こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

太宰府天満宮は受験生以外も必見!観光の見どころやランチスポットは?

1. 大宰府天満宮の観光見どころ・必見ポイント

大宰府天満宮の観光見どころ・必見ポイント

太宰府天満宮は京都北野天満宮と共に全国天満宮の総本社とされ、言わずと知れた日本一の学問の神様とされる神社です。御祭神は菅原道真で、無実の罪で京から左遷された道真公は亡くなるまで太宰府で暮らしました。5歳で和歌を詠み、学問のみならず武芸に秀でていた道真公。今も多くの人が祈りを込めて参拝に訪れます。そんな太宰府天満宮の観光の見どころとは?

1-1. なんで牛?御神牛の頭をなでる
なんで牛?御神牛の頭をなでる

お店がいっぱいの参道を胸高鳴りながら通り抜けると、早速「御神牛」に出会います。と同時に左手に美しい庭園と奥には本殿が見え、さらにテンションアップ!
太宰府天満宮と言えばこの「御神牛」が有名で、なでた場所の病気が癒える、頭をなでると賢くなると言われますが、そもそもなぜ牛なのでしょう。
菅原道真は太宰府で死去するのですが、亡骸を運ぶ際に牛車を引く牛が座り込んで動かなくなったそうです。皆は「道真公は太宰府にとどまりたいのだ」と考え、太宰府に墓所をおき祀ったのです。そのため牛が神の使いとされ、御神牛の像があるんですね。実は御神牛は境内に11体!どれもなでられ続けて頭がピカピカです。

1-2. 3つの橋を渡って参拝・そのルールは?
3つの橋を渡って参拝・そのルールは?

いよいよ境内へと足を踏み入れると池と3つの橋が出現。この橋は「太鼓橋」「平橋」「太鼓橋」の順で並んでおり、それぞれ過去・現在・未来を指しています。朱塗りが印象的な曲がり橋です。仏教の教えに基がある橋、時間の流れに逆らうことなく過去・現在・未来の順で渡るのが適切とされています。
つまり参拝後は逆から渡ってはダメ。池を迂回したりほかの出口から出てくださいね。過去は振り向かず、現在は止まらず、未来はつまずかずに渡ると良いとされていますよ。

1-3. 満開の梅もいいけど華菖蒲や紅葉も捨てがたい
満開の梅もいいけど華菖蒲や紅葉も捨てがたい

が有名な太宰府天満宮には、なんと6000本以上もの梅の木があります。桜より先に春を知らせる梅の木は合格祈願にもぴったり。
菅原道真がこよなく梅の木を愛し、京を離れた後梅の木が飛んできたという「飛梅」の言い伝えから、太宰府天満宮は梅の名所となっています。

また、梅だけでなく年間通して四季の自然を楽しめるスポットなんです。春は桜、秋は菊や紅葉が楽しめ、中でも初夏の花菖蒲は清らかで可憐な絶景を見ることができます。

1-4. 実はアートの宝庫「太宰府天満宮アートプログラム」
実はアートの宝庫「太宰府天満宮アートプログラム」
photo by gtknj

太宰府天満宮アートプログラムは2006年から始まった試みで、国内外の著名アーティストが毎回さまざまなアートを境内に作り上げていきます。「こんな所にどうして?!」と目を引くものもあれば、景観に馴染んで気づかずに通り過ぎるものも。現代アートが中心です。回を重ねるごとに境内にアートが増えていくのも面白いですよね。

2. 大宰府天満宮のおすすめランチ・グルメは?

大宰府天満宮のおすすめランチ・グルメは?
photo by yuki5287

太宰府天満宮へ観光に行ったら、門前町でのグルメ旅はマスト!太宰府駅と太宰府天満宮の間にある門前町には、お土産や和食処など約80店舗が並んでいます。その中のランチスポットやおすすめグルメを紹介していきます。

2-1. 伝統料理の宰府うどんや蕎麦が人気

太宰府天満宮のランチで人気なのが蕎麦やうどんといった和食。というのも、太宰府天満宮の周辺はお蕎麦屋さんが多いんです。 「縁結び食堂なみ満」は門前町のメインストリートから小道に入った場所にあるおすすめ店。古民家を使用したお店は雰囲気も良く、香り高い蕎麦と親子丼が人気です。うどんや甘味もありますよ。メインの通りに案内板が出ています。

2-2. 新たな名物?太宰府バーガー

門前町の入り口あたりにある「筑紫庵本店」太宰府バーガーは、地元の人に愛されているグルメです。筑紫庵は元々唐揚げが有名で、太宰府の人々のソウルフードとも言える存在。そんな唐揚げをダイナミックにサンドしたのが太宰府バーガーです。梅肉ソースは爽快感がありアクセントになっていますよ。

2-3. 穴場カフェでまったりランチ
穴場カフェでまったりランチ
photo by Dal Lu

カフェでランチをするなら太宰府駅周辺がおすすめです。
駅のちょうど南側にある「coba cafe」はおしゃれな外観と居心地の良い店内が魅力のお店。お料理は目でも楽しめる鮮やかさでとても美味しいです。
参道にあるスターバックスコーヒー太宰府天満宮表参道店はインパクトのある和モダンな外観が話題に。SNSでもよく見かけます。店内もおしゃれなので休憩に立ち寄ってみてください。

2-4. 梅ヶ枝餅は参拝とセットで
梅ヶ枝餅は参拝とセットで

太宰府天満宮の名物と言えば「梅ヶ枝餅」です。薄く伸ばしたお餅の生地で小豆餡を包んで焼いています。お餅には梅のマーク入り。お餅は外側が香ばしくて、小豆餡の甘さを引き立てます。「太宰府梅ヶ枝餅かのや」「甘木屋」など名店もたくさんあります。食べ歩きもいいし、お店でお抹茶と一緒にいただくのもおすすめ。境内にも「大樟館」という梅ヶ枝餅屋さんがあります。お土産にもとても喜ばれる銘菓です。

3. 太宰府天満宮のアクセスは電車がおすすめ!駐車場は?

太宰府天満宮のアクセスは電車がおすすめ!駐車場は?

太宰府天満宮は太宰府駅から歩いて5分ほどで到着します。門前町のお店を見ながら向かうのがおすすめの楽しみ方なので、電車でのアクセスが良好です。
駅から太宰府天満宮へ向かうバスはなく、バスで行くなら天満宮の南に建つ「九州国立博物館」へ向かう形になります。九州国立博物館から太宰府天満宮は徒歩約10分なので、博物館を鑑賞後、天満宮へ行くルートもいいですね。

太宰府天満宮の周辺には駐車場がたくさんあります。「太宰府駐車センター」は徒歩約7分、800台以上駐車可能な駐車場で、道もわかりやすくて便利です。「奥苑駐車場」は徒歩約6分、150台駐車可能な駐車場。こちらもわかりやすくておすすめです。

4. 太宰府天満宮の御朱印&お守りやお土産情報

太宰府天満宮の御朱印&お守りやお土産情報

太宰府天満宮へ参拝したらお守りを買いたいですよね。特に合格祈願開運のお守りはご利益があり、種類もたくさんあります。お土産として渡したくなるようなデザインのお守りも数多くあり、目移りしてしまうほど!お土産や御朱印情報とあわせて紹介します。

4-1. お守りも御朱印帳も梅がかわいい
お守りも御朱印帳も梅がかわいい

太宰府天満宮のお守りの種類は100種類以上あります。学業健康厄除けなどご利益はさまざま。交通安全は赤に金色の梅模様がかっこいいキーフック、厄除けはひょうたん型の黒いお守りなど、普段使いにも合うお守りが豊富です。
一番人気は夢守り「叶糸(かないと)」。夢が叶うように肌につけるお守りで、青い糸に梅紋のチャームがついています。

太宰府天満宮でいただける御朱印は2種類で、太宰府天満宮の御朱印と末社の天海稲荷社の御朱印になります。太宰府天満宮の御朱印は朱色で梅の紋章が入っていてかっこいい!
御朱印帳も梅をメインにしたデザインで3種類ありますよ。
お守りや御朱印を拝領するのは社務所になります。楼門と本殿の間、左右2箇所にあります。

4-2. お土産は老舗和菓子が人気

太宰府天満宮のお土産と言えばやはり梅ヶ枝餅が人気ですが、ほかにも美味しいお菓子がいっぱい!
福太郎の「めんべい」は明太子を使ったせんべいです。ピリッとした味わいや海鮮味の磯の風味が癖になり何枚でも食べれちゃいます。「勝つめんべい」が受験生に人気です。
梅園菓子処「うその餅」は、青じそ風味のお餅に黄緑色の鮮やかなそぼろをまぶしたもの。うそ(鷽)は鳥の名前です。菅原道真が蜂に襲われた際にうそが助けたと伝えられており、神の使いとされています。毎月25日の天神様の日は同じ味のピンク色の「うその餅」が販売されます。

5. 太宰府天満宮へ参拝に行こう

太宰府天満宮へ参拝に行こう

多くの人の祈りが詰まった太宰府天満宮には、見どころも美味しいグルメもたくさんあります。また、見どころとは別になりますが、本殿の後ろまで囲むようにある大量の絵馬は圧巻です。太宰府天満宮の観光を楽しんでくださいね。

  • 神社仏閣
  • 街歩き
今度福岡旅行に行く予定ですので、参考にさせていただきます。

飯島かさほのその他のコラム

飯島かさほ

ライター:飯島かさほ

盛岡市を街歩き観光!名所や穴場を網羅したおすすめコースと必須グルメはこちら!

盛岡市を街歩き観光!名所や穴場を網羅したおすす...

  • グルメ
  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 温泉

十和田湖と奥入瀬渓流の美しい風景を観光!紅葉や遊覧船・人気ホテル紹介!

十和田湖と奥入瀬渓流の美しい風景を観光!紅葉や...

  • グルメ
  • 国立公園
  • 観光名所・史跡
  • 自然・散策

銀山温泉に宿泊するならここ!おすすめ旅館と観光の見どころをガイド!

銀山温泉に宿泊するならここ!おすすめ旅館と観光...

  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 温泉

長崎市観光のおすすめコースは?長崎好きライターが穴場やグルメ解説!

長崎市観光のおすすめコースは?長崎好きライター...

  • グルメ
  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 世界遺産

もっと見る

ライター紹介

ライター:飯島かさほ

飯島かさほ女性 | 30代

旅とグルメをこよなく愛する旅ライター飯島です!ときには愛車を飛ばし、ときには飛行機や電車を乗り継ぎ、各地を旅しています。旅の終わりに温泉に浸かるのが最高の癒し♪

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 太宰府天満宮は受験生以外も必見!観光の見どころやランチスポットは?
pagetop