こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

東京竹芝から船で10時間!八丈島の景色に家族で会いに行こう。

東京竹芝から船で10時間!八丈島の景色に家族で会いに行こう。
【東京都 八丈島】

東京竹芝から出航するフェリーに乗ること約10時間で到着する「八丈島」
海はもちろん、山、温泉、ローカルフードや伝統文化など、魅力がたっぷりの東京都の南国です。

「家族と自然がいっぱいの絶景を見る旅に出たいな」と思ったら、ちょいと足を伸ばして八丈島に家族旅行はいかがでしょうか?

1. 東京から船で10時間ほどの東京の島

東京から船で10時間ほどの東京の島

今回の旅は、行きは竹芝客船ターミナルから大型客船で八丈島を目指し、帰りは飛行機で羽田から帰るルートです。

東京から船で10時間ほどの東京の島

竹芝客船ターミナル乗り場からPM10:30発に乗り、翌日のAM8:50に八丈島に到着する1便しかありません
この大型客船の運行スケジュールであれば、ほとんど寝ている間に八丈島に着くことができます。

子どもにとっても寝ている時間が長いので、退屈せずにすみますね。

1-1. 子連れの方は帰りの大型客船の時間帯に注意!

八丈島から東京に帰る時の便は、AM9:40に八丈島を出発して、PM7:40に東京の竹芝客船ターミナルへ到着する1便のみです。

こちらの便は行きとは真逆で、子どもは普段起きている日中の時間帯。
10時間ほど船の中で過ごさなくてはならず、退屈してしまったり、船酔いがひどい子であれば長い時間、耐えることになります。

飛行機の場合だと、羽田まで50分程度のフライトなので、お子さんの性格や船酔いの有無などを考慮して移動手段を考えてあげられると良いですね!

2. 南国の八丈島へ!家族で見たい絶景3選

南国の八丈島へ!家族で見たい絶景3選
2-1. 底土海水浴場

大型客船の船旅を終えて降り立つと、爽やかな磯の香りが八丈島へようこそと迎えてくれるようです。

まず向かったのが、八丈島のターミナル底土港から徒歩2分ほどの距離にある「底土海水浴場」です。
船で八丈島に来た場合、この海の景色から、八丈島の冒険が始まる人も多いはずです。
10時間ほどの船移動のリフレッシュに、海岸を散歩するのもオススメです。

地元の人にも、人気な底土海水浴場は「黒い砂浜」が珍しく、海の透明度も抜群です。

底土海水浴場

岩場もあり、海の生物探しも楽しめます。 砂浜で、サンゴや貝ひろいも面白いですよ!

2-2. 八丈富士
八丈富士

伊豆諸島の中でも、「八丈富士」は最高峰の山になります。
頂上に着くと、まるで物語の光景のような緑に覆われた火口が望めます。

それは本当に登った人だけの特別な絶景です。

八丈富士

登山口から頂上までは、幼稚園年中、小学生低学年を連れて登り1時間半ほどで到着しました。大人だけなら、1時間程度で登ることができると思います。

山道は階段になっており、頂上まで1280段もあります。

子どもがくじけそうになってる時は「ここまで登れて、すごいね!」などとにかくポジティブな言葉をかけてあげると良いですね!

家族で八丈富士を登って、心に山の素晴らしい景色とともに思い出を残してくださいね!

2-3. ふれあい牧場
ふれあい牧場

八丈富士の6~7合目に位置する、「ふれあい牧場」は、一面に広がる緑の草原に、青い空と海も堪能できる場所です。 

広大な土地で気ままに牧草を食べる牛たちを見ていると、普段の忙しさを忘れ、時の流れがゆったりとすぎていくような感覚になります。
海も山も空も大地も、丸ごと楽しめる景色に大満足できるはずですよ。

さらに、このふれあい牧場では、GWと夏休みにはアイスクリームの販売が行われています。
八丈富士を登ったご褒美に、甘いアイスクリームで一息つくのも良いですよね。

3. 絶景だけじゃない!文化体験も出来る八丈島

絶景だけじゃない!文化体験も出来る八丈島

八丈島の伝統工芸品の「黄八丈」を、みなさんは知っていますか?

黄八丈(きはちじょう)とは、八丈島に自生する植物で染め上げた糸で織り上げる絹織物のことを言います。
黄八丈で印象的な黄色は、他にはない自然の温かみを持った色なのです。

黄八丈手織り体験は、12cm×12cmほどの敷物を織り、体験料は3,000円(税別)程です。
体験した織物は、お店の方が下処理をしてくださるので後日の発送となります。

小学生低学年の年齢でも、お店の方の指示を聞いて1人で体験できます。幼稚園年中の年齢では、作業が細かいのでサポートが必要でした。

黄八丈手織り体験

後日送られてきた黄八丈は、思った以上の可愛さでした。
旅のお土産が日常に溶け込み、ふとした瞬間に八丈島を思い出すという嬉しさを味わえますよ!

※黄八丈手織り体験の詳細はこちらからご確認ください。

八丈民芸やました倉の坂本店 山下織物工場
−−−−−−−−−−
住所:〒100-1511 東京都八丈島八丈町三根1029-7
ご予約:(04996)2-3476
web:http://www.ki8jo.com/hachiminhp_011.htm
−−−−−−−−−−

4. 再訪したくなる八丈島の不思議な魅力

再訪したくなる八丈島の不思議な魅力

八丈島の景色は、心をスーーっと自然に溶け込ませてくれる不思議な力があります。

風や海や鳥たちの声も後押しして、帰る頃には「八丈島に絶対もう一度来たい!」と思うほど大満足な観光地です。

ぜひご家族で五感を満たす自然たっぷりの八丈島へ旅にでかけてくださいね!

  • 自然・散策
  • ビーチ
  • 登山
  • 体験
  • クルージング・船旅

MOMIのその他のコラム

もっと見る

ライター紹介

ライター:MOMI

MOMI女性 | 30代

旦那はお留守番で、生後6ヶ月の息子とタイへバックパッカー2人旅など
まわりはびっくりするような旅行もしばしば。
旅行には「体験」を重視しています♡

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 東京竹芝から船で10時間!八丈島の景色に家族で会いに行こう。
pagetop