洞宗(そうとうしゅう)のお寺「萬休院(ばんきゅういん)」があります。ここにはかつて樹齢450年で、人が心を込めて形作った赤松の大木「舞鶴松(まいづるまつ)」(国の天然記念物)があったのですが、10年ほど前に松食い虫の被害で枯死してしまいました。その跡には松が植えられ、「舞鶴松」の枯れた幹を展示する公園ができています。

こう書くとあまり行く意味はないと思われるかもしれませんが、「萬休院」の魅力はそれだけではありません。「神代桜」ほど有名ではありませんが、桜の名所です。また、境内に鎮座している七福神が実にユニーク。ぼけ封じの布袋さん(?)や愚痴を聞いてくれるくちきき地蔵、何故かあくしゅ観音(握手できます)など、とってもかわいい七福神です。ちょっと和んでみませんか。

 

 

「萬休院」

山梨県北杜市武川町三吹2915

電話:0551-26-2154

散策自由アクセス:

鉄道:JR中央本線日野春駅から下教来石ゆき路線バスで約25分、牧之原バス停下車徒歩約30分、または日野春駅からタクシーで約15分

車:中央自動車道州須玉ICから約15分

 

 

3.“南アルプスの天然水”の里「白州」を歩く

午前中早くから「神代桜」「萬休院」と訪ねたのでお腹がすきました。隣町「白州」の旧甲州街道「台ヶ原宿」にある老舗酒蔵「七賢(山梨銘醸)」でランチにしたいと思います。

「白州」は “南アルプスの天然水”で知られるサントリーの工場があるほどの名水の里です。

 

 

3-1.古い町並みが残る「台ヶ原宿」

江戸と信濃の諏訪を結んだ甲州街道。江戸から40番目の宿場町で、古い町並みが残っています。“日本の道百選”です。

 

「台ヶ原宿」

アクセス:

鉄道:JR中央本線日野春駅または長坂駅からタクシーで15分、または韮崎駅から路線バスで30分台ヶ原上バス停下車徒歩約5分

車:中央自動車道須玉ICから約15分

URL:https://www.hokuto-kanko.jp/guide/daigaharajuku

 

 

3-2.日本酒や麹を使った料理がおいしい酒蔵「七賢」
 

銘酒「七賢」の発売元、山梨銘醸は江戸時代1750年創業の老舗酒蔵です。

「台ヶ原宿」のほぼ中央に古い“七賢”の看板と杉玉を飾った堂々とした木造の建物が見えてきます。江戸時代に建てられたもので、山梨県の有形文化財に指定されています。

仕込み水はもちろん白州の伏流水で、山梨一の名酒ともいわれています。私はドライバーですから今日は飲めません。

「七賢」に来た目的は、直営レストラン「臺眠(だいみん)」です。ランチは肉や魚中心の定食や一品料理ですが、なんといっても酒麹、塩麹や隠し味に日本酒を使った料理がおいしいと評判です。飲み水はもちろん白州の名水でした。ディナータイムは完全予約制になっています。

 

「七賢」「臺眠」(山梨銘醸株式会社)

山梨県北杜市白州町台ヶ原2287-2

電話番号:0551-35-5111

営業時間:

ランチ/11:30~15:00

ディナー/17:00~20:30(完全予約制)

※ディナーは前日17:00までに予約

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

URL:https://www.sake-shichiken.co.jp/

 

 

3-3.“信玄水餅”が大人気の和菓子店「金精堂」
 

山梨のお土産で一番有名なのが“信玄餅”でしょう。「七賢」でランチを楽しんだあと。目の前にある老舗のお菓子屋さん「金精軒(きんせいけん)」に立ち寄ったら“信玄餅”を売っていました。お菓子はきなこをまぶした軟らかい餅(求肥=ぎゅうひ)を黒蜜で食べるもので、まさしく“信玄餅”です。でも、知っている“信玄餅”は桔梗屋のはず。店の人に聞いてみると、「金精軒が正真正銘の“信玄餅”で、桔梗屋のものは“桔梗信玄餅”です」とのこと。まあ、どちらもおいしいからいいか。

「金精軒」は明治時代中期に創業した和菓子専門店で、店はかつて旅籠だった木造2階建ての建物を使っています。2階はギャラリーになっています。

「金清軒」といえば、“信玄水餅”が大人気になっています。6月~9月だけでしかも土日限定なので、桜の時期には食べられませんでしたが、シーズンには大行列ができている風景がテレビで放映されていました。白州の名水を寒天で固めたもので、数時間でしぼんでしまうそうです。またいつか食べに来ようと思います

 

 

「台ヶ原金精軒台ヶ原本店 台ヶ原店」

山梨県北杜市白州町台ヶ原2211

電話番号:0551-35-2246

営業時間:9:00~18:00

定休日:木曜日

URL:https://kinseiken.co.jp/

 

 

3-4.“白州の名水”の源、尾白川
 

「七賢」や「金精軒」でスタッフがお話しされていた白州の名水は、甲斐駒ヶ岳から流れ出る「尾白川(おじらがわ)」の伏流水とのことでした。「台ヶ原宿」から近いというので行ってきました。

「尾白川」は甲斐駒ヶ岳から流れ出て、富士川に合流する渓流です。国道20号線から約5km、尾白川沿いを上ったところに“甲斐駒ヶ岳神社”があります。車はここまでです。

駒ヶ岳神社からは渓谷沿いに遊歩道が設けられていて、比較的気軽に散策できます。

「尾白川」の川底は花崗岩でできていて、透明な水がより美しく輝いて見えます。グリーンシーズンは絶好のハイキングコースです。

 

「尾白川渓谷」

「甲斐駒ヶ岳神社」

山梨県北杜市白州町白須8884-1

アクセス:

鉄道:JR中央本線韮崎駅から路線バス下教来石行きで白須下車、徒歩約30分、タクシーで約8分

車:中央自動車道小淵沢ICから約15分

URL:https://www.hokuto-kanko.jp/guide/ojiragawa_valley

 

 

4.桜と名水の里を堪能

「神代桜」に健康を祈願し、ボケないことを布袋さんにお願い。昔のままの宿場町でおいしい酒蔵ランチと和菓子でデザート。そして、ちょっと寒かったけれど名水の川沿いを渓流歩きと、一日ゆっくりと旅してきました。帰り際に一緒に行ったパートナーが「サントリーの工場に行きたい」と言うので、最後に「サントリー白州蒸留所」を訪ねました。工場見学やレストランは前日までの予約が必要なのでダメでしたが、“ウイスキー博物館”を見学して、今人気のウイスキーを買うことができました。ちなみに有料の工場見学だと試飲付きです。“南アルプスの天然水”の工場も見学できるそうです。

のりじゅん

のりじゅん男性 | 60代

フリーライター。旅行好きがこうじて、40歳を過ぎてから旅行雑誌の編集者になり、全国を走り回っていました。

最終更新日:2020.03.23

  • 観光名所・史跡
  • グルメ
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集

おすすめのコラム

pagetop