こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの巡り方は?

8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの巡り方は?
【奈良県 世界遺産巡り】

日本を代表する観光地、奈良
8つの世界遺産があり、今では海外からの観光客でも賑わう人気スポットとなりました。
奈良にある世界遺産、すべて知っていますか?
ここでは、8つの世界遺産の見所を紹介し、すべてを巡るコツをご案内いたします!
時間の許す限り、古都の世界を満喫してくださいね。

1. 「奈良の世界遺産」とは

「奈良の世界遺産」とは

奈良の世界遺産は8つの資産(施設・史跡・天然記念物)で構成されています。1998年12月に「古都奈良の文化財」として世界遺産リストに登録されました。古都として様々な資産がある奈良ですが、その中の下記すべてが世界遺産なんです。

・東大寺
・興福寺
・春日大社
・元興寺
・薬師寺
・唐招提寺
・平城宮跡
・春日山原始林

ここからは8つの世界遺産の効率的な巡り方のコツと、その魅力をご紹介していきます。

1-1. おすすめの巡り方
奈良の世界遺産 おすすめの巡り方

奈良の世界遺産は東部西部に存在します。東部に5カ所、西部に3カ所。東部は奈良公園周辺に集中し、西部は離れて存在しているんです。そのため、おすすめの巡り方は東部5か所をすべて巡った後、西部3カ所を巡る方法となります。
また、全て巡る所要時間(時間や交通手段にもよりますが)については、ゆったり、じっくり見たい方は2〜3日、さくさくと巡りたい方でも目安として最低1.5日かかるでしょう。

1-2. おすすめの時間帯

奈良市内東部ですが、午前中は森に囲まれた春日山春日大社がおすすめです。生き物も活動を開始し、朝の晴れやかな空気は気持ちもリフレッシュさせてくれます。
興福寺元興寺は時間を問わずおすすめしますが、お昼の時間は青空に映えた景色を見ることができ、周囲には飲食店もあるので、休憩やランチを楽しむこともできます。
また、東大寺周辺は日陰が少ないので、夕方にかけてがおすすめ。それだけではなく、二月堂などは高台に位置するので、時間が合えば綺麗な夕日を見ることもできますよ。
また、西部の3カ所については離れた場所にあるので、時間帯というよりも、宿泊場所や他に巡りたい場所などと上手に組み合わせて行くことをおすすめします。

2. 奈良市東部と西部に位置する世界遺産

2-1. 奈良市東部 奈良公園周辺

・東大寺

東大寺

大仏さまで知られる奈良時代の代表的な寺院。東大寺大仏殿世界最大級の木造建築物なので、その大きさを目の当たりにして驚く方がほとんど。
大仏さまは高さが約15m・基壇の周囲は約70mあります。そしてそれを納める大仏殿は、棟までの高さと奥行きが約50m・左右の幅が約60m。これでも左右の幅が創建当初の3分の2に縮小されているらしく、大仏殿を間近で見れば、あまりの大きさに圧倒されます。
また、一言で東大寺といっても、大仏殿だけでなく二月堂法華堂(三月堂とも言う)南大門など、見どころがたくさんあるのでぐるっと一周することをおすすめします。
個人的には二月堂から見る古都奈良の景色、大仏殿方面にのびる階段は風情があってお気に入りの場所です。

・興福寺

興福寺

2018年の国宝館リニューアルオープンに続き、同年に約300年ぶりの復興を果たした中金堂の一般拝観ができるようになりました。阿修羅像をはじめ、新たに金箔を貼りなおした釈迦如来像薬王・薬上菩薩像(重文)四天王像(国宝)など、多数の寺宝を見ることができます。隣接する五重塔にも注目です。

・春日大社

春日大社

約1300年の歴史を誇る「春日大社」平城京の守護と国民の繁栄を祈願するために創建されました。奈良公園の奥に位置し、自然に囲まれた春日大社の御本殿を目指して奈良公園内の参道を歩くと、近づけば近づくほど神聖な空気を感じます。鮮やかな朱色が綺麗な、高さ12mもある荘厳な門が入り口。先代の影向の松の幹(樹齢250年)と、直径3m・樹齢1000年の大杉の切り株も見ることができます。世界各地から人々が参拝するパワースポットです。春日大社のかわいい名物「白鹿みくじ」も要チェックです。

・元興寺

奈良時代の木造五重小塔木造阿弥陀如来坐像智光曼陀羅図庶民信仰資料などが多数保存されています。花のお寺とも呼ばれおり、桔梗や萩など、四季を通じて美しい花も楽しめます。現在、奈良市内に元興寺というお寺は2つあるのですが、世界遺産に登録されている元興寺は、奈良市中院町にある方なのでご注意ください。

・春日山原始林

春日山は春日大社の神山として1000年以上も伐採が禁じられてきたため、原始性を保ってきました。標高498m・面積約250haの広さがあります。現在は遊歩道があり、森林浴やバードウォッチング、巨木散策など、神聖で静かな林の中のハイキングを楽しむことができます。

2-2. 奈良市西部

・薬師寺

薬師寺

約1300年も昔の白鳳時代に天武天皇皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈り、藤原京にて創建されました。その後平城遷都に伴い、現在の場所に移されました。火災や兵火などでほとんどの堂塔が焼失しましたが、東塔のみが奈良時代の貴重な建物として残っています。日本画の大家である画家の平山郁夫が描いた大唐西域壁画や、玄奘三蔵の遺骨が祀られている玄奘三蔵院伽藍休ケ岡八幡宮西塔金堂大講堂など、たくさんの見どころがあります。仏教美術を間近で感じ、非日常の感覚と、どこか心の安らぎを感じる場所です。

・唐招提寺

唐招提寺

光と影の美しいコントラストが映える金堂の堂々とした姿は、唐の影響を受けた奈良時代の和様建築を現在に伝える貴重なものと言われています。堂内には厳しい顔の盧舎那仏坐像、高さ5,36mもある最古最大の千手観音立像、どっしりとした男性的な薬師如来立像など、国宝の仏像が安置されています。
また、5月には「うちわまき」と呼ばれる数百本といううちわが参拝者にまかれる行事があります。高僧であった覚盛上人が、坐禅中に蚊にさされているのを見かねて弟子僧がたたこうとしたところ、上人は、「不殺生を守りなさい、自分の血を与えるのも菩薩行である」と言った徳を称え、蚊を追い払うためのうちわを供えるようになったのが始まりだそうです。このうちわを授かることは、病魔退散や魔除けのご利益があるといわれています。

・平城宮跡

平城宮跡

平城宮跡は天平文化が花開いた奈良時代の首都「平城京」の宮殿跡地です。古い遺跡の保存や研究の為、甲子園球場が約30個も入る広大な土地が国有地として管理され「平城宮跡歴史公園」として一部が公開されています。見どころは何といっても復元された当時の建物「第一次大極殿」「朱雀門」となり、必見です。数少ない当時の資料や建築様式を参考に再現された見事な建物を近くで体感してみてください。

3. まとめ

奈良の8つの世界遺産をご紹介いたしましたが、古都奈良には法隆寺五重塔や、花の美しい長谷寺など、他にもたくさんの古都を感じることができるスポットがあります。
2〜3日程かけてゆったりと奈良に浸っていただければ、より魅力を感じていただけると思います!歴史を感じて奈良でのんびり古都巡りを楽しみましょう!

  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡
  • 世界遺産

kushioのその他のコラム

kushio

ライター:kushio

小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ絶景、美味しい料理、おだやかな空間に癒される島

小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ...

  • グルメ
  • 自然・散策
  • リゾート
  • ビーチ

絶景の連続!誰もが虜になるハテルマブルーの透き通る海

絶景の連続!誰もが虜になるハテルマブルーの透き...

  • 観光名所・史跡
  • 自然・散策
  • リゾート
  • ビーチ

もっと見る

ライター紹介

ライター:kushio

kushio女性 | 20代

アラサー女性です。旅行好きで旅行会社に就職。在職中は日本、世界の各地へ訪れ、現在も「鳥肌」を求めて、旅行を繰り返しています。旅行はインスタ映えよりも五感で感じる派。

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの巡り方は?
pagetop