こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

コラム

新型コロナウイルス (COVID-19)の影響で、施設によっては休館中または営業時間を変更している場合があります。

ご訪問の前には施設の公式サイトをご確認いただき、ご訪問時には十分お気をつけください。

盛岡グルメ旅 田沢湖に寄り道

盛岡にはじゃじゃ麺や、椀子そばといった名物があります。盛岡にあるたくさんのそんな名物を紹介しつつ、盛岡から秋田新幹線を使ってすぐに向かうことのできる秋田県有数の観光地、田沢湖の魅力も合わせて紹介していきます。

1. じゃじゃ麺

1-1. 盛岡じゃじゃ麺とは

盛岡冷麺、椀子そばと並んで盛岡の名物となっているのがじゃじゃ麺です。うどんのような麺に、特製の肉味噌とキュウリ、ネギをかけ、好みに合わせてラー油やおろしショウガやニンニクや酢をかけていただきます。今回は盛岡駅近くのおすすめのじゃじゃ麺屋さんを紹介します。

1-2. 実際に食べてみた

今回じゃじゃ麺をいただくのは盛岡じゃじゃ麺 HOT JaJaさん。盛岡駅から徒歩2分の好立地のお店です。
こちらのお店ではじゃじゃ麺を頼む際、卓上に置かれた調味料で自分好みに味付けするか、お店の人にオススメの味にしてもらうかを選びます。肉味噌、ネギ、生姜、追加の調味料をしっかりと混ぜて口の中へと運ぶと、スパイシーな肉味噌と麺がよく絡み、そこにネギときゅうりのシャキシャキ感がいいアクセントになって食欲が湧いてきます。麺を食べ終わると、その器に卵を割り肉味噌を加えて、茹で汁を注いでかき混ぜたスープである「鶏蛋湯(チータンタン)」を作ってくれます。生姜がよく効いているため、飲むととても身体が温まりました。

今回じゃじゃ麺を頂いたお店
https://hotjaja.gorp.jp

じゃじゃ麺

2. 田沢湖

2-1. 田沢湖とは

田沢湖は日本で一番深い湖として知られており、世界で一番深い湖であるバイカル湖の名前を取って日本のバイカル湖とも呼ばれています。田沢湖は遊覧船やボートで湖に出ることができ、田沢湖の周りには有名なたつこ像と、御座石神社があります。御座石神社は龍神・辰子姫を祀っています。辰子姫はたつこ像のモデルであり、田沢湖に伝わる辰子姫伝説に登場します。御座石神社には、美貌成就・不老長寿のご利益があり、また田沢湖自体もパワースポットとして知られていることから女性を中心に多くの人が参拝しています。辰子姫伝説とは昔、田沢湖の近くに、辰子という非常に美しい娘がいました。辰子はその美しさを永遠に保ちたいと思い、百日百夜大蔵観音に願い続けました。
すると満願の夜に、不思議なことが起こります。
それは大蔵観音様からのお告げでした。「北の山を越えたところに湧く泉の水を飲めば願いは叶う」と言われた辰子はお告げの泉を求め、山を超えて探しに行きました。 喉が乾きお告げの泉にたどり着いた途端、がぶがぶと水を飲みました。しかし、何故かどれだけ水を飲んでも喉の渇きは治らず、飲めば飲むほど喉が渇き、ついに泉の水を飲みほしてしまいました。

すると辰子は大きな龍になり、そのせいで田沢湖ができ、辰子姫となり田沢湖の主になったそうです。

以上が辰子姫の伝説と言われ、田沢湖に古くから伝わっています。

2-2. 田沢湖の楽しみ方

田沢湖を楽しむにはドライブが一番です。車で田沢湖を一周しつつ、駐車場に車を止めて遊覧船やボートを楽しむもよし、レストハウスで田沢湖を眺めながらゆっくりと食事をするもよし、キャンプ場で本格的なキャンプをするもよし、たつこ像や御座石神社を巡って田沢湖のパワーを感じるのもよし、楽しみ方は様々あります。

田沢湖の楽しみ方
2-3. 田沢湖一周線

車で田沢湖に行くことができないと言う人でも田沢湖をたっぷり楽しむことができます。それが路線バスの一つ、田沢湖一周線です。田沢湖一周線は田沢湖駅を出発し、田沢湖レストハウスやキャンプ場を経由しつつたつこ像の近くで20分の散策時間、御座石神社の近くで10分の散策時間を取るため、効率よく田沢湖の周りの観光地を巡ることができます。またもしゆっくり見たければ次のバスで田沢湖駅まで帰ることもできるので、自分のスタイルに合わせて旅程を組むこともできます。実際に田沢湖一周線を使って田沢湖を観光してみましたが、たつこ像や、御座石神社もじっくりと見るとまでは行きませんが、十分しっかり見ることができました。

田沢湖一周線の時刻表や運行時期などは以下のリンクを参考にしてください。
https://ugokotsu.co.jp/wp1/wp-content/jikoku/present/around-tazawako.pdf

田沢湖
2-4. 田沢湖一周サイクリング

田沢湖を楽しむもう一つの方法がサイクリングです。田沢湖にはレンタルサイクルもあるので、バスで田沢湖畔まで行き、自転車を借りて田沢湖を一周すれば自由に田沢湖を楽しむことができます。車やバスとは違い自転車で田沢湖の周りを風を切りながら走っていくのはとても気持ちよく、気に入ったところで止まってじっくりと田沢湖を眺めるもよし、途中にあるレストハウスで休憩するもよし、たつこ像をじっくり眺めてから御座石神社に参拝するも良しです。

田沢湖一周サイクリング
2-5. アクセス

田沢湖には車か田沢湖駅から、田沢湖一周線を使うと便利です。

近くには無料、有料の駐車場が多くあり、車でのアクセスで困ることはないと思います。
田沢湖一周線は便利ですが本数が少ないので旅程を立てる際は注意してください。

3. 椀子そば

3-1. 椀子そばとは

盛岡名物といえば最初に出てくるのが椀子そば、給仕さんの掛け声に合わせて一口サイズのそばをどんどんと口へと運んでいきます。盛岡に来たら是非とも一度はやりたいと思っている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな椀子そばを盛岡駅内で食べられるお店をご紹介します。

3-2. 実際に食べてみた

観光客向けに盛岡駅前にもいくつか椀子そばを提供する蕎麦屋があります。その中では比較的に穴場なのが盛岡駅の地下にあるやぶ屋 フェザン店です。ここには本格的な食べ放題の椀子そばはもちろん、量があまり食べられないけれど、椀子そばを楽しみたいという人のために、数を限定して安くなっている椀子そばもあります。今回は本格的な食べ放題の椀子そばにチャレンジしてきました。椀子そばのイメージというとひたすらお椀に入れられるそばを食べていくという感じでしたが、実際は目の前にはたくさんの薬味が並び、中には刺身やイクラなどもありました。
最初の10杯を食べた感じでは100くらいは簡単に行けそうだなと思いました。しかしこれが結構お腹にたまるもので70くらいからだんだんと辛くなり、80でギブアップ。うーん、100は行きたかったですね。

今回椀子そばを頂いたお店はこちら
https://yabuya.jp/free/fesan

椀子そば
椀子そば

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は盛岡駅周辺で気軽に食べられる盛岡名物と、盛岡駅からアクセスの良い観光地、田沢湖を紹介しました。お昼にじゃじゃ麺を食べてから田沢湖を訪れ、盛岡に帰ってきて椀子そばを楽しむという旅行を次の旅行の候補に入れてみてはどうでしょうか?

mukab

mukab男性 | 20代

私が旅行を始めたきっかけは大学への進学を機に知らない土地を知る楽しさを知ったからです。自分の訪れた場所を後に訪れる人に役立つ情報をお伝えします。

最終更新日:2019.07.18

  • 観光名所・史跡
  • グルメ
  • 街歩き
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
pagetop