こだわりのたびの達人が集うサイト「ツアーマスター」

ゲストさん、こんにちは

ログインはこちら

新規登録

ゲストさん ゲストさん

ログインしてください

コラム

別府温泉だけじゃない、別府観光の定番、別府地獄めぐりをご紹介

大分県別府市は別府温泉で知られるように日本有数の温泉地です。別府温泉を満喫するのはもちろんですが、別府には地獄と言われる高温の温泉があり、様々な鮮やかな色の湯の池を見ることができます。また温泉を使ったグルメも多く、温泉卵や温泉まんじゅうが有名です。今回はそんな別府地獄を紹介していきます。

1.別府地獄めぐり

1-1.別府地獄めぐりとは

別府は昔から温泉地として知られていました。その中でも別府地獄めぐりは別府の中でも鉄輪・亀川という地域を巡ります。この地域は昔から噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことから地獄に見えたということで、地獄地帯と呼ばれていました。地獄には多くの種類がありますが、今回は共通観覧券で入場できる7ヶ所の地獄(海・血の池・龍巻・白池・鬼石坊主・鬼山・かまど)と山地獄を紹介します。共通観覧券はどの地獄からでも購入できます。またそれぞれの地獄の入場料金やアクセスなどは以下のリンクを参考にしてください。

http://www.beppu-jigoku.com/fee/index.html

1-2.海地獄

海地獄は別府に多くある地獄のなかでも最大規模の地獄です。美しいコバルトブルー色の地獄が特徴的な地獄です。園内では、温泉熱を利用して南米のアマゾン産のオオオニバスやスイレンを栽培しています。オオオニバスやスイレンの見頃は、5月上旬~11月下旬の朝方です。
海地獄の名物として有名なのは温泉まんじゅうの一種である極楽饅頭です。極楽饅頭は昭和29年から販売されており、天然温泉の高熱噴気を利用して蒸して作っています。一口サイズの極楽饅頭は薄皮の生地にたっぷりと餡子が包まれており、口の中で生地と餡子が絶妙なバランスで美味しかったです。
また海地獄には無料で楽しめる足湯もありますのでゆっくり、のんびり過ごすこともできますよ。

海地獄
1-3.鬼石坊主地獄

鬼石坊主地獄の名前は灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似ている事が由来だそうです。
場所は、海地獄の隣にあり、鬼石坊主地獄の温泉を利用した足湯もありますよ。
そしてこの鬼石坊主地獄には足湯だけではなく、入浴可能な温泉である鬼石の湯があります。
お風呂は男女別と家族風呂があり、露天風呂や展望風呂もある本格的な天然温泉で、シャンプーやボディーソープも備え付けられています。タオルの販売もしているので何も用意せずに温泉を楽しむことができますよ。

入浴料

大人¥620  小学生¥300  幼児¥200
家族湯
1室 ¥2,000(1時間4名まで)

また鬼石坊主地獄の売店で販売している地獄蒸し焼プリンは鬼石坊主地獄の熱を用いて蒸しており、口の中でとろける滑らかな舌触りと甘すぎない程よい甘さが絶品です。

鬼石坊主地獄
1-4.かまど地獄

かまど地獄の特徴は季節によって変化する湯の色と、その湯の池でかまど地獄を解説してくれるガイドさんです。ガイドさんにより、かまど地獄の煙を見えるようにとタバコの煙を使った実演が行われています。
このかまど地獄にも無料で入ることのできる足湯がありますよ。

かまど地獄
1-5.白池地獄

白池地獄の特徴はその内観にあります。ほかの地獄とは異なり和風な日本庭園の中に青白い湯の池があります。またこの白池地獄には熱帯魚館やピラルク館などがあり、地獄以外にも見どころが多くあります。熱帯魚館にはアマゾンに生息するピラニアなどが展示され、ピラルク館にはアマゾンでも最大規模を誇る巨大魚であるピラルクを展示しています。

白池地獄
1-6.鬼山地獄

鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれています。温泉の熱を利用してクロコダイル、アリゲーターなど、約70頭のワニを飼育しており、間近に巨大なワニを観察することができます。もちろん湯の池もありますよ。
また鬼山地獄蒸し売店では温泉たまごや温泉まんじゅうが販売されているので要チェックです。

鬼山地獄
1-7.血の池地獄

血の池地獄はその名の通り赤く高温の湯の池が広がっています。血の池地獄は全ての地獄の中でも最も古い地獄としても知られています。
また血の池地獄には極楽亭というレストランがあり、大分名物のだんご汁やとり天、別府名物の地獄蒸し、などを楽しむことができますよ。
また地獄の中でも最大規模を誇る売店では血の池地獄から湧き出る粘土から作られた皮膚病に効く軟膏を販売されています。

ここにも無料で入ることのできる足湯があります。

血の池地獄
1-8.龍巻地獄

龍巻地獄は今回紹介する地獄の中でも少し特殊です。こちらの地獄には湯の池はなく、あるのは間欠泉だけです。定期的に吹き出す間欠泉は高さ30メートルにまで達するそうですが、観光のために屋根を作って止めており、そのため間欠泉を間近に観察することができます。この間欠泉は国の天然記念物に指定されており、一度は見る価値があると思います。
この龍巻地獄で押さえておきたいグルメは近くの果樹園で作られたみかんを使ったスイーツです。生搾りジュースやジェラートなどが売店で売られています。みかんの甘さと酸味が絶妙なバランスで、爽やかさが感じられます。

龍巻地獄
1-9.山地獄

山地獄の特徴は何と言っても動物達です。湯の池もありますが、山地獄全体が動物園としてみることができるほどです。カピバラやヤギといった一部の動物には餌をあげることもできますので家族連れで賑わっていましたよ。此方の地獄は共通券での入場はできないので、別料金か掛かってしまいますので注意が必要です。

2.アクセス情報

血の池地獄と龍巻地獄以外は徒歩で行けるような近場に密集しています。また血の池地獄と龍巻地獄も隣り合っているので、地獄めぐりは二つのエリアに分けることができます。

■海地獄から回る場合

車でのアクセス
・大分自動車道 (別府IC)から右折、県道11号を鉄輪温泉方面に約3km直進、車で約5分

バス
・JR別府駅西口→亀の井バス2・5・9・24・41番鉄輪行きで20分、バス停:海地獄前 もしくは鉄輪下車、徒歩1分
・鉄輪→血の池地獄は16番のバスで血の池地獄前で下車

■血の池地獄、龍巻地獄方面から回る場合

車でのアクセス
・大分自動車道 (別府IC) 方面からは別府IC出口の交差点を右折、「鉄輪温泉入口」の交差点を左折後、道なりに進んでください。
・大分自動車道 (速見IC) 方面からは国道10号線を大分方面へ進み、公設市場交差点を右折、亀川新川交差点を右折後、道なりに進んでください。

バス
・亀川駅から亀の井バスで「鉄輪(かんなわ)」行き(バスNo.26)「血の池地獄前」下車。約7分・140円。
・別府駅から同、約40分・390円
・血の池地獄前から 鉄輪へは26番のバスを利用してください。

詳しいアクセス情報は以下のリンクを確認してください。
http://beppu-jigoku.com/access/index.html

3.まとめ

今回は別府地獄めぐりを紹介してきました。今回紹介した地獄以外にも別府には様々な地獄があります。時間があればそのほかの地獄も回ってみてはいかがでしょうか?日本でもここにしかないような光景をたくさん見ることができますし、美味しいグルメも楽しむことができますよ。別府地獄めぐりが気になった方はぜひ次の旅行先に別府を選んでみてくださいね。


こちらのコラムは「#ゆったり温泉たび」特集で紹介されています。

mukab

mukab男性 | 20代

私が旅行を始めたきっかけは大学への進学を機に知らない土地を知る楽しさを知ったからです。自分の訪れた場所を後に訪れる人に役立つ情報をお伝えします。

最終更新日:2019.07.18

  • 観光名所・史跡
  • グルメ
  • 温泉
  • 神話の国、日本。まだ知らない「パワースポット」へ
  • 一年の頑張った自分にプチご褒美「温泉」特集
  • ホーム
  • コラム
  • 別府温泉だけじゃない、別府観光の定番、別府地獄めぐりをご紹介
pagetop