こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

何度も行きたい石垣島!リピーターのライターがおすすめ!絶景・感動スポットと、楽しみ方、行きつけの沖縄料理店

何度も行きたい石垣島!リピーターのライターがおすすめ!絶景・感動スポットと、楽しみ方、行きつけの沖縄料理店
【沖縄県 石垣島】

沖縄の離島の中で抜群の人気を誇る「石垣島」
美しい海に、美味しい沖縄料理、沖縄本島にはない「ざわわ」な時の流れがそこにはありますよね。私もその魅力にハマった一人です。

毎年2回は沖縄へ旅行し、石垣島へは10回以上旅行している私が、石垣島の新しい楽しみ方と、おすすめのスポットについてご紹介いたします!!

1.「石垣島」の魅力

シーサー

「石垣島」は語りつくせない魅力満載の島です。ここではあえて、リピーターの私が何度目でも感動する絶景スポットと、行きつけの沖縄料理店についてご紹介させて頂きます!

また、前提として、この記事では石垣島に限定してご紹介させて頂きます。

八重山諸島に所属する石垣島からはさらに離島(竹富島・小浜島・西表島・黒島・鳩間島・波照間島・与那国島)へのアクセスが可能で、こちらもオリジナリティのある最高に魅力的な島々ばかりです。

これらの島々に対してはまた別の記事でご紹介させていただきます。ぜひ合わせてご覧いただければ幸いです。

1-1.何度訪れても感動の絶景!定番「川平湾」
川平湾

石垣島の代名詞といっても過言ではない「川平湾」。何度訪れてもその絶景に息を飲みます。
世界有数の透明度を誇り、白い砂浜から広がるコバルトブルーやエメラルドグリーンの波のグラデーションに心も体も癒されます。

川平湾

展望台からの景色を拝めたら、絶対に砂浜に降りることをおすすめします。

川平湾の中でもおすすめスポットは、展望台から階段をおりて砂浜に降り、そのまま砂浜に沿って左!(方角でいえば北北東)
約5分ほど歩けば、東シナ海川平湾内が見渡せる場所に到着しますよ。
ここからの海の色が一番きれいでした。ぼーっと、寝っ転がったり、座って海をみたり、フォトジェニックな写真をとったり・・・。

更に追及するなら、午前中~正午すぎ、太陽が最も光を照らしてくれる時間帯は、透明度が増し、静かに波打つ水面がキラキラと光って、私の一番すきな時間帯です。

1-2.何度訪れても感動の絶景!穴場「屋良部岳」
屋良部岳

ガイドブックにもほとんど載っていないのではないでしょうか・・・私が行った時はナビも反応しないほどの穴場でした。「屋良部岳(やらぶだけ)」という場所。

ここは、狭くて険しい登山道を進むので、滑ったり転んでも大丈夫な格好とスニーカーで行ってくださいね。電気もないので、午前中から夕方までに登って降りてきましょう。

行き方は、屋良部岳をナビで登録し、ぐねぐね山道をひたすら進みます。
入口の目印は、木に書かれた矢印!見落とさないでくださいね。

屋良部岳

駐車場もないので路肩にお邪魔しましょう。ここから約15分ほど、道なき急斜面を木をつかみながら登ればダイナミックな石垣島の景色が広がります!

とってもおすすめですが、かなり注意が必要なので、気を付けて探検されてくださいね。

1-3.こんな楽しみ方も「星空ツアー」
星空
※画像はイメージです。

石垣島は別名「スターアイランド」と呼ばれていることはご存知ですか?
日本全国の数々の星空スポットに出かけましたが、ここの星が一番綺麗に見えるように思います。 星空ツアーはいろんなツアー内容があるので、ぜひご自身のお好みのものに申し込んでくださいね。

ちなみに私は海辺に寝っ転がって、波の音を聞きながら満天の星を眺めるツアーに申し込みました!
南の島の風、波の音に癒されながら、無限に広がる星を眺める贅沢な時間を堪能できましたよ!

2.行きつけの店!旅行のたびに必ず訪れる沖縄料理店

沖縄料理
※画像はイメージです。

石垣島はお食事も美味しいんです。私の行きつけの一部を居酒屋、沖縄そば、カフェ、それぞれご紹介いたします。

2-1.居酒屋編:船蔵の里(ふなくらのさと)
船蔵の里(ふなくらのさと)

石垣島の古民家で、石垣島らしいお料理をいただける沖縄料理店「船蔵の里」
船蔵の「里」というだけあって、約3,000坪ほどの広大な敷地に大小さまざまな古民家があります。タイミングが合えば、三線と沖縄民謡を演奏してくれるので、全身で石垣島を堪能することができますよ。
市街地から少し離れていますが、味よし、雰囲気よし、コスパよし、の沖縄料理店です。

2-2.沖縄そば:知花食堂(ちばなしょくどう)
知花食堂(ちばなしょくどう)

石垣島にも多数の沖縄そばの有名店がありますが、私の一押しは「知花食堂」
おすすめする理由は、お出汁がおいしいこと、平麺であること、そして何よりとっても具だくさんであること!三枚肉、厚焼き玉子、キャベツ、かまぼこ、ねぎ、しょうががのっています。
石垣島の北側にあるので、川平湾などの観光とセットで訪れてはいかがでしょうか。
営業時間・定休日が変更になることがあるので、事前に電話で開いているか確認してから行きましょう。

2-3.カフェ:光楽園(ひかりらくえん)
光楽園(ひかりらくえん)

カラフルでおしゃれ、かわいいドリンクが飲めるのが「光楽園」です。
自家栽培のグァバをメインに、島のトロピカルフルーツを使用した、カラフルなスムージーやフレッシュジュース、シャーベット、フラッペなど、選ぶのに困る程の数があります。
見た目がかわいく、暑い石垣島で頂く冷たいドリンクにテンションが上がります。
テイクアウトするもよし、テラス席があるのでゆったり景色をみながら味わうもよし。おすすめです。

3.何度も訪れたい石垣島

石垣島

石垣島の魅力はこれだけではありません。あくまで一部をご紹介しただけなので、あなたのお気に入りスポットをたくさん見つけてくださいね。
また、前述したとおり、石垣島からはさらに八重山諸島へのアクセスが可能。どの島も虜になってしまう島ばかりです。これらについては別記事でご紹介いたします。合わせて参考にしていただければ幸いです。

  • グルメ
  • 自然・散策

kushioのその他のコラム

kushio

ライター:kushio

小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ絶景、美味しい料理、おだやかな空間に癒される島

小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ...

  • グルメ
  • 自然・散策
  • リゾート
  • ビーチ

絶景の連続!誰もが虜になるハテルマブルーの透き通る海

絶景の連続!誰もが虜になるハテルマブルーの透き...

  • 観光名所・史跡
  • 自然・散策
  • リゾート
  • ビーチ

8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの巡り方は?

8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの...

  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡
  • 世界遺産

もっと見る

ライター紹介

ライター:kushio

kushio女性 | 20代

アラサー女性です。旅行好きで旅行会社に就職。在職中は日本、世界の各地へ訪れ、現在も「鳥肌」を求めて、旅行を繰り返しています。旅行はインスタ映えよりも五感で感じる派。

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 何度も行きたい石垣島!リピーターのライターがおすすめ!絶景・感動スポットと、楽しみ方、行きつけの沖縄料理店
pagetop