こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

ログインしてください

コラム

子連れで本牧海釣り施設に行ってみよう!

メイン画像

神奈川県横浜市に、釣りが楽しめる「本牧海釣り施設」があります。
本牧海釣り施設は、釣り好きなら知っているが、知らない人は全く知らないコアな場所です。

それなら釣り上級者ばかりしかいないと思うかもしれませんが、 家族連れも多く初心者でも釣りを楽しめる施設なのです。

釣り初心者のママでも楽しめた、本牧海釣り施設をレポートします!

1. 気合を入れないと駄目?釣りの朝は早い

気合を入れないと駄目?釣りの朝は早い

そおっと朝日が顔を出す、休日の早朝5時30分の本牧海釣り施設の管理棟前には、剣を携えた勇ましい戦士のごとく釣竿を持った人々が列をなします。営業開始時間の6時少し前には100名程の行列に。さらに開場した後はあっという間に500人程の来場者で本牧海釣り施設はごった返します。

本牧海釣り施設で釣りをする場合の1人あたりの料金は、 大人が900円、中学生は450円、小学生は300円です。釣りをしない場合は大人100円、中学生と小学生50円の見学料だけで大丈夫です。

1-1. 休日に釣りを楽しみたい人は時間帯に気をつけよう!
休日に釣りを楽しみたい人は時間帯に気をつけよう!

本牧海釣り施設は駅から離れているため、ほとんどの方が車でアクセスします。施設のすぐ近くにある有料駐車場には230台の車が収容可能です。しかし、休日は8時をすぎてしまうと満車の可能性があり、本牧海釣り施設から離れたところの駐車場を探さなければいけません。
休日の午前中に釣りを楽しみたい方は6時の開場とともに入場することをおすすめします。
「朝早いのは苦手、、」という方は、 13時以降の時間も狙い目です。

2. 本牧海釣り施設の全体像はこちら!

子どもに合わせて場所取りしよう

本牧海釣り施設に入場すると、4つの釣りができるエリアに分かれています。

◆沖桟橋(海側/内側)
大人気エリアなため、すぐに場所が埋まってしまいます。幼稚園児以下のお子様がいる場合は目が離せないほど、落下防止の柵が低いです。

◆渡り桟橋
柵が高いので、子連れ層の利用も多いエリアです。しかしながら沖桟橋への通路にもなっており保有スペースは非常に狭いです。投げ釣りが禁止など釣り方に制限があるエリアです。

◆旧護岸釣り場
スペースも広いのでゆったり釣りができます。一部を除き、テントやレジャーシートが利用可能です。落下防止の柵も大人の胸程の高さがあるのでお子様にも安心です。

◆新護岸釣り場
旧護岸釣り場と同じです。

2-1. 子どもに合わせて場所取りしよう
子どもに合わせて場所取りしよう

沖桟橋では子どものライフジャケットの着用が義務付けられています。それもそのはず、写真をご覧の通り大人でもヒヤヒヤする柵の高さです。
沖桟橋では投げ釣りも可能なので、小さいお子様が一緒の場合にはこちらのエリアは 注意が必要です。

子どもに合わせて場所取りしよう

ライフジャケットを持っていない方もご安心ください。本牧海釣り施設では無料でライフジャケットを貸し出しています。

2-2. 釣り方の種類で釣り場所を考えよう
釣り方の種類で釣り場所を考えよう

沖桟橋、旧護岸釣り場、新護岸釣り場、それぞれ一部禁止エリアと渡り桟橋子で黄色いマーキングがしてある所では、投げ釣り・ルアー・エギ・テンヤなどが禁止で、釣り方に制限があるエリアです。お好みの釣り方がある場合に参考にしてくださいね。

3. 釣りには「飽きる」がやってくる

釣りには「飽きる」がやってくる

釣り好きの男子に言わせると「釣りは待っている時間が楽しいんだ!」と教えてくれます。釣りに来ているのに申し訳ない限りとは思っていても「釣れていない時は飽きてしまう」のはどうしようもない感情です。そんな時はじっとしていても仕方がないのでちょっと気分転換に、本牧海釣り施設の管理棟の2階にある展望台に行ってみると良いですよ。

釣りには「飽きる」がやってくる

管理棟の2階に上がると目の前に広がるのは何の建物にも邪魔されない澄み切った海です。沖桟橋での釣り人の様子も一望できます。

釣りには「飽きる」がやってくる

本牧海釣り施設の管理棟1階のスロープ部分には、ここで釣れた魚たちの写真の展示があります。釣れる魚の種類の多様さに驚きます。陸からは見ることの出来ない海の中を、釣竿を垂らしながら想像する楽しさがきっとあるのだろうなぁと思えたのでした。

3-1. 釣れない時はブレイクしませんか?
釣れない時はブレイクしませんか?

小さな食堂と売店が本牧海釣り施設の管理棟の1階にあります。売店での取り扱いはおにぎりやパンなどバラエティも豊かです。「朝が早くて何も食べていない」と小腹が空いてきた時、お昼ご飯もこの食堂と売店で十分満たしてくれるので、非常に便利です。
釣り具や釣り餌も買うことができます。
さらに売店では、 釣竿の貸し出しもしています。料金は1竿2000円でその中の1000円は保証金となっており返却時に返金されるので実質1000円でレンタルできることになります。

釣れない時はブレイクしませんか?

先ほどもご紹介した通りライフジャケットも無料で借りられるので、竿をレンタルしてしまえば手ぶらで釣りを楽しむことができそうですね!

4. 海の中にロマンを求めた結果はいかに

海の中にロマンを求めた結果はいかに

大漁とはいかずとも、たった1匹でも釣れた喜びは魚の大きさ以上のようです。
本牧海釣り施設では、その日 採れた魚がWEBページに掲載されています。過去のデータベースも確認できるので、釣り予定日の季節や月にどんな魚が釣れるのか前持って確認するのも楽しいですね。

5. 釣りの世界は海より深くにあるとかないとか。

釣りの世界は海より深くにあるとかないとか。

知る人ぞ知る横浜の本牧海釣り施設。
これから子どもと釣りを始めたい人はもちろん、気楽にアクティビティーの1つとして釣りをやりたい人にはおすすめの釣り場です。
いろんな魚の種類が釣れるので、もしかするとあなたの釣竿にも大物がかかってくれるかもしれません!

MOMI

MOMI女性 | 30代

旦那はお留守番で、生後6ヶ月の息子とタイへバックパッカー2人旅など
まわりはびっくりするような旅行もしばしば。
旅行には「体験」を重視しています♡

最終更新日:2019.11.11

  • グルメ
  • 自然・散策
  • 釣り・フィッシング
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
pagetop