こだわり旅の達人が集う口コミ、ブログサイト「ツアーマスター」

ログインしてください

コラム

小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ絶景、美味しい料理、おだやかな空間に癒される島

小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ絶景、美味しい料理、おだやかな空間に癒される島
【沖縄 小浜島】

石垣島から高速船で約30分ほどで行ける「小浜島」
八重山諸島の離島はオリジナリティある島ばかりですが、中でも小浜島の特徴は、島中にサトウキビ畑が広がり、まさに「ざわわ」なゆったり島時間が味わえることでしょう。この贅沢な時の流れは小浜島ならでは。
綺麗な海を眺めながら、サトウキビ畑が風に揺られる音に癒される旅ができますよ。

1. 「小浜島」の島時間を満喫

小浜島の基本情報を簡単にご紹介します!
島の人口は約700人程度で、面積は7.84km2、周囲は16.57kmの大きさです。
小浜島へのアクセスは、石垣島から高速船で約30分で行くことが可能。
石垣島・小浜島間の定期観光船は1日10便以上運航しているので、石垣島を拠点にして日帰り観光もよし、小浜島に泊まってゆったりするもよし、お好きな滞在方法が選べます。

1-1. 島内の移動手段
島内の移動手段

小浜島の移動手段は、レンタサイクル・レンタバイク・レンタカー・観光バスがあります。(路線バスやタクシーはなし)
島時間を全身で感じたい派の私は、1回目はレンタサイクル、2回目はレンタバイクを利用しました。ともにホテルや港付近のレンタル屋さんで当日予約で借りることができました。アップダウンが多い島で、意外と1周するのに時間がかかります。

・体力に自信がある、時間にゆとりがある方→レンタサイクル(電動アシスト付もありました)
・夏の暑い日手軽に1周したい方、日帰りの方→レンタバイク

をおすすめします。

小浜島のざわわな時の流れに包まれて、信号のない道を、風を感じながらツーリング。贅沢なひとときになりますよ。

1-2. 絶景スポット:シュガーロード
絶景スポット:シュガーロード

終わりが見えないほど、ずーーっと長くのびる1本道「シュガーロード」
草原を突き抜けるようにこの坂道をくだるのは、すごく爽快。風の音やサトウキビ畑の葉がこすれる音、ヤギが泣く声がたまに聞こえて、「小浜島最高!」と思う場所でした。

ちなみに、写真は海側から撮影しているので、逆側からみれば、まるで海につづく道のように見えますよ。高く茂るサトウキビのざわわを聞きたい場合は、夏から秋のシーズンがおすすめです。

1-3. 絶景スポット:海人公園
絶景スポット:海人公園

小浜島の南西端側に位置する「海人公園」も外せないスポット。
大きなマンタの形をした展望台をめざして南西へ進みましょう。リゾートホテルやシュガーロードがある東側よりも、更に人通りが少なくなります。
そんな中、美しい青のグラデーションを魅せる穏やかな海に包まれれば、時間が流れていないように感じます。
海を見守る大きなマンタと一緒に、海を見つめるのもとっても素敵な時間となりますよ。

1-4. アクティビティ
アクティビティ

のんびりだけじゃ物足りない!という方はアクティビティに申込むのもおすすめ!
シュノーケルやダイビング、幻の島ツアー、SUP(スタンドアップパドルボート)、ヨガ、カヌー&カヤック・・・etc。
沖縄本島にはない透き通る海を全身で感じましょう!
申込みは、ホテルやツアー会社など複数種類があるので、お好きなものを事前に予約しておくことをおすすめしますよ。

2. 沖縄料理店

小浜島のお料理店は、ホテル以外のお店は10件ほどしかありません。ホテルでBBQやディナーを楽しんだり、外に出て島の味を堪能するのもおすすめ。
ここでは、私が地元の方に教えてもらった場所をご紹介します。島の雰囲気が味わえて、満足のお店ばかりでした。

2-1. 居酒屋編:島料理 結
居酒屋編:島料理 結
※画像はイメージです。

沖縄料理が堪能できる「結」。テーブル席と、掘りごたつ席の合計20席ほどのアットホームなお店です。
沖縄そばやチャンプルー、もずくや島野菜天ぷら、海ぶどう、ラフテーなど、沖縄料理の定番はほとんど網羅されていました。
お酒を飲む方にも安心で、ディナータイムはホテルからの送迎に対応してくれていましたよ。ただ、ご夫婦だけでお料理~サービス、送迎まですべてやりくりされているので、混雑時はお食事の提供がのんびりする感じです。
お酒を飲みながらゆったり小浜島の夜を楽しみたい方におすすめです。

2-2. 沖縄そば:海人食堂 くばざきの港家~(はまや~)
沖縄そば:海人食堂 くばざきの港家~(はまや~)

「くばざきの港家~」は、先ほどご紹介した「海人公園」のすぐ近くにあります。
海を見ながら、食べる沖縄そばは格別の味。ズズっとお出汁とそばを食べた後の冷たいさんぴん茶が体に染みました。
個人的には、右側にあるじゅーしーの味が今まで食べた中で1、2を争うほどの美味しさでした!(じゅーしーは沖縄風炊き込みご飯的なもの)
地元の方ばかりでほとんど満席状態なのが、美味しさを物語っていました。

3. 次の沖縄旅行には小浜島へ行こう!

次の沖縄旅行には小浜島へ行こう!

小浜島の魅力はまだまだあります!続きは現地を訪れて、あなた自身で感じてくださいね。
離島好きの私としては、宿泊をして小浜島を満喫することをおすすめしますが、日帰りでも十分堪能することができます。
次の沖縄旅行の際には、小浜島を行先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。
ざわわでゆったりとした島時間が、あなたを包んでくれますよ。

  • グルメ
  • 自然・散策
  • リゾート
  • ビーチ

kushioのその他のコラム

kushio

ライター:kushio

絶景の連続!誰もが虜になるハテルマブルーの透き通る海

絶景の連続!誰もが虜になるハテルマブルーの透き...

  • 観光名所・史跡
  • 自然・散策
  • リゾート
  • ビーチ

8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの巡り方は?

8つの世界遺産がある古都・奈良を紹介!おすすめの...

  • 神社仏閣
  • 観光名所・史跡
  • 世界遺産

もっと見る

ライター紹介

ライター:kushio

kushio女性 | 20代

アラサー女性です。旅行好きで旅行会社に就職。在職中は日本、世界の各地へ訪れ、現在も「鳥肌」を求めて、旅行を繰り返しています。旅行はインスタ映えよりも五感で感じる派。

ライター:島津

島津男性 | 30代

最近、カメラを購入し、撮影をはじめました。
休みの日は、子どもたちと一緒に近くの公園や喫茶店、イベントに参加。撮影の腕を磨く日々です。
コーヒーが好きな30代男性。京都在住。

ライター:つな芳

つな芳女性 | 20代

アニメの聖地巡礼が大好きな20代女子。国内海外問わず一人でどこでも行きます!「この場所にこんな魅力が!?」と、新たな発見に繋がるような記事をお届けします。

ライター:なかお

なかお男性 | 10代

父親の旅好きが遺伝し、生まれた時から旅が好きで、最近は日帰り旅行にはまる。記事を通して「旅」の楽しさを伝え、多くの方に最初の一歩を踏み出してほしいと考えている。

もっと見る

  • ホーム
  • コラム
  • 小浜島で感じる、ざわわで贅沢な島時間。息をのむ絶景、美味しい料理、おだやかな空間に癒される島
pagetop