こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

岡山城は楽しい観光の魅力が詰まっていた!アクセスやランチも調査!

岡山城
【岡山県 岡山城】

岡山のランドマーク「岡山城」は江戸時代に作られたお城です。黒い外観、多角形の天守閣、旭川から望むフォトジェニックな雄姿は、とてもかっこよくてファンも多い名城です。 岡山城の天守閣内部は子どもから大人まで楽しめる小さなテーマパーク。
岡山城の魅力や見どころ、おすすめのランチスポットなどをご紹介します。

1. 岡山城の天守閣へ上がろう!観光の見どころ

岡山城の天守閣へ上がろう!観光の見どころ

岡山城は、宇喜多秀家豊臣秀吉の指導を受けて築城を開始しました。完成は8年後の1597年で、その後藩主となった池田氏の居城となります。特徴的なのは黒漆喰の外観で、別名「烏城」とも呼ばれています。旭川に手を加えて外堀として活用しており、川と黒漆喰の城との眺めはとてもダイナミック!
迫力のある岡山城の見どころをご紹介します。

1-1. 天守閣内部の博物館で着付け体験や備前焼体験
天守閣内部の博物館で着付け体験や備前焼体験

岡山城は明治維新後に廃城となったときに、天守閣のほか塩蔵月見櫓西手櫓石山門を残して取り壊されてしまいます。重要な遺産だった天守閣は第二次世界大戦の空襲により焼失、1966年(昭和41年)に鉄筋コンクリート造りで再建されました。
地下1階から地上6階まであり、地下から地上4階はエレベーターで移動できます。着付け体験でお姫様や殿気分を体感したり、に乗って写真を撮ったりできますよ。備前焼を体験したり小休憩ができるお茶屋さんもあり!
展望室からは岡山市街が見渡せ、隣の岡山後楽園も見えますよ。入館時間は9:00~17:00で、観光には2~3時間を用意したいです。チケットは大人が300円で、岡山後楽園との共通チケットが便利でお得!

1-2. 今に残る築城時の礎石と石垣
今に残る築城時の礎石と石垣

岡山城の石垣は、瀬戸内海にある犬島からわざわざ運んだ石も使用しているという非常に興味深い石垣です。この石の使い方も豊臣秀吉に倣っていると言われています。また、岡山城の石垣は野面積み(のづらづみ)切り込みハギ打ち込みハギの3手法が使われており、石垣から作られた時代がわかります。地層みたいですよね。
岡山城では築城時の石垣や礎石を見ることができます。岡山城の天守閣がある本段の手前、中の段と呼ばれる広場にそれらが残っており、石垣は地中へと降りていく階段の先にあります。昔の人が大きな石をどうやってきれいに組み合わせたのか、感嘆してしまう光景です。
礎石は、この上に本当にお城の一部が建っていたんだなあと不思議な感覚になります。

1-3. 現存する「月見櫓」と「西手櫓」
現存する「月見櫓」と「西手櫓」

岡山城で現存する月見櫓西手櫓は江戸時代の姿のまま。現在は重要文化財に指定されています。月見櫓は中の段の端に、西手櫓は西の丸の端に建っています。
見どころは月見櫓の石挟間。挟間とは鉄砲などで外からの侵入者を攻撃する小さな穴のことですが、石挟間は岡山城の月見櫓のほか、大阪城江戸城平川門にしかないんです。探してみてくださいね。
西手櫓は天守閣からは少し離れており、林原美術館へ足をのばしながら、または周辺でランチを楽しみながら訪れるのがおすすめ。路面電車の岡電東山線城下駅から徒歩約2分とアクセスは抜群です。

2. 岡山城へのアクセスと駐車場をチェック

岡山城へのアクセスと駐車場をチェック

岡山城は岡山駅から徒歩で約21分、歩いていくことも可能です。お堀としても活用されていた旭川対岸から、岡山城の写真を撮りながら向かうのもいいですね。バスだと何分くらいでしょうか?
岡山城のアクセスや駐車場事情をご案内します。

2-1. 岡山城へのアクセス・電車+バス
岡山城へのアクセス・電車+バス

岡山城へ向かうなら、まずは岡山駅まで電車で向かい、そこからバスに乗るのがおすすめです。岡山駅から岡電バス「岡電高屋行き」 または両備バス「東山経由西大寺行き」 に乗車し、県庁前で下車、そこから徒歩で約5分です。乗車時間は約10分で、約15分間隔と本数も多いです。
先ほど少し触れた路面電車の利用もおすすめ。岡山駅前から城下駅で下車し、そこから徒歩で約8分です。路面電車の100円区間なので、料金が安いのもありがたいですね。

2-2. 岡山城へのアクセス・レンタサイクルもおすすめ
岡山城へのアクセス・レンタサイクルもおすすめ

岡山城へのアクセスでもう1つおすすめなのがレンタサイクルです。岡山市内は歩道と車道の間に自転車用のルートが用意されている道路が多く、自転車が非常に乗りやすいです。
岡山市のレンタサイクル「ももちゃり」は、サイクルポートで借りて目的地最寄りのサイクルポートに返すシステム。岡山駅からでなくても、岡山大学や京橋など様々な場所からアクセスするのに利用できます。岡山城の最寄りポートは石山公園か県立図書館前です。WEBから事前登録ができ、その場で路上端末機を使って登録することもできます。1時間以内の返却で1回100円です。1日利用プラン回数券もありますよ。

2-3. 車でのアクセスや駐車場について
車でのアクセスや駐車場について

遠方から車で岡山城を訪問する場合は、山陽自動車道を利用し岡山ICで降ります。国道53号線を通って南東へ進み、約20分で到着です。一般道の場合、東からは国道250号線、西からは国道2号線でのアクセスが近いです。
岡山城の専用駐車場は烏城公園駐車場があり、40台収容、1時間300円です。
車で訪れたら岡山後楽園も一緒に観光し、車は岡山後楽園の駐車場に停めるのがおすすめです。岡山後楽園駐車場は570台収容で1時間100円。とても広いので満車になることは珍しいですし、料金も安くて便利です。

3. 岡山城ランチのおすすめは?

岡山城ランチのおすすめは?

岡山城の敷地内にはランチスポットはありません。岡山城を訪れるなら周辺のランチスポットをリサーチしておきたいです。
岡山城と岡山後楽園の間には旭川を眺めながら食事ができる「城見茶屋」などのお店があります。

そちらも近くて良いですが、今回は岡山城の城下町エリアも楽しめるおすすめのランチをピックアップしてお届けします。

3-1. 「とよ香」の極太うどん

岡山城の南にある「とよ香」は、極太うどんが特徴の人気店です。向かいには岡山県庁があり平日でも混み合うランチスポット。少し早めかランチの時間をはずした時間の訪問がおすすめです。量が多くてお値段が安くコスパ最高のお店!うどんは噛み応え&食べ応えのあるコシの強いうどんです。揚げたての天ぷらと一緒にいただくのが一押しですよ。

3-2. 「キッチンほりぐち」味も量も満点

「キッチンほりぐち」も岡山城の南側、とよ香の近くにある超人気の定食屋さんです。定食屋と言ったら想像する古い和風の佇まいとは違い、外観も内観もナチュラルテイストでとってもおしゃれ!お盆で出てくる定食はほっこりします。生姜焼きや唐揚げ、ホリグチカレーなどたくさんのメニューがありますが、とにかくどれも絶品との声が多い名店です。店内は18席と広くはなく、予約不可なので、少し待つ覚悟で行ってくださいね。駐車場はないので、近隣のコインパーキングを利用してください。

3-3. 「お城茶屋」で一休み

最後にご紹介するのは、ランチではないけど岡山城を訪れたら絶対に寄ってほしい「お城茶屋ゆき」です。岡山城天守閣の中にあるお茶屋さんで、パフェかき氷が人気の甘味処。岡山城観光の一休みにぴったりの場所です。名物のお城パフェは壱番、弐番、参番の3種類があり、いちごや白桃がもりもり!名探偵コナンがアニメの中で食べたパフェとしても話題です。おなじくいちごや白桃を使ったかき氷やぜんざい、抹茶など、観光の疲れを癒す甘いスイーツが満載ですよ。

4. 楽しさ満載の岡山城を満喫!

楽しさがいっぱい詰まった岡山城の見どころをご紹介しました。お城の中をいろいろ体験しながら歩くだけでも、思い出がどんどん増えていくおすすめの観光スポットです。歴史を学びながら楽しく遊べるので、子ども連れにも人気!ランチスポットもチェックして、岡山城を満喫しに出掛けましょう!

  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡
  • 街歩き

飯島かさほのその他のコラム

飯島かさほ

ライター:飯島かさほ

盛岡市を街歩き観光!名所や穴場を網羅したおすすめコースと必須グルメはこちら!

盛岡市を街歩き観光!名所や穴場を網羅したおすす...

  • グルメ
  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 温泉

十和田湖と奥入瀬渓流の美しい風景を観光!紅葉や遊覧船・人気ホテル紹介!

十和田湖と奥入瀬渓流の美しい風景を観光!紅葉や...

  • グルメ
  • 国立公園
  • 観光名所・史跡
  • 自然・散策

銀山温泉に宿泊するならここ!おすすめ旅館と観光の見どころをガイド!

銀山温泉に宿泊するならここ!おすすめ旅館と観光...

  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 温泉

長崎市観光のおすすめコースは?長崎好きライターが穴場やグルメ解説!

長崎市観光のおすすめコースは?長崎好きライター...

  • グルメ
  • 観光名所・史跡
  • 街歩き
  • 世界遺産

もっと見る

ライター紹介

ライター:飯島かさほ

飯島かさほ女性 | 30代

旅とグルメをこよなく愛する旅ライター飯島です!ときには愛車を飛ばし、ときには飛行機や電車を乗り継ぎ、各地を旅しています。旅の終わりに温泉に浸かるのが最高の癒し♪

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 岡山城は楽しい観光の魅力が詰まっていた!アクセスやランチも調査!
pagetop